菊池桃子に整形疑惑!昔からかわいい顔が若い頃とは違う?目の不自然さは整形? エンタメ

菊池桃子に整形疑惑!昔からかわいい顔が若い頃とは違う?目の不自然さは整形?

1982年に東京・青山の叔母のレストランに飾ってあった菊池桃子さんの写真がプロデューサーの目にとまり、スカウトされたことがきっかけで芸能界デビューした菊池桃子さん。結婚、出産、離婚を経て現役で活躍されていますが、実は若い頃とは顔が変わったという噂があります。

菊池桃子は昔と顔が変わった?整形疑惑浮上!!

菊池桃子さんの顔が昔と比べてむくんでいるという話があります。確かに菊池桃子さんは体は昔と変わらないままなのですが、顔がむくんで見えますので、ボトックス注射を受けているのではないかという疑惑が上がっています。ボトックス注射は一度やった藻元に戻ってしまう整形です。

ボトックス注射の場合効果を発揮するのは14日以降で、半年ほど効果は持続しますが、その後は元に戻ってしまうので、効果を維持したかったら何度も何度もボトックス注射をしなければならなくなってしまいます。菊池桃子さんの顔がむくんでいるのは、そのボトックス注射を何度も受けているからだといわれています。

菊池桃子の顔が不自然?整形している?

視聴者の中には、菊池桃子さんの整形を疑う意見があります。例えば「菊池桃子さんの美容整形手術について。はなまるマーケットを見ていたら、急激に綺麗に若返った菊池桃子さんにビックリしました。まるで、20代前半、下手したら10代と言われても疑いません。

カメラはあまり菊池さんをはっきりと写しませんでした。整形したばかりで、違和感を感じるといけないからでしょう。あれほど美しくなれるなら、40代になったとき、無理してでも整形したいと思いました。菊池さんはどのように整形しょうか?」という意見があります。

今でもかわいい菊池桃子は若い頃とは顔が変わった?不自然?

昔から綺麗な顔をされている菊池桃子さんですが、最近では顔がむくんでいるように見えてます。頬が晴れていて、肌が突っ張ているように見える最近の菊池桃子さんは、やっぱり若返りの整形をされているのでしょうか。アラフォーの女優さんによく見られるこの顔のツッパリ感は、どんな整形をするとみられるのでしょうか?

この顔の皮膚のツッパリで考えられるのが「フェイスリフト」でしょうね。髪の毛などに隠れている目立たない部分の皮膚を切開して引っ張り上げる手術です。菊池桃子さんなど、顔が不自然に突っ張っている女優さんは、おそらくこのリフトアップ手術を受けていると思われます。

顔がむくんでいる菊池桃子さん、フェイスリフトだけじゃない?

菊池桃子さんの顔の皮膚は、突っ張っている感じだけではなく、顔全体、特に頬のあたりがむくんでいるように見えます。フェイスリフトの手術をして顔の皮膚が突っ張ることはあっても、むくむことはないでしょうから、これもおそらく若返りの整形手術のせいかもしれないという意見があります。

歳を撮ったら誰もが顔が変わりますが、この菊池桃子さんの顔のむくみは、おそらくボトックスとヒアルロン酸注入の影響かも。ただし、菊池桃子さんの顔のむくみは、ご本人が公式に発表しておられる難病のせいかもしれませんから、整形と断定してしまうのは間違っているかもしれません。

80年代の若い頃から噂があった菊池桃子の顔や目の整形疑惑

一般の方のご意見ですが、「菊池桃子の整形疑惑w80年代頃に噂されてましたが菊池桃子って「坂口良子みたいな目にしてください!」と、整形をした。という話は、本当なんですかねえw」という話がささやかれています。そのほかにも、菊池桃子さんが何度も整形を繰り返しているという意見も。

「昔から整形を何度も繰り返してる菊池桃子が、最近特に不気味に感じます。何かのCMでしか見ませんが、気持ち悪いです。紅白歌合戦で一年に一度しか見ない森進一もフランケンシュタインのようです。整形を繰り返すといずれああいう風に切って貼ったような顔に落ち着くのですか?」と整形を決めつけられているようです。

菊池桃子のかわいい目は不自然?整形?

昔から大きな目が可愛い菊池桃子さんですが、目が不自然だと昔から言われています。どこが不自然化というと、メガイラの部分が異様に広いこと。この部分を広くしようと思ったら、目頭切開の整形手術で、菊池桃子さんのように目頭が広い目になります。

また、菊池桃子さんのまぶたも、平行二重が広すぎるので、もしかしたら整形しているのかもしれません。気k地桃子さんの目そのものは大きいですが、二重は少し不自然。昔から愛らしい顔をされている菊池桃子さんですから、整形を疑わえれてしまうのも仕方がないかもしれませんね。

菊池桃子さんの顔や目が変わったのは難病のせい?

菊池桃子さんは、「私自身にも、特定疾患(シェ―グレン症候群)の診断がくだり、」と自身が病気であることを告白しています。「シェーグレン症候群」は難病で女性がかかりやすい病気で、自己免疫疾患といわれる一群の病気のひとつ。

「シェーグレン症候群」症状は目や口が渇き、関節痛、免疫力低下すると呼吸器、血管、腎臓など全身に症状が現れることも。この病気の原因は遺伝、環境、ホルモンの影響など諸説あるようですが、正確に解明されておらず、治療は症状に対処していく方法が取られているようです。

実は子供が難病を抱えている菊池桃子

「私自身にも、特定疾患(シェ―グレン症候群)の診断がくだり、」と、ご自身の病気を認めておられる菊池桃子さんですが、実はご本人だけではなく子供さんも難病を抱えていることがわかっています。菊池桃子さんの子供は2人。1996年8月7日に長男の「幸秀」さんを2001年10月18日に長女の「小百合」さんをを出産しています。

菊池桃子さんは2015年12月に、2001年に生まれた娘に障害があることと、1996年に長男を出産後、長女出産の前に障害を持つ可能性があった子供を死産していたことを告白しています。菊池桃子さんは子供に障害があったなら、母親として闘おうと考えていたと語っています。

離婚経験がある菊池桃子、若い頃と顔が変わったのは苦労のせい?

菊池桃子さんが結婚した相手はプロゴルファーの西川哲さん。西川哲さんは1968年5月2日生まれで菊池桃子さんと同い年だそうで、結婚した時、菊池桃子さん、西川哲さん共に26歳。菊池桃子さんと西川哲さんの出会いは、1993年の「フジサンケイクラシック」のプロアマ戦だったとか。

菊池桃子さんと西川哲さんは一緒にラウンドを回ったことで出会い、交際に発展し交際期間約1年半で結婚。2012年1月、菊池桃子さん43歳の時に離婚。結婚生活は17年でした。この時の結婚で、菊池桃子さんの二人のお子さんができたのですね。ちなみに西川哲さんのお母さんは女優の五月みどりさんです。

これからも頑張ってほしい、若い頃から苦労人の菊池桃子

結婚、出産、離婚を通して現在の菊池桃子さんの顔があると思います。ご本人の菊池桃子さんだけではなくお子さんにも難病がある菊池桃子さんですが、それでも離婚されているところを見ると、やはりしっかりした考えの方だと思います。現在の菊池桃子さんの顔の変化は、その苦労の表れかもしれません。

整形疑惑の真意はともかく、若い頃からおっとりとしたお嬢さんのイメージがある菊池桃子さんの顔の顔にも、やはり貫禄が出てきているのかもしれません。菊池桃子さんご本人もお子さんも難病を抱えてあられますが、負けないで今後も頑張って活躍していただきたいと思います。