紅白で三浦大知が踊った無音ダンスがすごい!和製マイケルジャクソンの真骨頂!

幼い頃から美声と持ち前のリズム感の良さからダンスの才能を発揮し、和製マイケル・ジャクソンと呼ばれた三浦大知さんが今年、紅白歌合戦に出場しました。そこで見せた、無音ダンスがすごいと話題になっています。そんな無音ダンスとはどんなダンスのことでしょうか。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

人気歌手・三浦大知を支えるバックダンサー達は一体誰!?詳細を紹介!!

三浦大知の知名度上昇?!紅白での無音ダンスがすごいと話題に!

紅白歌合戦で三浦大知さんのダンスが話題になりました。そのダンスこそ「無音ダンス」と言い、三浦大知さんと8人のダンサーの計9名が一切音のないステージで華麗で迫力のあるダンスを息ぴったりで踊るなんとも神秘的なものです。

その無音ダンスを紅白歌合戦で披露した後、無音ダンスがすごいと話題になりました。歌もダンスも世界的なレベルの三浦大知さんの無音ダンスに世間は驚かされたとともに、一気に三浦大知さんと無音ダンスの知名度が急上昇しました。

和製マイケル・ジャクソンの三浦大知とはどんな人?

今、話題急上昇中の三浦大知さんは、世界的に有名なパフォーマーです。今回の無音ダンスでもより一層有名に拍車をかけたでしょう。そんな三浦大知さんを知らない人のために、三浦大知さんのプロフィールを調べてみました。

三浦 大知(みうら だいち、1987年8月24日 – )は、日本のダンサー、歌手、エンターテイナー。作詞、作曲、自身の楽曲、ライブなどを振付、演出する。沖縄県出身で、身長175cm、血液型はAB型、公式ファンクラブは「大知識」である。

(引用:Wikipedia)

 

テレビ番組の主題歌や動きに合わせて踊っている様子を見た母が、6歳頃からダンススクールへ連れて行き、同時に歌の練習も始めたそうです。1997年に「Folder」の一員として芸能活動を開始しました。

また、9歳でメインボーカル「DAICHI」としてシングル「パラシューター」を発売し「ポンキッキーズ」にレギュラー出演しました。しかし、12歳頃に変声期を理由にFolderの活動を1年間休業し、休業中はボイストレーニングを抑えてダンスを中心に練習していたそうです。

2005年3月に三浦大知として再デビューし、ソロシングル「Keep It Goin’ On」を発売し、そこからシングルを出す度に、CMや番組のオープニング・エンディングにも採用されたりと、三浦大知さんの知名度はますます上がって行きました。

三浦大知さんってどんな人?顔はブサイクなのか?原因は病気なのか?

三浦大知の知名度急上昇したのは紅白からではない!

紅白で初めて、三浦大知さんの無音ダンスをみて感銘を受けた人は多いのではないでしょうか。そんな三浦大知さんの知名度が急上昇したのは紅白の時だけではありません。それでは三浦大知さんの知名度が急上昇するきっかけは何だったのでしょうか?

これまでも、多くのシングルを発売して知名度を上げていた三浦大知さんですが、一気に彼の名前を知られることになったのは2017年1月に発売したシングル「EXCITE」が「仮面ライダーエグゼイド」に採用された事がきっかけでした。

仮面ライダーシリーズは子供から大人まで見ている番組なので、そこで一気に三浦大知さんの名前が知れ渡ることになりました。シングル「EXCITE」はオリコンデイリーチャートと週間チャートで1位となり爆発的な人気を集めました。

三浦大知はダンスだけではなく歌声もすごい!

三浦大知さんは、ダンスだけではなく、歌声もいいと評判です。幼い頃に「Folder」で活躍していた時から、歌もダンスもすごいと言われていました。今では、和製マイケル・ジャクソンと言われるほど歌もダンスもピカイチなパフォーマーです。

三浦大知とダンサーのシンクロがすごいと絶賛の嵐!

