滝沢カレンの変な日本語はわざとなのか!?真実を知る母親の証言とは?

ハーフということもあり抜群のルックスを持つ滝沢カレンさん。彼女はハーフタレントにおなじみの変な日本語を駆使しているのですが、それはわざとではないかと疑問に思う方もいるようです。そこで滝沢カレンさんの変な日本語はわざとなのかそうでないのか検証してみました。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

滝沢カレンの日本語が変!?

今、滝沢カレンさんの日本語がおかしいと話題になっていますね。それもまったくデタラメな日本語を使うわけではなく、言いたいことはなんとなくわかるけれど正しくはない日本語を使うので人々を笑いに誘います。

「絶対にハンバーグ! 他の料理も“遠回り”作れます」とヘンテコ回答。他にもロン毛の人を見て、「鬼になってる」と発言。どうやら「お似合い」と言いたかったようだ…。

http://www.news-postseven.com/archives/20171208_635524.html

日本語を正しく使うことはできていないものの、ある意味センスのいい回答をしています。滝沢カレンさんはこの他にもテレビ番組などで驚きの日本語を披露し、人を笑顔にしています。変な日本語は彼女の魅力の一つになっているのですね。

ハーフタレントはわざと変な日本語を使う

日本語に慣れていれば流暢な日本語が話せるはずです。しかしハーフタレントは日本語に触れて日が浅かったりするのでなかなか上手に話すことができない人もいて当然でしょう。日本語が変になってしまう理由はわかります。

しかし長年日本に住んでいるハーフタレントがいつまでも日本語に慣れないというのは理解に苦しみます。よっぽど日本語との相性が悪いのかあえておかしな日本語を使っているかのどちらかでしょう。

ハーフタレントのローラさんも独特な喋り方で人気を博しましたが、あの喋り方を普段からしているようには思えません。芸歴は長いのですからとっくに日本語の扱い方をマスターしているはずです。

わざと変な日本語を話すメリットとは

ではなぜハーフタレントがあえて変な日本語を話すのか、それはずばりキャラづくりのためでしょう。美しい人、スタイルが良い人というのは芸能界にいくらでもいるのです。容姿が整っているだけでは生き残っていけません。

女優はキャラをつくらなくても演技などで注目を集めることができますがタレントですとそうはいきませんね。ですから人の印象に残るようにキャラをつくる必要があるのです。そして、ハーフタレントはハーフという特徴があります。

手っ取り早くキャラをつくるならその特徴を活かして変な日本語を話してしまえばいいのです。そうすれば世間は日本語に不慣れなハーフタレント、面白いことを言うハーフタレントとして認識するでしょう。

わざと変な日本語を話すデメリットとは

ハーフタレントが変な日本語を話すことでかわいらしい、面白い、癒されると感じる視聴者はいます。ハーフタレントを支えているのはそのように好感を持ってくれる視聴者やファンでしょう。しかし反対に厳しい意見もあるのです。

頭が悪い、わざとらしい、あざといといった反感を持たれることもあるのです。確かに長くテレビに出続けているようなハーフタレントの日本語が一向に上達しないなんて違和感がありますから、わざとだと疑われるのも無理はありません。

それに加えて女性からの嫉妬もあるのでしょう。顔はかわいい、喋りもかわいいし面白いなんて女性からしたら嫉妬の対象です。相手が芸能人だろうと関係なく反感を買うでしょう。女性は嫉妬する生き物ですからね。

滝沢カレンはわざと変な日本語を話す?

本題の滝沢カレンの日本語についてです。滝沢カレンさんも変な日本語で人気を集めた他のハーフタレントと同様に、わざとおかしな日本語を使っているのではないかと疑問の声が上がっています。中には障害ではないかという意見もありました。

しかしわざとだとしたら滝沢カレンさんは相当頭が良いことになりますね。言葉の選び方が絶妙ですから賢くないと人を笑わせる発言ばかりできないでしょう。それに、滝沢カレンさんは自身のインスタグラムでも変な日本語を使っています。

テレビ番組で拝見する滝沢カレンさんとインスタグラムの滝沢カレンさんは変化がないので衝撃を受けますね。完璧なキャラづくりの可能性も否定できませんが、わざとだとしたらここまで徹底できないでしょう。

滝沢カレンの変な日本語に批判の声も…

現在人気のある滝沢カレンさんですが、100人いて100人全員に好かれる人なんていません。彼女にもやっぱり批判の声はあります。それも、彼女の魅力でもある変な日本語についての批判が多いですね。

「あのしゃべり方は確実に作ってるでしょ」「あざとさが感じられて、たどたどしくしゃべってるの聞くと不愉快」「おバカキャラ演じてるんでしょ? イライラする」といった声も。

http://www.cyzowoman.com/2017/06/post_143523_1.html

これは変な日本語を使うハーフタレントの宿命みたいなものでしょう。過去にもこういう批判を浴びたハーフタレントは大勢いますから致し方のないことと受け止める方が賢明ですね。そもそも一般人でも誰かに嫌われ悪口を言われるなんてことは当たり前ですから芸能人なら尚更です。

滝沢カレンを支持するファンもいる

全力!脱力タイムズでナレーションを務めた滝沢カレンさんですが、視聴者からはとんでもなく面白い、面白過ぎて辛いなどといった意見がありました。元々ファンだった人も、ファンではなかった人も皆面白いと絶賛していましたね。

腹抱えて笑ったという声もありました。多くのファンが滝沢カレンさんの発言によって笑顔になっています。人をそれほど笑わせることができるなんて大変素晴らしい才能の持ち主ですね。彼女が支持される理由はよくわかります。

滝沢カレンの日本語はわざとではない!母親が証言!

