名脇役・安田顕の水曜どうでしょう時代のエピソード!伝説の番組で伝説を残した男 エンタメ

名脇役・安田顕の水曜どうでしょう時代のエピソード!伝説の番組で伝説を残した男

皆さんは水曜どうでしょうを観たことがありますか?大泉さんの相棒、変り者、渋いイケメン俳優…様々な顔を持つ安田顕さんは、水曜どうでしょうではレギュラーではありませんが度々番組に出演してはその場を盛り上げる名脇役として番組の人気に大きく貢献しました。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

安田顕出演!伝説の番組・水曜どうでしょうとは

言わずと知れた北海道テレビの伝説の番組。ローカルでありながら全国のテレビ局に番組販売されるとスタッフや演者たちのかけ合いの秀逸さですぐに話題になり、現在ではローカル番組の金字塔ともいえる番組として放送終了から16年が経った今も根強い人気を誇っています。

また、2002年の最終回では番組内で『一生どうでしょう宣言』がされ、現在も不定期(数年おき)で新作放送や再放送がされるなど、現在も新規ファンが増え続ける理由になっています。筆者も中学時代に同番組を知って以来大好きな番組です。

安田顕さんのプロフィール

1973年12月8日生まれの今年44歳。出身は北海道室蘭市。1993年に、後のどうでしょう班となる鈴井貴之氏の経営する芸能プロダクション・CREATIVE OFFICE CUEに加入し、タレント活動を始めます。転機となったのは1998年、水曜どうでしょうの出演がきっかけで全国に知名度が広がります。

現在は俳優として『ホタルノヒカリ』や『下町ロケット』などの人気作での名脇役として活躍されています。また、しばしば変り者・変人と呼ばれることがありこれは自他ともに認めているようです笑ちなみに安田さんは、2002年に8年の交際の末に一般女性と結婚されています。

水曜どうでしょうでは名脇役として貢献

安田さんは水曜どうでしょうのレギュラーメンバーではありませんでしたが、番組での初登場以降たびたび出演し、安田さんの登場した企画はどれも人気となります。番組への貢献度は高く、番組最終回のエンディングでは大泉さんや鈴井さんと同じ扱いを受けます。

また、番組ディレクターの藤村忠寿氏は安田さんを「いつもは大泉さんとミスター(鈴井さん)の2人がメインだけど、そこへ全く違う爆弾を投入することによってテンポが出る」と評しており、レギュラーではないというのがミソだったようですね。

安田顕さんが水曜どうでしょうに出演するきっかけは偶然?

安田さんが初めて水曜どうでしょうに出演することになったのは1998年、番組の企画で大泉さんをターゲットにしたドッキリのとばっちりを食らい、翌日の企画に流れでそのまま出演することになります。

そのドッキリの名前は通称『大泉洋拉致事件』。物騒な名前ですが、実際はすごく面白いドッキリ企画です。内容はラジオの生放送に出演中の大泉さんを、鈴井さんや番組スタッフの藤村Dと地元のアメフト選手が協力してラジオ局から連れ出し、番組のロケ車に押し込んで無理やり翌日のロケに連行するというもの。

この時、大泉さんだけを連行する手筈だったのですが、一緒にパーソナリティをされていた安田さんも成り行きで連れ出されてしまいます。これは本当に手違いだったらしく、わけも分からずロケ車に押し込まれた安田さんはキレ気味で戸惑っています笑

北海道テレビのマスコット・onちゃんの中身は…

水曜どうでしょうでの安田さんは、HTBのマスコットキャラであるonちゃんの着ぐるみを着て登場するというシーンが多くみられました。これは前の項目で紹介したドッキリ企画の翌日、成り行きでの参加で戸惑う安田さんに「とりあえず入ってろ」と着ぐるみが渡されたのがきっかけらしいです。

安田顕さんの伝説 番組の企画で牛乳をリバース

安田さんがレギュラーでないのにも関わらず人気を得たのは、時々出演しては個性を炸裂させ番組の起爆剤になっていたからだと言われています。安田さんの伝説1つ目は2001年の企画『対決列島』での一幕。

