嵐・大野智の絵の才能が天才だと話題に!!画像で紹介していきます!! エンタメ

嵐・大野智の絵の才能が天才だと話題に!!画像で紹介していきます!!

アイドルグループ嵐のリーダー大野智は絵が非常に上手いと注目を集めています。大野智は個展を2度開催するなどその絵の才能は専門家からも高く評価されています。そんな絵が上手いと話題の大野智はどんな絵を描くのか個展で展示された絵の画像などを紹介していきます。

目次

[表示]

嵐・大野智の絵の才能が天才レベル?!

アイドルグループ「嵐」のリーダー・大野智は歌やダンスが上手いと評価されています。そんな大野智が個展を開くほど絵が上手いことはご存じですか?大野智はどんな絵を描くのか個展で披露された絵や番組の企画で披露された絵の画像を詳しく紹介します。

嵐・大野智が絵を描きだした理由は?

大野智は小学生時代から絵を描くことが好きでよく描いていたと語っています。大野智はまだ嵐が結成される前にジャニーズ事務所を辞めようと考えていた時期があり、その当時ジャニーズ事務所を辞めたらイラストレーターになりたいと情報収集を行っていたそうです。

絵が好きだった大野智は2008年と2015年の2度に渡り個展を開催するほど多くの作品を残しています。それほどまでに大野智が絵を描くことにのめり込んでいったのは仕事で悩んでいた時期に精神のバランスを保つために絵を描くことが効果的だったと明かしています。

大野智は時にゆっくり休息を取るより集中して絵を描いていた方がストレス発散になったと語っています。大野智の絵の才能は元々の器用さに加え、絵を描くことが好きで寝食を忘れて作品作りを続けたことで徐々に上手くなっていったのではないでしょうか。

大野智の絵が天才!画像で紹介!!

大野智の初の個展「FREESTYLE」が2008年2月に六本木ヒルズで開催されました。個展開催に先駆け同名のアート写真集も販売され大野智は絵が上手いと多くの人に知られるきっかけとなりました。大野智の初の個展「FREESTYLE」ではデフォルメされた人物の絵や、

細かく精密に描かれた作品などが展示されました。画像でも分かるようにその精密なタッチの絵の数々は完成までにかなりの時間が掛かったのだと感じます。絵は細かく描かれたモチーフが印象的で何度見ても新たに発見する部分が魅力的で繰り返して見たくなる絵だと思います。

大野智の絵が天才!画像で紹介!!②

また個展の目玉作品の一つとなったのは様々なモチーフを組み合わせて書かれたタツノオトシゴの精密画です画像では分かりにくいかもしれませんが文字やキャラクターなど様々なモチーフを細かく組み合わせてタツノオトシゴの形を描いています。

また個展「FREESTYLE」では絵だけでなく多くのフィギュアなどの立体作品も展示されています。絵の画像で紹介したデフォルメされた人物をモチーフにしたフィギュアを様々なバリエーションで多数制作されています。

大野智の絵が天才!画像で紹介!!③

大量に制作されたフィギュアは画像で見ても迫力があります。またその他にも人間の顔を取り入れたフィギュアなど多数の作品が展示されていました。大野智の2度目の個展が開催されたのは前回の個展から7年後の2015年でした。

前回と同様にアート写真集の発売に合わせて個展「FREESTYLEⅡ」が開催されました。また東京での個展開催に先駆けて上海で前回の個展「FREESTYLE」で展示された作品と同じ内容で初の海外個展も開催され話題になりました。

大野智が2度目の個展開催!!

大野智の2度目の個展「FREESTYLEⅡ」の目玉となった作品は2枚の犬の絵で細部まで丁寧に描写された絵でとても印象に残ります。また大野智は同じ犬種の犬の絵を2枚完成させていてそのサイズの大きさや繊細で上手い絵は度々ニュースなどでも取り上げられていました。

「FREESTYLEⅡ」では大野智の代表作の一つでもある怪物くんの絵も展示。また大野智が以前から得意としていた細かな描写の絵の新作も多数展示されていました。7年前の「FREESTYLE」から絵のタッチなどは変わっていませんが成長や変化を感じれる個展となりました。

大野智の天才絵が大空に!!