滝沢カレンさんの母親が行列のできる法律相談所に出演し、滝沢カレンさんの日本語が変な理由を明かしました。母親の宮沢さんは昔、ロシア語の通訳のお仕事をしていたそうです。そのお仕事のため小さい頃の滝沢カレンさんは日本語が片言のロシア人に囲まれていたのです。

そのせいで変な日本語を使うようになったらしく、自分のせいだと宮沢さんは告白しました。しかしその変な日本語で人気を得るようになったのですから、今の彼女があるのは宮沢さんのおかげですよね。

宮沢さんは現在、バレエスタジオのオーナーをしているそうです。滝沢カレンさんが小さい頃からお仕事を頑張ってこられた方です。働き者の母に育てられた娘の滝沢カレンさんも今、同じようにお仕事を頑張っていますね。

滝沢カレンのプロフィール

滝沢カレンさんはファッションモデルでありタレントです。26歳で血液型はB型、出身地は日本の東京都でウクライナ人の父親と日本人の母親を持つハーフです。父は母が妊娠中にウクライナに帰り、よって母親の宮沢さんがお仕事に奮闘し祖母が滝沢カレンさんを育てたそうです。

壮絶な過去ですね。母親の宮沢さんも子供のために必死に働いたのでしょう。父親がいないことで苦労することもあったでしょうがそんな素振りをみせず母も娘も元気に活躍しているのですから素晴らしいですよね。

驚くべき滝沢カレンの身長!あだ名はダースベイダー

滝沢カレンさんは小学校五年生の時すでに身長が168㎝もあったらしくついたあだ名はダースベイダーでした。確かに驚きの身長ですがダースベイダーというあだ名をつけた人にも驚きます。センスがありますよね。

徹子の部屋に出演した際、このことを話していますがいまいちうまく伝わらずそれがかえって面白いと話題です。ダースベイダーとはなにかを説明する滝沢カレンさんの言葉のチョイスが秀逸ですね。

滝沢カレンの特技は四字熟語

滝沢カレンさんといえば四字熟語といっても過言ではないくらい有名ですね。滝沢カレンさんの特技は四字熟語で人にあだ名をつけることなのです。笑いつつも納得のできるあだ名で注目を集めていますね。

明石家さんまさんに対しては圧倒的口数、出川哲朗さんには職業激痛、今田耕司さんは独身番長、東幹久さんは何故色黒などしっかりと相手の特徴をとらえているところが絶賛される理由ではないでしょうか。

秀逸なあだ名の数々

オードリーの若林さんにつけた印象皆無の四字熟語はしっくりきますね。初対面の人に言われたら落ち込んでしまうようなキツイ内容ですが、滝沢カレンさんのような悪意のないキャラが発すると面白く思えます。

人気アイドル嵐にも躊躇せず、二宮和也さんを趣味在宅、相葉雅紀さんを馬鹿脱皮などと大胆なあだ名をつけていました。滝沢カレンさんの恐れるものはなにもないとでもいうようなスタンスに好感を持つ方も多いはずです。

滝沢カレンの彼氏は?

滝沢カレンさんはあれだけのルックスを持っていることですし、恋を楽しむ年齢でもありますから当然彼氏もいるでしょう。2017年12月、フライデーにより都内のバーの店長との熱愛が報じられました。

変な日本語がウケ、バラエティー番組でブレーク中のモデルでタレントの滝沢カレンが、都内のバーの店長と交際していることを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-37423/

噂によると結婚も考えているそうです。選んだお相手といい、その他特に目立ったスキャンダルなどないところから滝沢カレンさんは冷静で慎重なタイプと思われます。結婚を考える年齢でもありますし、交際が続けばこのままお相手の男性と結婚する可能性は高いでしょう。

滝沢カレンはおバカキャラ?

滝沢カレンさんはおバカキャラという印象が強いのでしょうか。おバカキャラで有名なあの鈴木奈々さんとはライバル関係だという記事もあります。確かに変な発言をする人間が何人も出演する番組は見ている側も疲労しそうですから枠は限られているのかなと思います。

下ネタも辞さない天然キャラの鈴木だが、意外な「タブー」が存在するという。芸能プロ関係者が明かす。

「事務所の方針で、滝沢カレン(25)とは共演させないようです。理由は『キャラがかぶるため』。2人とも本業はモデルで、おバカなキャラを売りにしていますが、最近の注目度では滝沢が上。もし共演したら、完全に食われてしまいます」

https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180507/Asagei_103371.html

しかし滝沢カレンさんの場合はおバカなことを言うキャラというより日本語を間違ってしまうだけ、正しい日本語を正しいタイミングで使えないだけの気がします。鈴木奈々さんとはジャンルが異なるのではないでしょうか。

滝沢カレンの変な日本語はわざとなのか?真相は…

ハーフタレントで日本語がおかしいと反射的にわざとではないかと疑ってしまうのでしょう。そういう人間が少なからずいて、番組等で暴露してきた事実もありますから仕方のないことです。実際にそういうタレントもいるのです。

けれど滝沢カレンさんの変な日本語は母親である宮沢さんの告白もありましたし、インスタグラムでもおかしな日本語を使用していますしわざとではない可能性が高いでしょう。子供の頃身についた変な日本語をそのまま使用しているだけなのではないでしょうか。