齋藤飛鳥は読書家だった!!彼女おすすめの本の作品のまとめを紹介!!

国民的人気アイドルグループ『乃木坂46』でメンバーとして活躍されている齋藤飛鳥さん!!そんな齋藤飛鳥さんが読書家であることはファンの間では有名な話ですよね!!そこで今回は齋藤飛鳥さんのおすすめする本の作品にスポットを当ててまとめで紹介していきたいと思います!!

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

齋藤飛鳥の胸のサイズは何カップ?写真集などの姿から迫ります!!

乃木坂46の読書家・齋藤飛鳥のおすすめ本のまとめを紹介!!

国民的人気アイドルグループ『乃木坂46』の一期生であり、現在も活躍している齋藤飛鳥さん!!アイドルだけでなく、モデルや女優などの幅広いジャンルで活躍している齋藤飛鳥さんが読書家であることはファンの間でも広く知られていますよね!!

そこで今回はそんな齋藤飛鳥さんの読まれている本の中でおすすすめしていた本のまとめにスポットを当てて、本の詳細やあらすじ等を交えつついくつかに分けて紹介していこうと思います!!紹介の前に、まずは齋藤飛鳥さんのプロフィールをのぞいてみましょう!!!

齋藤飛鳥のドラムの腕前がスゴイ!?実力はプロ級という噂は本当らしい!

愛読書のおすすめは!?齋藤飛鳥のプロフィール!!

名前:齋藤飛鳥 生年月日:1998年8月10日(19歳)最終学歴:高校卒業(通信制)※学校名不明 出身地:東京都 身長:158cm 血液型:O型 職業:アイドル・モデル・女優 事務所:乃木坂46合同会社 です!!

乃木坂46齋藤飛鳥の真似したくなるメイク方法は!愛用コスメは何!?

読書家・齋藤飛鳥のおすすめ本のまとめ:乱反射

まず齋藤飛鳥のおすすめの本で一つ目に紹介するのは、齋藤飛鳥さんが大好きな小説家・貫井徳郎さんの2009年2月20日に発売された推理小説『乱反射』です!!この作品は「週刊朝日」にて2007年8月17号から2008年10月3日まで連載されました!!

小説家・貫井徳郎さんはこの作品で「第63回日本推理作家協会賞 長編及び短編部門受賞作品」を受賞し、「第141回直木三十五賞」の候補作としても有名な作品なのです!!そして『乱反射』は、2018年の秋頃にテレビドラマ化も決定しているそうですよ!!

齋藤飛鳥のおすすめ本:乱反射のあらすじは?

『乱反射』は物語がマイナス44章から始まり、事故発生の経緯が描かれ、発生を改めて第一章から続いていきますが「日本推理作家協会賞」ではこの点が『既に知っている事柄の答え合わせをさせられている感覚が凄い』という評価もあったようです。

強風で街路樹が倒れ、端を歩いていた女性が押していたベビーカーに直撃。止まらない血に動転する母親を様々な不幸が襲います。患者のたらい回し・軽い風邪程度で夜間救急を利用する若者たち・ある病気により街路樹の診断を怠ってしまった業者。少しずつモラルのない身勝手な行動が不幸の原因を作っていった・・・。続きは小説を見てみましょう!

読書家・齋藤飛鳥のおすすめ本のまとめ:微笑む人

次に齋藤飛鳥のおすすめの本で二つ目に紹介するのは、再び齋藤飛鳥さんが大好きな小説家・貫井徳郎さんの2012年8月18日に発売されたミステリー小説『微笑む人』です!!この作品は貫井徳郎さん曰く『僕のミステリーの最高到達点です。』と話している程の傑作なのだそうです!!

齋藤飛鳥のおすすめ本:微笑む人のあらすじは?

『微笑む人』は、エリート銀行員の仁藤俊実が、意外な理由で妻子を殺害し逮捕・拘留された「安治川事件」から、犯人であった仁藤俊実が世界を騒がせワイドショーでも連日報道されました。そしてこの事件に興味を持った小説家の主人公は、ノンフィクションとしてまとめるべく関係者の取材を始めます!!

周辺の関係者は一様に『仁藤はいい人。』と語りますが、一方で冷酷な一面があった。さらに仁藤俊実の元同僚、大学の同級生らが不審な死を遂げていることが判明した!!果たして、仁藤俊実は本当に殺人をしているのか。そしてその理由とは!?読者を待つのは予想しえない戦慄のラストになっていたのです!!続きは小説を読んでみましょう!!

読書家・齋藤飛鳥のおすすめ本のまとめ:崩れる...

