ビリギャルの出身高校が意外!?2018年現在、本人は何をしている?

ビリギャル、という言葉を1度は耳にしたことがあるのではないしょうか?本や映画で話題となり、「奇跡」とも呼ばれたさやかちゃんの努力。しかし本当に偏差値を40も上げたのか?高校について色んな噂が飛び交っているので検証してみました!

ビリギャルとは?

「ビリギャル」とは「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」の通称です。名古屋市の坪田塾塾長の坪田信貴さんがstorys.jpに投稿した実がが元となり書籍化されました。累計120万部のベストセラーとなりさらに有村架純さん主演の映画「ビリギャル」も2015年に公開され、更に注目を集めました。

ビリギャルで話題となった本人の出身高校は?

実話を元にと書いているので実際はどこの高校に通っているのかネットでは様々な噂をされています。ビリギャルの本人は愛知県名古屋市出身で本には「中学から大学までエスカレーター式であること」「お嬢様学校と呼ばれる学校に通っていた高校生」と書かれていることから、3つの高校が候補をして上がりました。

名古屋のお嬢様学校として知られる「金城学院」か「愛知淑徳学園」か「椙山女学園」のいずれかであるのではないかと憶測されています。そのなかでも一番可能性が高いのは「愛知淑徳学園」です。

ビリギャルの出身高校は愛知淑徳学園について検証!

なぜ愛知淑徳学園ではないかと言われているのか。それは本に「算数と国語の2教科受験」「Aクラス・Bクラス・Cクラスの3クラス制」の他、Story.jpで書かれていた成績表の学年人数などから考えて愛知淑徳学園ではないかと言われているのです。

ビリギャルの高校と噂の愛知淑徳学園は偏差値が高い?

愛知淑徳学園の偏差値は60を超えており、とても頭が悪いとは思えません。ちなみに2018年の愛知淑徳中学校の偏差値は69、中高一貫のためおおよそにはなりますが愛知淑徳高校の偏差値は66くらいです。

本の中には「君、一応、私立中学受験してるんだよね?」と書かれています。このことから中学受験をしていることは分かりますね。偏差値60を超える私立中学に合格するほどの学力があったということになります。すごいですね…。

ビリギャルの高校はお嬢様学校?

名門女子校御三家「SSK」と呼ばれる「愛知淑徳学園」「椙山女学園」「金城学院」いずれもお嬢様学校です。この参考の頭文字をとって「SSK」と呼ばれるそうです。さやかさんが通っていたと思われる愛知淑徳学園の評判は、「厳しい」「賢いお嬢様」というイメージを持つ人が多いようです。

高校名偏差値卒業生人数
愛知淑徳学園66280人ほど
椙山女学園56160人ほど
金城学院61350人ほど

ちなみにこちらが愛知淑徳の制服です。制服が可愛いからという理由で選ぶ人も多いようで、目立つ制服でもあることから、制服を見ただけで「淑徳に通ってるのね!」と言われることもあるんだとか。制服を着ているだけでも目立つようですね。

何故ビリギャルの出身高校は愛知淑徳学園と言われてる?

(英語の成績は)学年でも187人中13番の成績です

出典 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

こちらは本文中の描写です。この時点で全校生徒数が160人ほどの「椙山女学園」は出身校ではないと言えます。しかし他の二つの高校も卒業人数と学年順位の数が合いません。

この学年順位は模試の話かと思われますが中高一貫の高校ですと実は全員模試を受けるわけではないです。一部が受けていたとしたらもし金城学院だった場合5割ほどしか受験していないことになってしまい、偏差値61の進学校にしては低すぎるのでおそらく愛知淑徳学園ではないでしょうか!

ネットに同級生と思われる書き込み

さやかは金城出身ではありません。
もっと偏差値の高い愛知淑徳出身です。(ちなみに偏差値69)

中学の頃、目立つグループにいて髪の毛を染めたりタバコを吸ったりしていましたが、運動部活に入っていて、とても部活に真面目に取り組む頑張り屋さんでした。淑徳に入れる時点で頑張れる子である程度かしこい、さらに遊んでいても部活は真面目にやるので、もともとできる子なのです。

また、過去に公開されていたご自身のFacebookの出身校の欄に愛知淑徳学園と書かれていたそうですので愛知淑徳学園で間違いなさそうです!

ビリギャルの高校は偏差値60の進学校だった!

ビリギャル、と聞けば一般学校のビリの印象を持つ人がほとんどなのではないしょうか。愛知淑徳学園は毎年の合格実績を見ると早稲田、慶應、明治、青山、中央、名古屋大、東大と数々の名門大学へ毎年合格しており、愛知淑徳は進学校と言えます。

ビリギャルは嘘だった?

学年ビリは、ビリはビリでも一般学校のビリではなく、進学校のビリ…これでは思っていた印象と変わってしまいますよね。「小学4年生の学力」と言われていましたが、中学受験の際には2教科のみとはいえ偏差値60を超えており決して小学4年生レベルではありません。元々頭が良かったが落ち込んでしまった生徒といったほうが正しいかもしれませんね。

1年は誇大した言い方だった?

著者は主人公であるさやかが初めて塾にやって来た時について「そんな高校2年の夏、ああちゃん(=さやかの母親のこと)に『さやかちゃんも、そろそろ大学のことを考えたほうがいいんじゃない?』と言われて、僕の塾へ連れて来られたのでした」と書いています。

更に「高校2年の夏期講習が終わり、それまで週3回来ていたさやかちゃんは、週4回、塾に通って来るようになります」とあり、1年ではなく1年半くらいがっつりと塾に通っていたことになります。高校2年の夏から受験勉強というのは、普通より少し早い気もしますね。

ビリギャル本人の画像は?

