菅田将暉×山田孝之のW主演!注目ドラマ『dele』の魅力に迫る!

人気俳優の菅田将暉さんが、山田孝之さんとダブル主演をしている2018年夏クールのテレビ朝日系のドラマ『dele』(ディーリー)が面白いと話題です。どんな内容なのか、その魅力と他のキャスト陣など、詳細に迫ってみたいと思います。

菅田将暉 主演ドラマ『dele』!製作発表前から話題に!

菅田将暉さんと山田孝之さんが主演する『dele(ディーリー)』はどんなドラマなのでしょうか?ドラマの発表前の2018年4月突然、インタグラムとTwitterに菅田将暉さんと山田孝之さん2人の共同ユーザー『yamadasuda』 がアップされ、『共演するドラマが始まるのでは?』とファンの間で話題になっていました。

そして発表されたのが、『dele』です。スタッフはなんと2年前から菅田将暉さんと山田孝之さんに出演オファーをしていたそうです。企画自体、人気作家の金城一紀さんとKADOKAWAが発案とのことなので、入念に準備された内容を期待されています。

『dele』とは、校正用語で『削除』を意味しています。おそらく、英語のDeleteが由来なのでしょう。このドラマのテーマとなるのは『デジタル遺品』。これは、人が亡くなったあと、パソコンやスマホといったデジタル機器に残ってしまった情報のこと。パスワードやID、多くの個人情報を含んでいるので、社会問題になっているそうです。

菅田将暉×山田孝之 ドラマ『dele』の原作は?

ドラマ『dele』は、2017年に作家の本多孝好さんが書いた小説が原作です。本多孝好さんは、映画『真夜中の五分前 』や『ストレイヤーズ・クロニクル』といった映像化作品を持つ作家さんで、このドラマでも脚本に参加しています。

もっとも、登場人物は原作のままであるものの、脚本段階では当て書きという特定の演じる俳優をイメージした内容に書き換えがなされていいます。主人公を演技に定評のある菅田将暉さんと山田孝之さんですので、ますます期待が高まります。

脚本を担当するのは原作の本多孝好さん、企画の金城一紀さんのほか、映画『グラスホッパー』や『脳男』の瀧本智行さん、『あなたへ』『追憶』の青島武さん、『進撃の巨人』『GANTZ』の渡辺雄介さん、ドラマ『相棒』の徳永富彦さんといった脚本家が交代して担当。ドラマファンにとっては目が離せないメンバーが揃っています。

 

菅田将暉×山田孝之  W主演ドラマ『dele』のあらすじは?

ドラマのあらすじは、デジタル遺品を密かに削除する、山田孝之さん演じるフリープログラマーの坂上圭介と、ひょんなことから圭介の仕事を手助けすることになった、菅田将暉さん演じる何でも屋の祐太郎が様々な問題や、隠された真相に巻き込まれる、というものです。

2人が処理する記録は個人の遺書から、不正の告発、テロ計画といったディープなものまで、さまざま。毎週一話完結のストーリ―で、豪華俳優陣がゲストキャラクターとして出演することが発表されています。

主役① 山田孝之(役:坂上圭司)は車いすの『プログラマー』!

山田孝之さんが演じるのは、原因不明の病で下半身不随となり車いすで生活しているフリーのプログラマーです。年齢は33歳、亡き父親が設立した法律事務所を提携し、『デジタル遺品』のデータを秘密裏に消す会社『dele.LIFE』を創業します。プライドが高く、偏屈な性格である一方、好奇心旺盛で集中すると周りが見えなくなる人物です。

山田孝之 プロフィール、出演作

山田孝之さんは1983年10月20日生まれの34歳。初主演は2003年のドラマ『WATER BOYS』。映画『電車男』での主演も話題になりました。コミカルな役から、シリアスな役、悪役まで幅広い演技力で定評があります。

山田孝之隠し子騒動から12年!その後の結婚と嫁と子どもの事情!

主役② 菅田将暉(役:芝祐太郎)は秘密を抱えた『何でも屋』?

