浅野忠信とCharaの息子HIMIとは?モデル?俳優?ミュージシャン?

芸能界随一の個性派夫婦だった浅野忠信さんとCharaさん。その2人の子どもたちである息子HIMIさんと娘SUMIREさんもまた、やはり当然のように、個性派に育ったようです。今回は息子のHIMIさんにスポットを当ててまいりたいと思います。

浅野忠信とCharaの息子HIMI、その素顔とは・・・

浅野忠信さんとCharaさんは1995年に結婚し、同年に娘SUMIREさんが、そして1999年12月19日に息子HIMIさんが生まれました。SUMIREさんとは4つ違いですが、そのお顔立ちは少し似てないと噂になっています。どちらかといえばSUMIREさんはCharaさん似で、HIMIさんは浅野忠信さん似でしょう。

HIMIさんは東京生まれで、住所としては世田谷区等々力なのではないかと言われています。ちなみに近くには哀川翔さんのご自宅もあるそうです。たまにカブトムシが家に飛んでくると、Charaさんが言っていましたが、哀川翔宅のものではないと哀川翔さんが否定していました。

Charaさんは娘のSUMIREさんを連れて、UAさん親子とともに等々力近辺を散歩してらっしゃったという目撃情報もあることから、引っ越していなければ、等々力あたりに今もお住まいのようです。等々力あたりは比較的緑も多く、静かな住宅街なので、HIMIさんもSUMIREさんもいい所で育ちましたね。

浅野忠信の現在の彼女は妻はいたのか?歴代の彼女が凄すぎる!!

浅野忠信とCharaの息子HIMI、学歴は?

HIMIさんは、中学・高校時代はインターナショナルスクールに通っていらっしゃったようです。様々な噂が飛び交ってはいますが、アオバインターナショナルスクールに通っていたのではないかというのが一番有力のようです。結構、芸能人のみなさんは子どもをインターナショナルスクールに行かせたがりますよね。

普通の学校では、グローバルな視点や柔軟なものの考え方が身につかないから、という理由で通わせる親御さんも多いですが、浅野忠信さんとCharaさんもまた、子どもたちには自由な発想を持って育って欲しいと思ったのでしょうかね。

そして、HIMIさんは高校を卒業してから、1年間オーストラリアに留学をしています。インターナショナルスクールで身についたであろう英語力で、さらにひとまわり大きくなって帰国してきたことでしょう。あのお2人の血を受け継いでいますから、どのような感性をお持ちなのでしょうかね。

浅野忠信とCharaの息子HIMI、モデルデビュー⁈

HIMIさんはオーストラリア留学からの帰国後、浅野忠信さんと同じアノレという事務所に所属しました。アノレの事務所といえば、浅野忠信さんのお父様が代表を務めていらっしゃいましたが、先日、覚醒剤取締法違反でお父様が逮捕されてしまったので、少し有名になってしまいました。

そして話題になったのが、2017年、父親である浅野忠信さんと姉のSUMIREさんとともに3人で、ラフォーレ原宿の新キャンペーンのビジュアルに選ばれました。親子3人ということに加え、HIMIさんはこの時が初めてのメディアでの披露だったので、たくさんの注目を集めました。これがモデルとしてのデビューになりますね。

俳優浅野忠信の父と娘のまとめ!父が逮捕されたのは事実!?

浅野忠信とCharaの息子HIMI、本名は佐藤緋美!

