内田理央さんのメイク方法、コスメとすっぴんについて調べました!

雑誌「MORE」の専属モデルでもある内田理央さんです。モデルのほかに、女優としても活躍しており多くのテレビ番組で見る機会があります。女性誌「MORE」の専属モデルも務めるモデル兼女優さんです。。「りおたん」や「だーりお」などの愛称で親しまれています。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

メイクを参考にしたい!内田理央さんとは?

  • 生年月日 1991年9月27日
  • 出身地 東京都
  • 身長 166cm
  • 趣味 漫画、アニメ、ゲーム
  • 特技・資格 イラストを描くこと、のり巻きをきれいに巻けること

仮面ライダー ドライブでは晩熟〔おくて〕で清純派の婦警・詩島霧子〔しじま・きりこ〕役を演じブレイクした内田理央さんが、今度は何と、過激な悩殺ふんどし姿で週プレ(週刊プレイボーイ)の誌面を沸かせています。小見出しが「歴史を変えるふんどし姿!」です!雑誌「MORE」の専属モデルでもある内田理央さんです。

内田理央さんのすっぴん!

見た目からは想像できませんが、彼女のすっぴん姿はとても綺麗でしかも、オタクの要素も持っているらしくギャップがすごいです。ファンの方からは「雰囲気が変わりすぎて、別人みたい!」「センター分けも可愛いです!」「すっぴん綺麗すぎるでしょ」など納得の称賛であふれました。

内田理央さんといえばこんなメイク、コスメ!

もともとメイクが好き!という内田理央さん!1つ1つのパーツがハッキリとしているため、TPOに合わせて濃いメイクをしてもナチュラルメイクをしてもとってもお似合いです。テレビで見る内田理央さんといえばナチュラルメイクをしていることが多いですが、実はモデルとして活動するときには様々なメイクアップをしているようです。

内田理央メイク方法やコスメのポイントは?

モデルに女優と忙しい内田理央さんですが、メイク好きということもあり、普段からメイク研究はもちろん、お肌にも気を使っているそうです。いつもと違う肌になったときには、その悩みに合わせて化粧水などを使い分けているということで、とっても美意識が高いのがわかります。

そんな素敵な肌にするにはなんといってもくまやくすみなどの肌悩みをしっかりと消すということが重要です。肌悩みを消すときには、「コンシーラー」や「コントロールカラ―」など、肌悩みに合わせてアイテムを使いこなすことが大切です。

内田理央さんはツヤ感のある肌!コスメ特徴

また、内田理央さんはツヤ感のある肌をしているため、ベースメイク前にはしっかりと保湿ケアをしてから、ファンデーションを少しずつ塗り、フェイスパウダーなどで仕上げて、ツヤ感を出しましょう。スキンケア効果の高いファンデーションを使うとより、簡単にツヤ感のある肌になるので試してみてもいいです。

前髪で隠れてしまっていることも多い内田理央さんの眉ですが、実はしっかりとした形の眉をしています。そのため、実際メイクアップをするときには形を整える程度かもしれません。そんな内田理央さんの眉にするには、ナチュラルな太眉ストレートにしていきます。

ナチュラルな内田理央風の眉!

眉頭から眉尻にかけて太さを変えないように仕上げて書きます。長さは目尻を過ぎるくらいに仕上げます。このとき、眉山をしっかりと書くことで、よりナチュラルな内田理央風の眉となりますので、ポイントとして押さえておきます。

内田理央さんのアイメイク方法!

様々なメイクアップの写真がアップされているインスタグラムですが、今回はよくテレビで見るようなナチュラルメイクの内田理央風メイクを紹介します。アイラインは、上ラインは目のキワに沿ってラインが少し見える程度の太さで引きます。

このとき、目尻から少しはみ出るくらい長めに引いてデカ目に見えるように仕上げるのがコツです。アイシャドーは普段肌になじみやすいブラウン系を使うことが多いです。色が少し映えるくらいの濃さで入れていき立体感を出すようにいれていきます。

内田理央さんの涙袋のメイク方法

また、ブラウンシャドーで下ラインをぼかすように書くようにし、横にも縦にも目が大きく見えるように仕上げます。涙袋部分には、明るいカラーのアイシャドーを涙袋に入れて涙袋をふっくらさせます。涙袋があまりない人は、涙袋の境にブラウンのシャドーを入れて影を入れるといいです。

また、まつ毛はマスカラでロング感とボリューム感を出していきます。また、下まつ毛にもしっかりとマスカラをつけます。下まつげにマスカラしないと印象が変わります。19歳の頃の懐かしのグラビアショットを公開しましたが、「謎にまつ毛長い…」と評判でした。

内田理央さんのリップ?

