プロ野球の木村拓也はくも膜下出血で死去?広島・巨人で活躍!嫁や子供の現在!

「くも膜下出血」で37歳という若さにもかかわらず亡くなっった野球選手の木村拓也さん。SMAPの木村拓哉さんと同じ名前で知られ、巨人のコーチでしたが、練習中に亡くなったといいます。死因となった病気について、妻や子供は今どうしているのを調べてみました。

巨人木村拓也 突然の死去!倒れる瞬間が野球中継されて騒然!

元プロ野球選手で巨人のコーチだった。木村拓也さんが、2010年4月3日のマツダスタジアムの広島戦での事前練習中に倒れ、意識不明の重体になったことに、当時野球ファンに大きな衝撃を与えました。ちょうど地上波中継を控えていたため、倒れた瞬間の映像もお茶の間に流れていて、動揺が広まりました。

木村拓也さんは、倒れた後広島市内の広島大学病院に緊急搬送され、「くも膜下出血」と診断され入院をしましたが、残念ながらそのまま亡くなってしまいました。木村拓也さんは、当時37歳。あまりにも若い死にファンだけでなく誰もが悲しんだといいます。

木村拓也 プロフィール、プロ野球選手時代は?所属チームは?

  • 生年月日:1972年4月15日
  • 没年月日:2010年4月7日(満37歳)
  • 出身:宮崎県
  • 身長:173cm
  • ポジション:内野手、外野手、捕手
  • 所属歴:日本ハムファイターズ (1991 – 1994)~広島東洋カープ (1995 – 2006)~読売ジャイアンツ (2006 – 2009)
  • 初出場:1992年9月29日
  • 最終出場:2009年10月12日

木村拓也さんと言えば広島カープに11年間在籍していたため、この当時の印象が残っている人が多いのではないでしょうか?ユーティリティープレイヤーとして様々なポジションで活躍をしましたが、高校時代は強肩捕手として名前を知られていました。

プロ野球選手としては日本ハムがスタートでしたが、当時はドラフト外で開幕時登録からも漏れ、捕手としては出場機会に恵まれることがなかったそうです。そのため強肩と俊足を活かし外野手へと転向をしました。

木村拓也 万能型の野球選手としての活躍!

木村拓也さんは、アテネオリンピックの日本代表が功績として話題です。プロ野球チーム間の取り決めで代表は各チームから2名までとされ、ベンチ入りできる選手にも少なかったことから、内野手・外野手・捕手と多くのポジションをプレーできる木村拓也さんは大変重宝されました。結果、同大会での銅メダル獲得の立役者となったとされています。

木村拓也 プロ野球現役引退から巨人コーチへ転身

木村拓也さんは、不振のため2009年には巨人で現役を引退しました。その後はコーチとして巨人に残留し、第2の野球人生をスタートさせていました。裏方を支えてきた実績もあり、コーチとしてさらに野球界での活躍が高く期待されている矢先に病気に襲われることになったのです。

木村拓也 くも膜下出血の前兆?前日からの頭痛?

くも膜下出血により、突然の悲劇に襲われた巨人の木村拓也コーチですが、病気の前兆などはなかったのでしょうか?関係者によると「前日から頭痛がひどく、2時間ぐらいしか眠れなかった」とコメントがあり、どうやら前兆があったようです。

さらに、発症の少し前から自宅でも、「疲れた」「しんどい」「最近体重が落ちた」などの発言があったと、妻の由美子さんがコメントをしています。コーチとして、期待をかけられる中で、かなりのストレスや疲労があったのではないかと言われており、これが病気の原因ではないかと言われています。

星野源さんが闘病していた!?病気の原因は脳梗塞?くも膜下出血?

木村拓也 襲われた病気「くも膜下出血」とは?