先ほどからずっとHIMIさんと呼んでいますが、本名は一体なんなのでしょうか。HIMIさんの本名は「佐藤緋美」(さとうひみ)さんと言います。とても珍しいお名前ですね。姉のSUMIREさんといい、本名をそのままローマ字にして芸名にしているようです。

では、由来はなんなのでしょうか。これははっきりとした情報がないので、推測になりますが、「緋」という字は鮮やかな赤色という意味がありますので、美しく鮮やかに生きて欲しいというのと、翡翠(ひすい)から字をとりたかったが翡が人命漢字ではない為「緋」にしたのではという説があります。

どちらにせよ、人生を明るく美しく彩るようにとの思いが込められている気がしますね。一見、女の子のような名前にも見えますが、とても素敵なお名前です。個性派夫婦の子どもにぴったりといった感じがします。

HIMI、母Charaの影響で音楽を始める

HIMIさんの母親は何度も言っていますが、言わずと知れた、個性派シンガーのCharaさんです。なので、幼い頃から音楽に触れて育ってきました。ドラムやギター、ピアノもこなします。ちなみにCharaさんのアルバム「JEWEL」の中の「世界」という曲で、ドラムで参加しています。

この親子コラボレーションは、たまたまその時のレコーディングスタジオが家から近かったのもあり、バンドもCharaさんとの付き合いが長く、気心知れたメンバーだったこともあって、「やってみるか?」となったそうです。Charaさん曰く、日頃からやってみたいとHIMIさんが狙っていたとも言っていました。

HIMI、父浅野忠信の血も受け継ぎ、俳優にも⁈

そして、HIMIさんは父浅野忠信さんと同じ俳優にも挑戦しています。デビュー作は、詩人寺山修司作の「書を捨てよ街へ出よう」を舞台化したもので、なんと驚きの主演です。この「書を捨てよ街へ出よう」は、1967年に寺山修司さんが発表した評論で、のちに寺山修司さんが監督で映画化もされた有名作品です。

そして、主演のHIMIさんの役どころというのが、とても難しいもので、万引き常習犯の祖母を持ち、父は無職で、妹は引きこもり、そんな家族と廃虚のような貧乏長屋で暮らす主人公の「私」を演じています。冒頭から、1人で方言を使いこなしながら情緒溢れる「語り」をします。

浅野忠信の息子HIMI主演の舞台とはどんな作品?

これは実際に見てみないと、この世界観は伝えづらいのですが、人間の深いところを飾らず表現しているような作品になっています。いきなり、こんな凄い作品の主演に選ばれるなんて、どうしても親のコネを疑ってしまいますが、HIMIさんはちゃんとオーディションに受かっての主演なのです。本当に凄い!

浅野忠信とChara、HIMIが俳優デビュー、2人の反応は?

HIMIさんが舞台での俳優デビューが決まった時、親である浅野忠信さんとCharaさんはどう思っていたのでしょうか。まず父浅野忠信さんにHIMIさんが俳優デビューを伝えたところ、「良かったねー、見に行くよー」とそれだけだったそうです。なんか寂しいですが、浅野忠信さんらしいといえばそうかもしれません。

次に母Charaさんからは、「頑張ってね!」との激励があったそうです。お2人ともそんなに言葉は多くなく、意外?とあっさりしたものだったようです。ただ本人は「俳優も音楽もどちらもやっていきたい」と言っておられますので、やりたいこともお2人にそっくりですね。

浅野忠信の息子HIMI、俳優デビューのきっかけは?

そもそもどうして俳優デビューに至ったのでしょうか。それはマネージャーからこのオーディションの話を聞き、本人は「前から興味を持っていた分野だった。誰にも相談せず、受けることを決めた。父の影響もあったし、やるなら今しかないと思った」とのことです。

それで見事に主演を射止めるのですから、さすがの一言です。演出を務める藤田貴大氏いわく、「むき出しだったから」とのことで、この舞台にぴったりだったし、やはり俳優浅野忠信さんの血を受け継ぎ、演技に迫力があったのかもしれませんね。

浅野忠信とHIMIのまとめ!

いかがでしたでしょうか。今回は浅野忠信さんとCharaさんの息子HIMIさんに注目してみました。お顔立ちもどこか唯一無二の味がありますし、俳優として、そしてミュージシャンとして今後どのような活躍をされるのか、楽しみでしかたありません!