衝撃!!菊池桃子さんが難病で病気だった?その病名とは?原因があるのか? エンタメ

衝撃!!菊池桃子さんが難病で病気だった?その病名とは?原因があるのか?

菊池桃子さんは1980年代のアイドルとして絶大な人気がありました。最近ではドラマ「花のち晴れ〜花男NextSeason〜」のお母さん役として出演していましたが、実は病気を抱えているというのです。いったいどんな病気なのか、何が原因なのか調べてみたいと思います。

菊池桃子さんの病気?って本当!

菊池桃子さんは病気を患っているという事です。アイドル歌手として人気を誇っていた菊池桃子さんに何があったのでしょうか。最近では、アイドルというイメージより、女優さんとしての認知度があります。良いお母さん、優しいお母さんの役どころを演じる事が多いようです。

菊池桃子さんの特徴的な、喋り方が優しい役どころに繋がるのでしょう。最近では、「花のち晴れ〜花男NextSeason〜」のお母さん役として出演していました。その様子を見る限り病気をしているように見えないのですが、本人も病気を公表していますので、その病気について調べてみたいと思います。

菊池桃子さんの病気は難病のひとつ!病状は?

菊池桃子さんは、2012年にシェーグレン症候群を患っていたことが報じられた。 この病気が早期に発見できたため、早めの治療ができたそうです。そのため普通の生活ができるようになるのも、早かったそうです。しかし、発見が遅れると重症化してしまい有効な治療法もないといいます。

菊池桃子さんの事務所サイドからもコメントがあり、「定期的に病院で診てもらっていますが、特に何の問題もなく、普通の生活をしています。仕事や家事への病気の影響は、まったくありません」ということです。発見が早かったから良かったのでしょう。では、そのシェーグレン症候群とはどんな病気なのでしょう。

菊池桃子さんの病気の難病「シェーグレン症候群」って病状は?

菊池桃子さんが発病されたシェーグレン症候群はドライアイ(目の乾燥を意味します)や口の乾きなどが特徴です。自己免疫生の膠原病のひとつとされています。これは難病で、自分の体を自分で攻撃してしまうものなのです。特に女性がかかることが多いようです。

膠原病というと、本来は、身体を様々な病原体から守るための免疫システムが何らかの異常によって自分自身の身体を攻撃する病気なので、難しい病気になります。その中のシェーグレン症候群ということです。膠原病は他にたくさんありますので、後ほどご紹介致します。

菊池桃子さんの病気「難病のシェーグレン症候群」の原因がある?

菊池桃子さんがかかってしまったシェーグレン症候群になってしまった原因があるのでしょうか。この膠原病は、実は体の中の主に3つの病気が重なり合った場合に発症すると言われています。遺伝、環境、ホルモンの影響など諸説もあるようですが、正確に解明されてません。

  • 自己免疫性疾患(免疫の異常)
  • 結合組織疾患(細胞間の結合組織異常)
  • リウマチ性疾患(関節や筋肉が強ばる)

菊池桃子さんがかかった原因のシェーグレン症候群とは?

菊池桃子さんが患っているシェーグレン症候群とは、どんなものかもう少し詳しく説明したいとおもいます。この病気は全身性自己免疫性疾患とも言われています。治療は簡単にいうと症状に対処していく方法が取られているようです。根本から治す治療が無いのです。

特徴は、鼻、咽頭、消化管、喉頭、気管、気管支、外陰部、腟の表面を覆っている粘膜が乾燥する症状が個人的に違いますが現れます。また外陰部や腟が乾燥すると、性交に痛みを伴うことあるようです。気管が乾燥することもあり、せきが出やすくなります。神経、肺、その他の組織が炎症によって損傷を受ける場合もあります。

菊池桃子さんの病気の治療法(目)

目の乾きのドライアイの治療は、涙の分泌を促進する薬を使用したり、涙の補充を行う点眼薬を用いる方法があります。また、涙の蒸発を防ぐためのドライアイ眼鏡も開発されています。手術が必要となる涙の排出を低下させる方法もあります。

菊池桃子さんもドライアイの時は、点眼薬などで補っているのでしょうか。治療については多くは語っていないのですが、この症状も点眼薬で解消できるなら、なんとか負担が少なくてすみそうですが、治らないというリスクを考えると辛いものになります。

菊池桃子さんの病気の治療法(口)

一番多いのが、唾液が出にくい症状です。食べるときに、唾液がないということは一体どんなデメリットになるのだろうかと思うと思いますが、一般的に唾液がないと飲み込むが困難になります。ですので、食べる物も考えないといけません。その唾液をふ増やす治療は大事です。

唾液を増やすドライマウスについての治療は、唾液の分泌を促進する食物を摂ることやそのような薬剤を使用する方法です。唾液の補充を行うための人工唾液を用いる方法もあります。また、虫歯や口内の真菌感染予防には、イソジンなどの抗真菌剤やオーラルバランスなどの航空保湿剤を使う場合もあります。

菊池桃子さんの病気の治療法

口腔内環境を改善するために、食事改善として、乾燥食品や香辛料、アルコール飲料を避けることや禁煙が有効であると考えられています。飲み込み困難な場合に関しては、食物を液体に浸すなどして、食べやすい状態に変えて食べる方法などで工夫することも大事です。

菊池桃子さんだけではなかった!大物歌手も!!

菊池桃子さんだけではなく、大物歌手もこの病気になっていました。その歌手とは和田アキ子さんです。和田アキ子さんは、かつて色々な病気を患ったりしていますが、大のお酒好きでも有名な方です。和田アキ子さんは「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」の番組の中でシェーグレン症候群の難病であることを明かしました。

「アッコにおまかせ!」の放送で「大丈夫。寝込むほどの病気じゃないから」と語っています。また水がないと唾液が出にくいいです。和田アキ子さんは、「水があれば大丈夫!」和田アキ子さんらしい言い方で、この病気と向き合っていることがわかります。

菊池桃子さんの娘さんも病気だった!原因は?

菊池桃子さんには、2人のお子様がいます。長男と長女です。その長女が生まれて来た時点で脳梗塞を起こしていたことが、生後7ヶ月目に発見して、左手足に障害が残るだろうという診断を受けたようです。泣いてる場合じゃないと、必死に頑張ったそうです。

普通に歩けるようになり小学校に入学したが、自分の子は他の子と同じ他の子との差を感じ、過呼吸や円形脱毛症にもなったほど悩みました。しかし彼女の方が辛いと悟り、これ以上傷つけないため、娘にあった学校探しを始めたが、障害を持った子の教育相談の場所や自治体が少なく、確立できていないと問題提起をしました。 

菊池桃子さんは現在シングルマザーとして病気と戦う!

聞き慣れない病名で、難病の指定されている病気でびっくりしましたが、シングルマザーの菊池桃子さんは、障害を持っているお子様と頑張っている姿はすごい強い人ではないかと思いました。前向きに生きている様子が伺えますし、まったく昔のアイドル時代のままの穏やかな容姿です。

菊池桃子さんが公表されたことにより、この病気を少しでも理解してもらい、周りやご自身の理解や励みになれば良いと思います。菊池桃子さんもドラマや舞台、子育てで大変だと思いますが、楽しい人生に変えていただければ思います。これからの活動により関心を寄せていきたいです。