古川雄輝の英語がほとんどネイティブだと話題に!インタビュー動画での発音がすごい!

今までも大勢の英語が堪能芸能人が話題となってきましたが、俳優古川雄輝さんほど完璧なネイティブ英語を操る人は初めてかも知れません。古川雄輝さんはその英語力を活かした役柄を様々な作品で演じ大きな話題となっています。古川さんの英語力やその秘密についてまとめます。

古川雄輝の英語の発音が本気ですごいらしい!?

俳優古川雄輝さんの英語力がすごいと注目が集まっている様です。ネット上で検索すると英語で受け答えする多くのインタビュー動画がヒットします。全く違和感なく海外のインタビュアーの質問に答える様子は凄いの一言、ここまで自然な会話が展開できる日本の俳優は数える程しかいません。

古川雄輝のプロフィール

  • 生年月日:1987年12月18日
  • 出身地:東京都
  • 身長:180cm
  • 血液型:A型

古川雄輝さんは現在俳優として活躍、幼少から高校卒業までをカナダとアメリカニューヨークで過ごし、完璧な英語を操ります。英語力を生かした役柄にも多数起用され、その英語力を存分に発揮しています。本人の目標はその英語力を活かして世界的な俳優になる事だそうです。

古川雄輝 ドラマ出演作品を一覧にまとめてみました!!【要チェック】

古川雄輝の英語の発音がネイティブ並にすごい理由は!?

古川雄輝さんが完璧なネイティブ英語を操る理由は、前述した幼少期をカナダやアメリカの英語圏で生活したことが大きいでしょう。古川さんがカナダに移住したのは7歳の頃、医者だったお父さんの仕事の事情で引っ越しした様です。高校からはNYの慶應義塾ニューヨーク学院へ進学単身ニューヨークで生活しています。

16歳で単身ニューヨーク暮らしというのもかなりアグレッシブです。カナダで幼少期を過ごし英語を身につけ、ニューヨーカーの早口な英語に加えて、あちこちの訛り英語が入り混じった都市での暮らしでさらに英語力が鍛えられたのでしょう。現在の古川さんのこなれた英語はこの時期に培われたのだと思われます。

古川雄輝の英語の発音がすごいとわかるインタビュー動画!

そんな古川雄輝さんの英語が完璧だとわかる動画がネット上には数多く上がっています。出演作品の海外向けのプロモーションはもちろん、海外メディアからの取材なども自身で受けている模様。インタビュアーが全くフォローを入れずにこれだけ自然な会話が成立する日本人俳優のインタビュー動画はほとんど無いと思われます。

古川雄輝は海外で大人気?中国では男神と呼ばれている!?

古川雄輝さんはその英語力の影響もあってか日本国外でも高い人気を誇ります。むしろ海外で先に売れ出し逆輸入俳優としてのポジションと見られる事もある様です。特に中国では2013年「イタズラなKiss~Love in TOKYO」が公開された事がきっかけとなり現在でも爆発的な人気となっている様です。

25年に少女漫画原作の恋愛ドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」で主役を演じたことで、すでに中国語圏では爆発的な人気を誇る。

現地ではファンから「憧れの男性」という意味の「男神」と呼ばれ、行く先々でボディーガードがついて回るほど。

(引用:産経ニュース)

古川雄輝は少女漫画に登場する様なリアル王子キャラだった!

古川雄輝さんはルックスメンでも爽やかイケメンと言った感じで王子という表現がしっくりくる様な俳優さんですが、リアルスペックもかなり王子キャラです。お父さんが世界的な医者という点、親の仕事で十代を海外で過ごしたという点、大学は慶應大学でミスター慶応にも選出されているという点、ダンスサークルの代表を務めていたという点。

ざっと上げただけでもどこの少女漫画の登場人物やねんって感じですが、加えてあのクールで落ち着いた雰囲気と完璧な英語力、慶応理工学部で理系も得意、芸術面ではダンスがNY仕込みでかなりのレベルというちょっとやそっとでは太刀打ち出来ない王子っぷりとなっています。むしろ漫画に登場させたら嘘くさく感じる位かも知れません。

古川雄輝の熱愛彼女は矢作穂果?藤沢花恵?結婚の可能性は?

古川雄輝の海外デビューは日英共同制作の舞台「家康と按針」!

古川雄輝さんは2013年日英共同制作の舞台「家康と安針」でロンドンでの舞台を踏み海外デビューを果たしています。徳川家康と外国人武士である三浦按針の通訳ドメニコ役を演じ、英国人キャストと日本人キャストが入り混じった舞台で日本語と英語を駆使する重要な役を演じています。その英語は英国でも高く評価されました。

古川雄輝が英語で演じるショートフィルム作品も!

そんな古川雄輝さんが英語でたっぷりと演じている作品にYouTubeのネスレ日本公式チャンネルで公開された「我愛你 in TOKYO」というショートフィルム作品があります。古川さんは7歳からカナダで暮らした帰国子女のちょっとクールな自転車店員という自身とも重なるキャラクターを演じます。

その自転車店を訪れた台湾人の女の子とのちょっとした恋を描いたラブストーリーとなっており、日本語の通じない女の子との会話はほぼ全て英語で展開されます。古川さん演じるキャラクターも古川さん自身と重なるクールなイケメンキャラとなっているため、俳優古川雄輝の魅力が惜しげなく詰め込まれた作品と言えるでしょう。

古川雄輝がドラマでも完璧な英語力を発揮し話題に!

また、古川雄輝さんは日本国内のドラマでも見事な英語を披露しています。2015年の月9ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」で主人公山下智久との英語でのコミカルな口論や、2018年のドラマ「ラブラリン」でも流暢なネイティブ英語で話すシーンを演じ視聴者を驚かせました。

彼の自然な英語でのセリフに「ふるぽんのネイティブ英語 ありがとうございます」「ネイティブ英語かっこよすぎる!!!」「あんなにかっこいい“I will”聞いたことない」など賞賛のツイートが寄せられた。

(引用:クランクイン)

古川雄輝がテレビCMでもその英語力を発揮!

その他にも古川雄輝さんは、テレビCMで見事な英語を披露しています。バッグ&ラゲージブランド『ace.』のCMで女優吉田羊さんと共演。海外出張中のホテルのチェックイン時先輩吉田羊さんが英語で苦戦します。それを後ろで見ていた後輩社員古川雄輝さんがスマートに流暢な英語でチェックイン手続きをこなすという内容でした。

古川雄輝は英語だけじゃない!キレッキレのブレイクダンス披露!

古川雄輝さんの魅力は英語力だけではありません。古川さんの特技はブレイクダンスで、慶應大学時代にはダンスサークルの代表を務めていたほどの腕前。出演した映画「曇天に笑う」のダンスPV「曇天ダンス~D.D~」では見事なダンスを披露、サビ部分の切れ味抜群のブレイクダンスは自身で振り付けも担当したとか。

古川雄輝の今後の活躍に期待!

ここまで、古川雄輝さんの圧倒的な英語力とその魅力について書いてきました。その英語力は俳優としての大きな魅力ですが、長い海外暮らしで英語と共に培われたであろうちょっとやそっとでは物事に動じない冷静でクールな雰囲気や、新しいことにリスクを取って挑戦していくアグレッシブな面も古川さんの大きな魅力と言えるでしょう。

本人の目標としても上げられている様に、今後は世界に進出しハリウッドなどでもその姿を見る事が出来たら嬉しく思います。また、ダンス技術もかなりレベルが高くそれを活かした役柄なども見て見たいと思います。超ハイスペック俳優の古川雄輝さんの今後の活躍から目が離せません。