木村拓也コーチを襲った「くも膜下出血」は頻繁にニュースなどでもその危険性が取り上げられていますが、どんな病気なのでしょうか?くも膜とは脳を覆っている3層の膜のうちの一つです。その内側の血管に脳動脈瘤という膨らみができてしまい、それが突然破裂することで起きることがほとんどです。

年間の発症頻度は、年間で14,000人が発症するとも言われ、50代~60代に多い病気ですが、木村拓也さんのように30代・40代の働き盛り男性にも十分に発症する可能性がある病気と言われています。発症した場合の死亡率は3分の1とも言われている、命に関わる重大な病気です。

木村拓也 くも膜下出血の原因は?野球も一因?

木村拓也さんを襲ったくも膜下出血は誰にでも起こりうる病気とされていますが、原因として考えられているのが、喫煙と高血圧です。高血圧でないからといっても発症する方もいるようですが、血圧が高い場合の死亡リスクは3倍になるとも言われています。

また、木村拓也さんの場合は、コーチになってから野球関係者や他のコーチ達と一緒にお酒を飲む機会も多くなったらしく、医師からは飲酒による発症リスクも指摘されています。このような木村拓也さんの生活環境が知らず知らずのうちにくも膜下出血という爆弾を抱えることになったのではないでしょうか。

木村拓也 知名度の高い理由は?野球だけでない?

木村拓也選手はスーパーサブの印象が強く、スーパースターとされる選手のような目立った活躍はありませんでした。しかし、SMAPの木村拓哉さんと漢字は異なるものの同姓同名であることから、野球に詳しい人以外にも名前が知られていいて、よくメディアに取り上げられていいました。ニックネームも「キムタク」だったそうです。

木村拓哉と中居正広の仲は??独立した新しい地図を応援?2人に動きが?!

木村拓也 多くのチームメイトから愛された野球選手!

木村拓也選手の死去当日の試合では、選手全員で黙祷が捧げられました。それだけ、多くの選手・不ファンから愛されていたということでしょう。2010年4月24日には木村拓也選手の追悼試合が行われました。木村拓也さんの親友の谷佳知選手が逆転満塁本塁打で試合を決め、その劇的な勝利が感動を呼びました。

木村拓也 家族は今どうしてる?妻・子供は?

木村拓也さんの妻の由美子さんは、まだ38歳。木村拓也選手を亡くし現在はシングルマザーとして子供たちを育てています。2016年にその後の生活を追った番組にて、子育てのため仕事はしておらず、夫である木村拓也さんの遺産とコーチを努めた巨人からの支援や遺族年金などで生活をしていることが明かされました。

妻の由美子さんは、2010年に『一生懸命 木村拓也 決してあなたを忘れない』という本を出版しました。一部では子供を育てるためのお金のための出版ではないかとバッシングを受けたそうですが、その内容は大変感動的なものであり多くの人たちから称賛を受けました。

木村拓也 子供は今どうしている?野球選手?

野球選手の木村拓也さんが、突然この世を去った際、長男の恒希さんは当時10歳でした。現在は18歳になり、広島工業大学に進学しているそうです。現在もプロ野球への夢を追い続けている一方、建築関係への就職を考え建築士の資格取得を目標に勉強にも邁進しているそうです。

長男の恒希さんは、一時期ケガなどに悩まされていたようですが、現在も野球を続けていて、父親の木村拓也さんのように捕手から野手までこなす万能タイプの選手のようです。もしかすると近い将来プロとして活躍が見られるかもしれません。

木村拓也さんには、3人の子供がいます。長女は当時8歳だったため現在は16歳でおそらく高校生でしょう。次男は当時3歳だったそうなので、現在は12歳まだ小学生か中学生ではないでしょうか。

巨人コーチ木村拓也 くも膜下出血での死亡、家族の今のまとめ

突然の不幸に襲われ亡くなった元野球選手の木村拓也さんですが、早いもので亡くなってから8年の年月が経ちました。発症前にはいくつかの前兆が見られていたようで、「早期治療ができていたら」と考えてしまいます。

木村拓也さんが発症した「くも膜下出血」は死亡リスクが非常に高く、命をとりとめた場合も言語障害など後遺症が残ることが多い病気です。現在では「脳ドック」も発達し、MRIなどで早期発見もできるようなので、私たちも家族のために健康には気をつけなければなりませんね。