菅田将暉さんが演じるの主人公が芝祐太郎です。坂上圭司の会社『dele.LIFE』を手伝う『何でも屋』。年齢は25歳。外出しない坂上圭司に代わり死亡確認や調査を担当します。素直で無邪気な性格で、誰からも好かれるタイプである一方、過去に重大な秘密を抱えていて、自分のことを聞かれるのは苦手というキャラクターです。

菅田将暉 プロフィール、出演作

菅田将暉さんは1993年2月21日生まれの25歳。大阪府出身。ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリスト選出を期に芸能界入り、2009年『仮面ライダーW』で初主演。その後、映画『共食い』(2013年)『帝一の國』(2017年)やドラマ『民王』などに出演。2017年からはソロ歌手としても活動をしています。

歌手としても活躍する俳優・菅田将暉が米津玄師とコラボ?詳細など様々な情報を紹介!

 

ドラマ『dele』の他の俳優は?麻生久美子はどんな役?

主人公の2人の他、レギュラーとして出演しているのは、女優の麻生久美子さんです。彼女が演じるのは、坂上圭司(山田孝之)の姉の坂上舞です。圭司に依頼人の紹介やなど援助をする姉御肌の弁護士とのこと。主人公2人を支えるポジションのようです。

ドラマ『dele』ゲストに注目!野田洋次郎、コムアイら参戦!

ドラマ『dele』の公式サイトで発表されたゲスト俳優の豪華メンバーが注目されています。ゲスト出演者に名を連ねるのは、RADWIMPSの野田洋次郎さんや黒猫チェルシーの渡辺大知さんなど、総勢16名。それぞれ何話に出演するのか楽しみです。調査時点で判明しているゲストの役を詳しくみてみましょう。

菅田将暉 『dele』第一話ゲストにラッパー般若!

菅田将暉さんが主演のドラマ『dele』の第1話のゲストでラッパーの般若さんが出演し話題になりました。般若さんが演じるのは、ずばり『謎の男』、牧野という役です。依頼人であるゴシップ記者が頻繁に会っていた江口のりこさん演じる女刑事。そのマンションを訪ねた祐太郎が牧野に突然襲われることになります。

般若さんは、1978年10月18日生まれの39歳。秋田県生まれ。人気番組『フリースタイルダンジョン』ではラスボスとして有名です。俳優としては映画『Zアイランド』(2015年)『ビジランテ』(2017年)などに出演、最近では『やれたかも委員会 クラブナイト編 クラブナイトへGo!』にマスター役を演じていました。

菅田将暉 『dele』第2話ゲストに”水カン”のコムアイ!

第2話のゲストもアーティストとして活躍している水曜日のカンパネラのコムアイさんです。コムアイさんが演じるのは、依頼人の宮内詩織。依頼に従い、祐太郎(菅田将暉)が彼女の自室を訪ねたところ、宮内の死体を発見、残されたエンディングノートには『データは消さないでください』との一文が。何やら秘密を抱えた人物のようです。

コムアイさんは1992年7月22日生まれの27歳。神奈川県出身。水曜日のカンパネラという音楽ユニットでボーカルを担当。YouTubeで話題になり、2016年にメジャーデビューしました。女優としてこれまで、映画『猫は抱くもの』(2018年)やドラマ『わにとかげぎす』(2017年)などに出演をしています。

菅田将暉✕山田孝之 ドラマ『dele』に視聴者から好評の声!

菅田将暉さんと山田孝之さんのW主演で話題となったドラマ『dele』ですが、初回満足度ランキングで1位を獲得。話題性の高い俳優をそろえ、そして『デジタル遺品』というタイムリーなテーマが視聴者の心を掴んだようです。

Twitterなどネット上の声も、4月クールの「『おっさんずラブ』を超えるのでは?」「ひとくくりにハッピーエンドとは限らない深いストーリーが面白い」と今後の期待が高まっています。ネットでも見逃し放送をしており、初回を見逃したという人でも今から十分に追いつけそうです。

菅田将暉✕山田孝之 ダブル主演ドラマ『dele』まとめ

7月にスタートした菅田将暉さんと山田孝之さん主演で話題のドラマ『dele』について調べてきました。『デジタル遺品』という現代社会では誰にでも当事者になりうるテーマと豪華な俳優陣と定評のある製作陣に支えられたドラマのようです。初回を見逃したという方もオンデマンドで配信をしているのでチェックしてみてはいかがでしょうか<