桐谷健太の歌がかっこいいと評判に!性格や私服などをもかっこいい? エンタメ

桐谷健太の歌がかっこいいと評判に!性格や私服などをもかっこいい?

桐谷健太さんと言えば、ドラマ「ROOKIES」で注目浴び俳優として数々のドラマに出演し活躍している方ですが、2016年にはauのCMで歌を歌ったことでそのCMソングが話題となりアルバムをリリースするまでに至りました。そんな桐谷健太さんについて見ていきましょう。

桐谷健太の歌がかっこいいと話題に?性格はどう?

桐谷健太さんは最近ではauのCMで歌を歌っておりその歌が話題になっていました。そのCMとはauの「三太郎」シリーズというもので大人気となっているCMですが、桐谷健太さんはそのCM上で「浦ちゃん」こと浦島太郎役で歌を披露していました。

桐谷健太が歌っている歌「海の声」とは

auのCMで桐谷健太さんが歌っていた歌は「海の声」という歌で、作詞や歌詞は「BEGIN」が手掛けておりCMの雰囲気とも合っており、歌自体としても評価が非常に高いです。桐谷健太さんはこの歌がきっかけでその歌唱力に注目されCDデビューも果たしました。

三線は桐谷健太の生演奏

桐谷健太さんの歌声と歌詞や曲によって話題になった「海の声」は、フルバージョンが公開されました。ちなみにCMで演奏していた三線ですが、桐谷健太さんが実際に三線を演奏しながら歌を歌っていたようです。

かっこいいと話題の桐谷健太の性格は?

桐谷健太さんは非常にノリが良く、明るい性格のように感じている人は多いと思います。テレビではそのように見えていますが、実際にはどうなのでしょうか。テレビに出演している時は明るく、ノリを良く見せている方は多くいると言われていますが、桐谷健太さんもそうなのでしょうか。

関西特有のノリの良さ

桐谷健太さんは実際にどんな人とでも仲良くなれる性格のようで、自身が仕事やプライベートで行った地域の人たちとも、すぐに仲良くなれるようです。そして、桐谷健太さんは関西人であるため関西人特有のノリの良さも持ち合わせているようです。

性格の良さがわかる桐谷健太の握手会

桐谷健太さんの性格の良さが現れているのが、本人の握手会のようで、どれだけ多くの人が並んでいたとしても巻くことはせず一人一人に丁寧に対応すると言われています。このような神対応にファンからは感動の声が相次いでいました。

桐谷健太がかっこいいと話題になったドラマは?

桐谷健太さんが一躍注目されたのは、やはりドラマ「ROOKIES」ではないでしょうか。ドラマ「ROOKIES」は、漫画「ろくでなしBLUES」の作者である森田まさのりさんによる野球漫画のドラマ化で桐谷健太さんは三枚目の役柄で出演しています。

そして、映画「クローズZERO」にも出演しているのですが、その時の役柄が「ROOKIES」の時は三枚目でしたが「クローズZERO」では参謀的な役柄でキレ役としての役回りとなりギャップが桐谷健太さんの評価を上げる結果となりました。

歌唱力を披露するドラマ出演

桐谷健太さんは映画「BECK」に出演し、その歌唱力を披露していました。桐谷健太さんの役は、BECKというバンドのムードメーカー役でラップ・ヴォーカル担当となっており、実はこの役は桐谷健太さんが監督・原作者にビデオレターで直訴したそうです。

私服はかっこいい?年齢は?桐谷健太のプロフィール

桐谷健太さんはドラマやCMで真っ直ぐな性格でかっこいいと言われていますが、実は私服もかっこいいと話題になっています。桐谷健太さんは私服に対してこだわりがあるようで、彼の私服に対するファッションのこだわりは、ワイルドさを強調することだそうです。

桐谷健太さんは1980年生まれですでに38歳というから驚きです。大阪府立桜塚高校卒業後に駒澤大学に進学をし上京します。そして俳優養成所である「アクターズクリニック」にて演技を学び、モデル事務所、個人事務所を経て2002年に「ホットロード」という芸能事務所に所属します。

桐谷健太は歌が上手い?下手?

桐谷健太さんは「海の声」で多くの人に感動を与えましたが、その一方で桐谷健太さんの歌が下手ではないかという意見も出ています。「海の声」の後は日本有線大賞の特別賞や日本レコード大賞優秀作品賞を受賞しています。

さらには第67回NHK紅白歌合戦に初出場をするなどの快挙をみせ、さらには様々な音楽番組にも出演するなど、「海の声」をあらゆる場面で披露しファンの間でも「海の声」の人気は高く、歌手としての桐谷健太さんの魅力にも中もが集まっています。

人の心に届く歌

桐谷健太さんが歌う「海の声」を聴いて感動で涙する人もいるほどで、桐谷健太さんの歌には人の心を動かすなにかがあるようです。そんな中桐谷健太さんの歌は下手だと感じる人もいるようですが、桐谷健太さんの歌には上手い下手ではなく心に響く歌として評価が集まっています。

桐谷健太の歌う海の声はなぜヒットした?

桐谷健太さんが歌う「海の声」ですが、なぜここまでヒットしたのでしょうか。今や「海の声」は子供から大人まで幅広い世代で人気があり、なんと授業で歌う学校もあるそうで、それだけ国民から人気であることがわかります。

人気の理由は?

「海の声」がなぜここまで人気になったかというとやはり考えられる理由は、その歌詞の中にあると考えられます。故郷や家族、恋人や友人など聞く人にとって様々な受け取り方ができ、心に響く歌詞と温かいメロディーでこれほどまでに幅広い方に人気になったと言えます。

桐谷健太は楽器を弾けて当たり前!?

桐谷健太さんが歌う歌と三線に多くの人が魅せられ、その結果YouTubeでの再生回数は2000万回を突破し、レコチョクランキングでも1位を獲得するなどの快挙を達成し、さらには歌手ではないですがMステにも出演しました。

この歌で披露した三線にも注目されていますが、実はこのCMのために一生懸命練習したわけではないとのことです。桐谷健太さんには昔から楽器を弾く才能があったようで、家族全員がギターを弾けて当たり前だったそうなのです。

軽音部にも所属していた

桐谷健太さんは高校時代にはラグビー部だけでなく、軽音部にも所属しており家族の環境と合わせてこのような環境で音楽のセンスが培われていたのかもしれません。そして、auのCMだけでなく桐谷健太さんは音楽センスを多彩に発揮されています。

映画で発揮した歌唱力でCMをゲット

桐谷健太さんは、auのCM以前に映画「BECK」や「ソラニン」でその歌唱力を披露しており、auのCM以外にも彼の音楽センスを見ることができます。実はかつての桐谷健太さんの作品を見ていた監督がauのCMの歌オファーをしたと言われています。

ソラニンでは桐谷健太さんの特技であるドラムを演奏しており、それを見た福山雅治さんが桐谷健太さんのドラムを絶賛したという話です。そして、BECKでは自前のラップも披露しており、ここでも自慢の音楽センスを発揮し、映画を見た方たちを魅了しています。

桐谷健太の歌がかっこいいと話題に?性格はどう?まとめ

桐谷健太さんの歌の秘密について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。もともと音楽センスを磨くチャンスのある環境にあった桐谷健太さんですが、それだけではなく彼の持ち合わせている声や真っ直ぐな性格がより聞く人々の心に届いて感動を与えるのでしょう。

桐谷健太さんはこれからもその歌唱力と演技を存分に披露しドラマや映画、そして彼のキャラクターでバラエティ番組でもその魅力を発揮してくれることでしょう。そんな桐谷健太さんをこれからも応援していきたいです。