次に齋藤飛鳥のおすすめの本で三つ目に紹介するのは、再び齋藤飛鳥さんが大好きな小説家・貫井徳郎さんの2011年3月25日に発売されたミステリー短編集『崩れる 結婚にまつわる八つの風景』です!!

この小説は「家庭内殺人」「ストーカー」「怪しい隣人」・・・家が崩れ、家庭が崩れ、町が壊れ、次は。。。怯える・憑かれる・追われる・壊れる・誘われる・腐れる・見られる。結婚の「幸福の方程式」を突き崩す8つの事件を描いているようです。

齋藤飛鳥のおすすめ本:崩れる...のあらすじは?

『崩れる 結婚にまつわる八つの風景』は、「こんな生活、もう我慢できない・・・。」自墜落な夫と息子に翻弄される主婦の救いようのない日々。昔、捨てた女が新婚家庭にかけてきた電話。突然高校時代かの友人から招待された披露宴。

公園デビューした若い母を苦しめる得体のしれない知人。マンションの隣室から漂う腐臭・・・。平凡な日常にひそむ狂気と恐怖を描き出す八編。平凡で幸せな結婚や家庭に退屈しているあなたへ贈る傑作短編集となっています!!是非とも一度手に取ってみては!?

読書家・齋藤飛鳥のおすすめ本のまとめ:オーデュボンの祈り

次に齋藤飛鳥のおすすめの本で四つ目に紹介するのは、2000年12月に発売された小説家・伊坂幸太郎さんによる推理小説『オーデュボンの祈り』です!!この作品は小説家・伊坂幸太郎さんのデビュー作であり、同年の「第5回新潮ミステリー倶楽部賞」を受賞しました!!

この小説は仙台との関りが深く、話の中にこまめに登場する「支倉常長」などの仙台近辺を利用した語り口は小説家・伊坂幸太郎さんの後の作品にも受け継がれています!!さらに2004年にはラジオドラマ化、2009年には漫画化、そして2011年には舞台化された作品でもあるのです!!

齋藤飛鳥のおすすめ本:オーデュボンの祈りのあらすじは?

『オーデュボンの祈り』は、主人公・伊藤のコンビニ強盗から物語が始まります。伊藤は気付くと、見知らぬ島に辿り着いていました。その島は荻島といって、江戸時代以来外界から鎖国をしているという島でした。

島には「嘘しか言わない漫画」や、「島の法律として殺人を許された男」「未来の見える人語を操る案山子」などがいました。しかし、伊藤がきた翌日に「案山子」はバラバラにされ、頭を持ち去られて死んでいました。「案山子」の死と言い伝えの真相を追う伊藤の数日間を描いたストーリーになっています!!

読書家・齋藤飛鳥のおすすめ本のまとめ:砂の女

次に齋藤飛鳥のおすすめの本で五つ目に紹介するのは、1962年6月8日に発売された小説家・安倍公房さんによる書下ろし長編小説です!!『砂の女』は小説家・安倍公房さんの代表作品で、近代日本文学を代表する傑作のひとつとみなされています!!

さらにそれだけではなく、『砂の女』は海外でもとても評価が高い作品なのです!!この作品は「第14回読売文学賞」を受賞し、1964年には小説家・安倍公房さん自身の脚本により映画化されました!!そして、1968年1月18日にはフランスで1967年度「最優秀外国文学賞」を受賞した作品なのです!!

齋藤飛鳥のおすすめ本:砂の女のあらすじは?

『砂の女』は、海辺の砂丘に昆虫採集にやってきた男が、女が一人で住む砂穴の家に閉じ込められて様々な手段で脱出を試みる物語です!!不思議な状況設定を実写的に表現しながら、砂の世界からの逃亡と失敗を繰り返してきた男がやがて砂の生活に順応。

脱出の機会が訪れても逃げない姿に、市民社会の日常性やそこに存在する人間の生命力の本質と真相が象徴的に描いだされているストーリーとなっています!!とてもおすすめの作品になっていますので、是非とも一度読まれてみていかがでしょうか?以上が齋藤飛鳥さんがおすすめする本のまとめでした!!

最後に

最後までご覧頂きありがとうございました!!いかがだったでしょうか?楽しく読まれて頂けたでしょうか!?あくまでも全てが真実ではなく、噂もありますので全てが事実ではりません!その辺りはご了承ください!!

齋藤飛鳥さんのおすすめ本のまとめについて、新しい情報が入りましたら是非ともまた記事を追加していこうと思います!!またその時は読まれていただければ幸いです!!本当に最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!