これは、レンタカーで北海道から九州の鹿児島県まで南下し、各都道府県を通過するたびにその土地の名産を早食いしそのタイムを競うというもの。勝負はチーム対抗戦で行われ、安田さんは魔神の異名をとる大食いの名手、藤村Dと組み大泉さん・鈴井さんチームと対決することになります。

岩手県では早食いではなく小岩井農場の「牛乳早飲み対決」で勝負をすることに。安田さんは1ビンを2秒ほどで飲み干すという驚異のペースで勝利をたぐりよせますが、やはり一気に飲みすぎたのか滝のように牛乳をリバースしてしまいます。

この『対決列島』は各都道府県の敷地面積をそのままポイントに換算しているため、藤村Dチームは安田さんのリバースが原因で北海道の次に面積の広い岩手県で敗北してしまい序盤のリードを許してしまいます。最終的に藤村Dチームが勝利しますが、この対決は大番狂わせとして視聴者の記憶に刻まれることになります笑

安田顕さんの伝説 大泉洋さんの料理でアレルギー発症

安田さんが初めてどうでしょうに登場した1998年のクリスマスに行われた企画『シェフ大泉 車内でクリスマスパーティ』でも安田さんは伝説を残します。これは大泉さんの料理企画で、「食べさせる」を「おみまいする」と表現するほどの大泉さんの料理で、安田さんはアレルギー持ちになってしまいます。

12月の北海道の早朝という恐ろしく寒い状況下で、HTB駐車場に停められたロケ車内(トランクが全開)というほぼ野外で大泉さんの料理はつくられ、ここで半生のエビの頭を食べまくった安田さんは海老アレルギーになってしまったそうです。

安田さんの伝説はここで終わりますが、番組自体はこの後に今では信じられないことをしでかして伝説を作ります。それは大泉さんが女性アナウンサーにも料理をふるまった縁でどうでしょう一行は朝の生放送に緊急生出演が決まりますが、泥酔した一行はonちゃんの頭をひたすらひっぱたくという醜態をさらすというもの。

生放送終了後のスタジオには血の気の引いた顔のプロデューサーが駆け付け、藤村Dは始末書を書かされたそうです。急遽とはいえ泥酔した状態で朝の情報番組に出演しマスコットキャラをひたすらひっぱたく…リアルタイムで観ていた視聴者もヒヤヒヤしたことでしょうね。

安田顕さんの伝説 onちゃんの状態で大泉さんとしばき合い

着ぐるみの中身をバラし、罵声を浴びせ、殴る蹴るという暴行をはたらくというのはタブー中のタブーですが、中身が安田さんで番組がどうでしょうならそれもお構いなし。大泉さんは安田さんが入ったonちゃんにこれらのすべてを行い、安田さんもプロレス技で応戦するというシーンは番組内ではおなじみですね。

安田顕さんのドラマでの名脇役ぶり

番組の知名度が上がるにつれ安田さんの知名度も上がっていきます。どうでしょう終了後は劇団ユニットTEAM-NACSのメンバーである安田さんは大泉さん同様多くのドラマで引っ張りだこの人気俳優へと大出世します。

安田さん出演の話題作といえば『SPEC』や『下町ロケット』などがありますね。ドラマでの安田さんは水曜どうでしょうでの暴れぶりや面白さを忘れるほどの熱演ぶりですよね。その起源が誘拐ドッキリのとばっちり…、人生は何が起こるかわかりませんね。

安田顕さんまとめ 水曜どうでしょうの名脇役

安田顕さんのどうでしょうでの活躍などをまとめました。安田さんがお好きな方はおそらくその起源であるどうでしょうを観たことがある方がほとんどだとは思いますが、観たことがないという方はぜひ視聴をおすすめします。

水曜どうでしょうはローカル番組から全国へ名をはせた伝説の番組ですが、現在も数年おきに新作が放送されています。次の新作ではかつてのような大泉さんや安田さんたちの秀逸なかけあいが見られると良いですね。