こちらがビリギャルの本人、小林さやかさんです。ビリギャルの本の表紙とは別の女性で、本の表紙は石川恋さんという方で、女優やモデルのお仕事をされています。映画では人気若手女優の有村架純さんがさやか役を演じています。

ビリギャル本人についてのプロフィール

小林さやかさんは1988年生まれで現在30歳。出身は愛知県です。家族構成は父、母、小林さやかさん、弟、妹の5人家族です。ビリギャルで有名な方になっていますが、一応一般人なので諸々詳細は不明なところがあります。

映画でもありましたが、小林さやかさんの両親は真逆の考え方を持っており、妻が一番感動した映画を夫は一番つまらなかったほか弟の野球の才能が分かると、父はつきっきりでスパルタ教育を始め、ミスをすれば殴りつけていたそうです。

ビリギャル本人は卒業後どこへ就職したのか

ビリギャルの本人である小林さやかさんは慶応大学を卒業後、新卒で東京のブライダル会社に入社しウエディングプランナーとして働き始めます。なぜウエディングプランナーという仕事を選んだのか、理由はちゃんとありました。

小林さやかさんがウエディングプランナーを選んだ理由は?

小林さやかさんは二人の恩師がおり、一人目はビリギャルの著者でもある坪田さん。もう一人は学生時代にアルバイトをしていた居酒屋の店長さんです。この居酒屋の店長さんは実は現在のご主人様なんだとか。この二人がどのような影響をもたらしたのでしょうか。

サービス業をしたかった想い

坪田さんから「君は本当に人のことが大好きだから、とにかくいろんな人に出会っておいで。ご縁を大切にして」と言われた言葉で色んな人と出会い、先生のように人の未来のために頑張る人になりたいと思った小林さやかさん。

アルバイトしていた店はとても人気の店で、料理が美味しくお客様を笑顔で迎え、また来たいと思ってもらえるような場所で働いているうちに、「人を笑顔にさせるサービスマンになりたい」と思うようになったそうです。

家族への想い

もう一つが家族への思い。複雑だった家庭が、大学受験を通し関係性の変化が訪れ更に弟が結婚し子供が産まれたことで「家族ってすごいな」「大切にしたいな」という思いが強くなったそうです。サービス業と家族、二つを結び付ける仕事が結婚式の仕事となりウエディングプランナーを選びました。

ビリギャル本人の2018年現在の家庭について

小林さやかさんは2014年7月27日恩師の一人として名を挙げていた学生時代のアルバイト先の店長とご結婚されています。アルバイトをしていた時期は大学2年生から卒業間近まで。現在は独立し東京の三軒茶屋で居酒屋を経営されているようです。

小林さやか本人のブログでは、子供がいるような内容がちらほらとあるようですが、2017年5月25日の段階では「わたし自身は、まだこどももおりませんし子育てのプロなわけではない」と書いてあり、2018年4月1日もこどもはいないと書いているので、現在も子供はいないようです。

ビリギャル本人の結婚式がすごかった!

小林さやかさんの結婚式は、2014年の72時間テレビで放送されているんです。このサプライズは、小林さやかの親友が「おじゃマップ」に依頼したもので、偶然にも結婚式が72時間テレビの日と同じだったことから実現されました。

もともとSMAPが好きでも中でも慎吾ママに扮した香取慎吾さんが好きだった…ということで、お台場から生中継で香取さん以外のSMAPメンバーから祝福の言葉が送られます。香取さんがいないことを謝る中居さんですが、なんと会場に慎吾ママが登場。「慎吾ママのおはロック」を熱唱し、素敵なサプライズ企画となりました。

ビリギャル本人の2018年現在の仕事について

2018年4月から7月末まで札幌新陽高校の「校長の右目」として働くことになった小林さやさん。大学卒業後大手のウエディングプランナーと働いていましたが、2年半で退職。10人程の少人数のブライダルプロデュース会社に転職し、その後はフリーランスとして働いていました。

校長の右目になるまで

その傍らで講演活動や、学生や親向けのセミナー企画運営などで引っ張りだことなり多忙な生活を送っていました。講演を行う内に教育に興味を持ち、フェイスブックで札幌新陽高校の校長日誌を読みその後メッセージで熱い想いを送り弟子入りを志願。

札幌新陽高校にはすでに校長の右腕が存在しており、小林さやかさんは「先生でも生徒でもない視点」「学校を高い所から見下ろす」という立場として採用されています。大学院で学ぶよりも現場を見るべきだと言われ現在は札幌市民になっており、今後について永住するかもしれないと語っています。

ビリギャル本人が仕事を通して伝えたいこととは?

インターンでは荒井校長が言う「偏差値ではなく経験値が大事」という考えに賛同し、社会に出て役に立つようなことをしたいと考えているようです。小林さやかさんが頑張ってこられた一つの理由に「ワクワクできるから」とあります。

勉強でも大学でもなく、誰かに言われたからやるのではなく、自分自身で何がしたいのか…何をしたら自分がワクワクできるのかという「ワクワクする目標」というものが必要だということです。また「すげぇ」としっかり伝えたいという小林さん。どんなに小さいことでも「すげぇ」と褒めて、生徒たちの自己肯定感を高めていきたいと語ります。

ビリギャル本人の今後の活動に期待!

勉学に励み、複雑だった家庭環境も乗り越え今では講演に父や母も登場するといった活躍ぶり。2015年には「ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」著者ああちゃん(母親)さやか(ビリギャル)という本を発売し話題となりました。

ご本人はまだ子供はいませんが、もし子供が産まれたら「勉強しなさい」ではなく子供の良いところを見つけてそこをワクワクさせることを第一に長所を伸ばしてくれるそんな母親になることは間違いないでしょう。今後の小林さやかさんの活躍に期待です!