紅白でも話題になった無音ダンスが凄すぎるとSNSでも話題になりました。流石、三浦大知。見る人を惹きつける力があるなどと絶賛の嵐でした。また、紅白の総司会であった内村光良さんと、白組司会の二宮和也さんも「かっこよかった」と絶賛していました。

三浦大知と紅白で踊ったShingo Okamotoとは?

三浦大知さんと紅白で無音ダンスを踊ったダンサーの1人Shingo Okamotoさんは、広島にやたらうまいダンサーがいると聞きつけた三浦大知さんが、Shingo Okamotoさんを自身のライブツアーのダンサーにスカウトしたそうです。また、無音ダンスの振り付けも三浦大知さんと共に担当したとのことです。

三浦大知と紅白で踊ったSHOTAとは?

SHOTAさんは三浦大知が17歳で再ソロデビューした時からの付き合いで、10年以上ずっとやってきた間柄みたいです。そんなSHOTAさんは、AFROISMというチームに属しています。popを得意とし、V6やケツメイシなど、多くの有名なアーティストの振り付けやツアーダンサーとして活躍されています。

三浦大知と紅白で踊ったPURIとは?

PURIさんは福岡出身のダンサーで、LOCKを初めとするオールドスクールを学び、約2年のLAへのダンス留学をしています。PURIさんが三浦大知さんと一緒に踊ることになったのは、SHOTAさんがL.Aから帰国して上京したばかりのPURIさんを誘ったことから始まりました。

三浦大知と紅白で踊ったs**t kingzとは?

s**t kingzと書いてシットキングスは2007年に結成され、shojiさん、kazukiさん、NOPPOさん、oguriさんの4人組です。4人が三浦大知さんと出会ったのは、「すごいチームがいると噂を聞いて」三浦大知さん自らクラブを見に行き、そこで衝撃を受けオファーしのが始まりだそうです。マライア・キャリーのバックダンサーで出演したこともある実力派です。

三浦大知と紅白で踊ったTaabowとは?

Taabowさんは、SAGGA FLIKKAというチームに所属しており、hip-hopを得意とし、三浦大知さんの他BIGBANGや関ジャニ∞などの多くの有名アーティストのバックダンサーやV6の振り付けなどで活躍しています。

三浦大知のPVに出るダンサーもすごい!

三浦大知さんと一緒に無音ダンスを踊っているダンサーの方々も、ダンス界ではかなり名を上げ、知らない人はいないほどの実力者ばかりです。三浦大知さんは、紅白で無音ダンスを一緒に踊っているダンサー以外にも世界的に有名なダンサーと共演しています。

それが、22歳と若いながら、独自のダンススタイルで海外でも注目されている女性ダンサーのKOHARU SUGAWARAさんです。10代の頃から彼女を知り、自身の初日本武道館公演でもバックダンサーとしてオファーしており、これまでも活動を共にしています。

また、三浦大知さんのシングル「(RE)PLAY」では、TAISUKEさん、YNOTさん、GOGO BROTHERSさん、Hilty & Boschさん、GUCCHONさん、Mr.Wigglesさんなど、海外でも有名なダンサーの方々と共演しています。この「(Re)PLAY」は豪華なダンサーの方々とのダンスがかっこいいので要チェックです。

三浦大知と無音ダンスを踊ったダンサー達の知名度も上がった?!

三浦大知さんとタッグを組む前からダンス界では有名だったみなさんですが、テレビ出演や今回の紅白出演でさらに知名度が上がってきました。また、テレビ出演によって各ダンサーさんのファンも増えたに違いありません。

人気歌手・三浦大知を支えるバックダンサー達は一体誰!?詳細を紹介!!

三浦大知と無音ダンスのバックダンサーの今後に注目!

これまで、予想外なパフォーマンスで世間を騒がせてきた三浦大知さんですが、三浦大知さんと一緒に演出や振り付けを考えるバックダンサーの皆さんの活躍にも注目です。また、三浦大知さんとバックダンサーさんとで今以上に奇想天外なパフォーマンスを見せてくれると今後の活動に期待が膨らみます。