日本航空(JAL)の航空機に嵐のメンバーの画像がプリントされた特別塗装機「嵐ジェット」は過去に何度も登場し話題になっていました。2015年6月から就航された「嵐ジェット」の第4弾となる「JAL FLY to 2020 特別塗装機」では嵐の写真画像に加え大野智がデザインした絵も。

「JAL FLY to 2020 特別塗装機」では2020年東京五輪を応援するという意味が込められていたため、画像を見ると5色の虹の間に富士山や竹などの日本を代表するモチーフや鮮やかな花の絵などが描かれた華やかなデザインとなっています。

個展で展示されていた大野智の絵はどちらかと言えば少し暗い配色の絵が多かったですが嵐ジェットの絵ではカラフルな色が使われています。そんな中でも細かなモチーフを組み合わせるという大野智の絵の特徴がかなり活かされていますね。

大野智が有名アーティストとコラボ!!

個展で展示されていた大野智の絵はどちらかと言えば少し暗い配色の絵が多かったですが嵐ジェットの絵ではカラフルな色が使われています。そんな中でも細かなモチーフを組み合わせるという大野智の絵の特徴が活かされています。

2004年では嵐が初めて24時間テレビのメインパーソナリティを務めました。大野智デザインのチャリTシャツの画像を見るとメインテーマ「あなたの夢はみんなの夢」を英語にした文字をメインに小さい子供が大きなバーバルを持ち上げている絵が描かれています。

2012年には嵐が3度目の24時間テレビのメインパーソナリティに抜擢されています。この年のチャリTシャツやグッズのデザインは大野智と奈良美智がコラボした絵が使われています。奈良美智はかわいい女の子が印象的な絵を描くアーティストです。

大野智が有名アーティストとコラボ!!②

2013年は2年連続4度目のメインパーソナリティを嵐が務めました。2013年のチャリTシャツは大野智と草間彌生のコラボした絵が使用されました。コラボした草間彌生は多数のドットを使用したデザインが特徴的で鮮やかな色彩の絵が印象的な日本を代表するアーティストです。

完成したチャリTシャツの画像を見ると草間彌生の描いた花の絵の周りに大野智が細かなモチーフの絵をたくさん描いていることが分かります。また背面に使用された絵は草間彌生が描いたハートの周りに大野智が細かなハートをいくつも描いています。

2011年に嵐の冠番組「嵐にしやがれ」のコーナーでイラストレーターの中村佑介と大野智がガッツリ絵でコラボしています。中村佑介は人物を中心にした色鮮やかな配色が特徴的でCDジャケットや書籍のイラストを多く描いています。

大野智が上手く絵を描けるコツを語る!!

大野智がどうしたら絵が上手く書けるのかTOKIOの長瀬智也に聞かれて上手い下手はないと答えています。何かを描いたらそれはもうその人の絵だから上手い下手は考えたことがないと答えています。大野智は絵を習ったことはなく独学で絵を描いていることも答えています。

そんな大野智が緻密な絵を描く秘訣を聞かれ「見たままをそのまま描く」と答えています。大野智はみんなはスプーンの絵を描いてと言われると先入観で絵にアレンジを加えてしまうと語り、大野智はスプーンの絵を描く時には細かく反射部分や影まで精密に描き写すことで、

リアリティのある絵が描けると語っています。見たままをそのまま描くというのは絵を立体的に見せるために本来に重要なことですがすぐに出来る人は少なく高い技術が必要だと思います。絵の勉強をしたことのある人は本来繰り返しデッサンを描くことでその技術を身につけていきます。

大野智の絵が天才!!画像のまとめ

大野智の絵の画像を多く紹介してきましたが本当に絵が上手いと感じました。個展を開催するだけではなく多くの有名アーティストとコラボしその才能はコラボしたアーティストからも高く評価されています。大野智にとって絵を描くことは睡眠と同じように、

自分のストレスを解消してくれる行為だと語っていますから今後も絵を描き続けていくのだと思いますね。新しい作品が溜まってきた時に3度目の個展を開催して欲しいと思います。大野智の絵の才能が今後どうなって行くのか期待が集まります。