リップは、ピンクベージュ系ピンク系などを使うことが多い内田理央さんです。ただ、どの色のリップを使うときも、しっとりとしたナチュラルなツヤ感を出すことが多いです。そのため、ツヤ感を出すときには保湿用リップでしっかりと保湿をしてからグロスや口紅などで色を重ねます。

内田理央さんが実際に愛用しているDiorールージュディオールリキッド625です。このシリーズのリップはカラーバリエーションが豊富で、自分の唇に合う色を探しやすくなっています。さらに、色が長時間発色しやすいので、なかなかメイク直しができないなんて人にもおすすめです。

フェミニンな雰囲気で大人っぽい印象

色を乗せるだけではなく、保湿効果も抜群なので持っていて損はしないアイテムです。1度使ってみる価値ありです。リップを濃くするとフェミニンな雰囲気で大人っぽい印象になります。子供っぽくなりすぎないメイクとなります。

内田理央さんのチーク!

チークはピンク系を使うことが多いです。入れ方として、頬のあたりに丸く入れるようにします。また、ほんのりと色が映えるくらいの薄さで、比較的ナチュラルにチークを入れることが多いです。血色がよく見えるような濃さを入れるには、少しずつチークを入れていくのがポイントとなります。

内田理央さんのハイライト!

ハイライトはあくまでもナチュラルに入れてきます。入れる部分は、鼻筋・おでこの真ん中・あご・目の下三角ゾーンに入れて立体感を出しています。ハイライトは入れすぎてしまうと、変に立体感が出てしまいバランスが悪くなってしまうので注意します。

内田理央さんのセルフメイクまとめ 1

ベースメイク前にはしっかりと保湿ケアを行い、その後くすみやくまなどの肌悩みはしっかりとカバーし、ファンデーションを少しずつ塗り、フェイスパウダーなどで仕上げて、ツヤ感のある肌質にします。

内田理央さんのセルフメイクまとめ 2

アイブロウはナチュラルな太眉ストレートで、眉頭から眉尻にかけてほぼ同じくらいの太さに仕上げていく。このとき、眉山をしっかりと書き、よりナチュラルな眉に仕上げます。アイシャドーはブラウン系を使い、色が映える程度の濃さで立体感を作っていきます。

また、下ラインとして、ブラウンシャドーを目頭から目尻にかけてぼかしながら入れます。涙袋には明るいカラーを乗せて、涙袋をふっくらとさせます。内田理央さんの眉毛は、濃く太いふさふさ眉毛です。 元の眉毛の量が多いこともあり、アイブロウを施しているのは主に眉頭と眉尾です。

内田理央さんのセルフメイクまとめ 4

アイラインは、目のキワに沿ってラインが少し見えるくらいの太さで上ラインを引き、目尻から少し過ぎるくらいの部分までラインを書ます。まつ毛は、マスカラでロング感やボリューム感を出していきます。下まつ毛にもしっかりとマスカラをつけます。

リップはレッド系やピンク系などメイク仕上がりに合わせて色を使います。どの色を使うときも、自然なツヤ感を出すように、しっかりと保湿ケアをしてから色をのせていきます。チークはピンク系を使い、頬のあたりに丸く入れて、血色がよく見える程度で薄めにいれます。

内田理央さんのセルフメイクまとめ 5

ハイライトは、鼻筋・おでこの真ん中・あご・目の下三角ゾーンに入れて立体感を出します。ハイライトをブラシにとり、目頭の間をサッと2往復します。ハイライトメイクは猫ひげのような入れ方です。猫ひげメイクで顔色もよくなります。ぜひ参考にしてみてください!