大野智の魅力が大爆発!嵐の中でも別格のダンスの実力とは? エンタメ

大野智の魅力が大爆発!嵐の中でも別格のダンスの実力とは?

大人気グループ嵐のリーダー、大野智君。おっとりとしたイメージも強いですが嵐ファンが語る大野君の魅力は、そのイメージからはかけ離れたプロ顔負けのキレのあるダンスなんです。ここでは、見た人たちを虜にする大野君のダンスの魅力とその実力を検証していきたいと思います!

目次

[表示]

大野智のダンスの実力はジャニーズ内でも別格!?

たくさんのアイドルを抱えるジャニーズ事務所ですから、所属タレントの皆さんは、歌って踊れるのが当たり前です。そんな中でも、大野君のダンスの上手さは皆の知るところで、ジャニーズのダンスが上手いランキングでは必ず上位に入るほど。時にはあの東山紀之さんをおさえ、堂々の一位に輝いたこともあるのです。 

また、大野君のダンスのうまさはジャニーズJr.時代から有名な話で、ものすごく怖くて厳しい振付師の先生でおなじみの「サンチェ先生」に1度も怒られたことがない、という伝説を持っているほどです。大野君のダンスに憧れる後輩も多く、Hey!Say!JUMPの知念侑李君はその最たるものです。

大野智ってどんな人?

  • 名前:大野智
  • 生年月日:19801126
  • 星座:いて座
  • 身長:166cm
  • 血液型:A
  • 出身地:東京都
  • 所属:嵐
  • デビュー:1999113日に「ARASHI」でCDデビュー
  • 主なドラマ作品:『魔王』『歌のおにいさん』『怪物くん』『鍵のかかった部屋』『死神くん』『世界一難しい恋』
  • 主な映画作品:『怪物くん』『忍びの国』

大野智をもっと詳しく!

凝り性で、自分な好きなことについてとことん突き詰めていく職人気質。絵を描いたり樹脂や年度のフィギュアなどの作品を作ったり、アーティストとしての才能も顕著で、過去に二度の個展を開き大成功を収めています。釣りが趣味で、ドラマの撮影中に釣りに出かけ、日焼けをしてメイクさんに怒られるというおちゃめな一面も。

別格の上手さ!大野智のダンスの特徴

大野君のダンスで最も特徴的なのは、繊細で素早い足さばき。その基礎には、ジャズダンスが大きく関わっているそうです。また、2002年に発売した「All or Nothing」という嵐のDVDではカポエイラという格闘ダンスにも挑戦しており、あらゆる種類のダンスが合わさって今の大野君のスタイルが完成したといえるでしょう。

大野智が振り付けを手掛けた嵐の楽曲

コンサートで披露するアルバム曲の振り付けをよく担当しており、メンバーからの評判も上々だといいます。しかし、振り付けをきちんと教える、というよりも自分の振りを見て覚えてもらうスタイルらしく、教わるメンバーたちはしばしば苦労しているそうです。大野君ですが、最近ではテレビでもよく披露するシングル曲の振り付けも手掛けています。

 松本潤主演ドラマの主題歌『Bittersweet』

 2014年の冬に放送された、嵐のメンバーの松本潤君が主演の月9ドラマ「失恋ショコラティエ」の主題歌となった「Bittersweet」。実は、シングル曲としては大野君が初めて振り付けを手掛けた曲でもあります。嵐5人の動きが可愛らしいとても素敵な振り付けに仕上がりました。

 大野智主演映画の主題歌『つなぐ』

 

 大野君が主演の映画「忍びの国」の主題歌です。忍者映画の曲ということで、映画のイメージに合わせて振り付けが忍者の印を結ぶところから始まるのがとても印象的なダンスです。他にも、忍者を連想させるような動きがたくさん詰まった「忍びの国」に相応しい忍ワールド全開の振り付けです。

大野智は嵐のコンサートで魅せる!?

 

 日ごろから音楽番組にも引っ張りだこの嵐。そのため、大野くんが歌って踊る姿をテレビで目にする機会も多いのではないでしょうか。大野君のダンスには、大きな動きや派手さはないものの、手先足先まで神経をとがらせたような繊細でしなやかな動きに、うっとりしたという方もいらっしゃると思います。

 実際に、大野くんのダンスの上手さはネット上でも話題になることが多く、広く知られているところかと思います。しかし、本当の大野くんのダンスの魅力と実力はそんなものではないのです!続いては、大野君が本領を発揮する嵐のコンサートに注目してみましょう。

 大野節が炸裂!大野智のソロ曲の3選

 不動の人気No.1楽曲『Rain』

 

 ファンの投票によってコンサート曲を構成した「アラフェス」。そこで大野君のソロ曲として選ばれたのが2005年発売のアルバム「One」の初回限定盤に収録されている「Rain」という曲です。大野君のダンスの特徴である、独特の足さばきを存分に堪能できる楽曲として大人気です。

 溢れ出る色気がたまらない『Hit the floor』

 

 2013年に発売のアルバム「LOVE」に収録されている大野君のソロ曲です。ダンスだけでなく、歌唱力にも定評のある大野君ですが、この曲では歌とダンス両方で大野君の魅力を存分に味わえるのが嬉しいところ。魅力的な歌とダンスで、見る人たちを別の世界にいざなうアダルティな大人の色気が漂う作品です。

 独特の世界観が中毒性を煽る『Bad Boy』

 2016年に発売されたアルバム「Are You Happy?」に収録されている大野君のソロ曲です。曲だけ聞くとエレクトリックな曲調でとてもかっこいいのですが、そこにダンスと演出が加わると印書がガラッと変わります。

 演出によって、大野君が分身していき、ステージの上にはたくさんの大野君。そしてさらに、増殖した大野君が変顔を炸裂させていく…というとてもシュールな内容になっています。百聞は一見に如かずですので、気になった方はDVDでチェックすることをおすすめします。

 大野智はふざける時でもダンスは全力!?

テレビでは見れない一面を楽しめるのがコンサートの魅力ですが、ふざけるときは全力でふざけるのが嵐のコンサートの面白いところでもあります。いろんなおふざけ企画にたびたび駆り出されるのが大野君。ここでは全力でふざけるおちゃめな大野君をみていきます。

 大宮SK

 二宮君とコンビで登場する大宮SK。このコンビの時は大野君と二宮君ではなく、タカとユージという名前で活動しています。意味の分からない歌詞の楽曲を無気力に歌う二人の姿はとってもシュール。「鋼の腹筋」という体を張った一発芸も披露します。

 バズりNIGHT

 

 大野君、櫻井君、相葉君のユニット楽曲です。演出は相葉君が担当しており、アイドルヲタクの3人が、伝説のギャルアイドルグループのコンサートに行く、というストーリーが展開されていきます。驚くことに、アイドルヲタクとギャルアイドルを1人2役でこなしています。

NEXT:
1/2