佐々木希の演技は下手?上手い?賞賛されている意外な理由とは? エンタメ

佐々木希の演技は下手?上手い?賞賛されている意外な理由とは?

佐々木希といえばモデルとして芸能界にデビューし、美人なことで男性からに人気がとても高いですが、女優としてドラマに出るようになってから評価が変わってきました。それは演技が下手すぎると言われています。そんな佐々木希さんの下手するぎる演技について紹介していきます。

佐々木希の演技は上手い?下手?

佐々木希さんは最近ドラマではよく見ますが、演技の方はどうなんでしょうか。ネット上で評判を見る限りあまり良い評価はされていないようです。出演する機会は非常に多いだけにより目立つのか女優と呼ぶには少々技術不足の感が否めないです。

しかし、それでも彼女がそこまで起用されるのはなぜでしょうか。そして、酷評をされていても人気がないわけではないのですが、やはり美人というとこが人気の支えになっているのでしょうか。そんな彼女の演技を詳しく見て行きましょう。

演技が下手といわれる佐々木希のプロフィール

佐々木希さんは、1988年生まれで秋田県秋田市出身の秋田美人です。2005年にショップ店員をしていたころに集英社の「週刊ヤングジャンプ」の全国縦断素人美少女発見グラビア「ギャルコンJAPAN」のスタッフが偶然見つけ、店長の許可を得て写真を撮影しその「ギャルコンJAPAN」にて初代グランプリとなりました。

史上初の快挙

2006年には、集英社の女性ファッション誌「PINKY」の「第2回プリンセスPINKYオーディション」でグランプリを受賞したことで、佐々木希さんはグラビアアイドル系のコンテストとファッションモデル系のコンテストのどちらでもグランプリを獲得したことになります。

読者層が若年男性と若年女性という全く異なる雑誌の両方でグランプリを獲得したのは、史上初でありこの快挙によって10数社の芸能事務所からオファーが来たと言われています。そして、「ヤングジャンプ」の愛読者であった当時のマネージャーによりトップコートに所属することになります。

佐々木希のその後の活動

トップコートに所属するにあたって勤めていたショップを退職し、上京して本格的に芸能界での活動を開始します。2007年には、集英社の少女漫画雑誌「マーガレット」にて佐々木希さんのシンデレラストーリーが漫画化されました。

また、集英社の「金のティアラ大賞」応援キャラクターとしても活動をしたり、「PINKY」の専属モデルとしても活動を開始し同誌には鈴木えみさんと初の表紙を飾りました。2008年にはタレント活動と並行して、2008年1月号の「PINKY」で初の単独表紙を飾りました。

夢の実現と世界進出!?

佐々木希さんは2010年に「PINKY」の休刊に伴い雑誌「non-no」のレギュラーモデルとなります。そして自身のブランドを立ち上げ長年の夢であったオンラインショップをオープンします。そしてアメリカの映画情報サイトにてランキング「最も美しい顔100人」で、日本人唯一で初の33位にランクインしました。

デイジー・ラックでの佐々木希の演技が下手すぎてひどい?

NHKで佐々木希さんが出演したデイジーラックがスタート前からあまり期待はされておらず、いざスタートしても原作漫画の醍醐味であるアラサーならではの心理描写が描き切れておらず、想定以上に酷評されています。

その上佐々木希さんの棒演技と言われている演技にも関わらずセリフが多いため、視聴者としてはドラマの世界に入り込めず評価が悪くなっています。このドラマでは唯一女優の夏菜さんだけが本人のキャラとドラマのキャラが重なり成立していると言われています。

佐々木希の演技は上手いとは言えないが・・・

2016年に放送された「世にも奇妙な物語」に出演した佐々木希さんですが、今までは「放送事故レベル」や「学芸会並み」とまで酷評されていましたが、今回の作品では上手いとは言えませんが、コミカルな演技や変顔など表現に幅が出てきていました。そして、ストーリーもリアリティが求められていない分良かったのかもしれません。

佐々木希が下手だがマシになった!?

佐々木希さんが出演したドラマ「ファーストクラス」では、元トップモデルの役を演じており少し意地悪な印象のキャラクターでしたが、もともとモデルとして活躍していた彼女ですのでそこまで役作りをする必要もなく自然とできたことで演技がマシになったと言われています。

本人は悩んでいたこともある

佐々木希さんは、ドラマを見た方から可愛かったよとビジュアルやキャラクターについて褒められることはあっても演技について触れられることがないことを悩んでいたことを打ち明けており、熊本地震の被災地で炊き出しをする姿にもそのルックスを称賛する声が多くあります。

佐々木希は悪女役が上手い!?菜々緒と肩を並べる日も?

演技が上手くはないが悪女役がハマり役として一躍女優として活躍している方がいます。今では皆さんもご存知の菜々緒さんです。菜々緒さんももともと演技が上手いとは言えませんでしたが、悪女役を演じて以降はハマり役として様々な作品に出演し、高評価を得ています。

視聴者も成長している

現在では視聴者も目が肥えてきており、ルックスだけのアイドル女優のような演技では満足せず酷評されるケースが多いです。それを象徴しているのが、少し地味なルックスだが、日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を2年連続して受賞している黒木華さんです。

佐々木希が上手いと「雨が降ると君は優しい」にて賞賛された?

佐々木希さんはHuluのオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」に出演し、新境地を開拓し賞賛されています。佐々木希さんは性嗜好障害の一つである「セックス依存症」という心の病を持った妻の役を演じています。

予告公開のシーンから玉山さんとの激しいベッドシーンがあり、佐々木希さんの演技に反響が集まっています。本編では対照的な二面性を繊細に表現できており、女優としての新たな境地を切り開いています。

佐々木希は女優をしたくない?

佐々木希さんは、2014年のgooランキングで演技が下手な女優ランキングで不名誉な1位に選ばれましたが、過去にはヒロイン役だがセリフがなかったり、遺影のみの登場になったりと演技を必要としない出演が続きました。

女優業はしたくない?

本人は女優業に興味がなくファッション関係の仕事を重視したいと考えているが、事務所は女優として佐々木希さんを育てたいようでドラマや映画の仕事をごり押ししているようです。また事務所のごり押しとあっては制作側も無下に断ることもできないと言ったところが本当のところではないでしょうか。

苦肉の策!?

事務所からの猛プッシュもあり佐々木希さんを出演させざるを得ないこともあるので、そのための苦肉の策として演技をカットする方向での出演となるのではないかと考えられます。また、バラエティ番組にも多数出演していましたが、可愛いだけと言われていました。

佐々木希の演技は上手い?下手?まとめ

佐々木希さんの演技が酷いと言われ大根女優とまで言われた彼女ですが、新たな境地を開拓し始めたところで佐々木希さんの演技に対する評価も変わってきています。佐々木希さん本人としてもハマり役が見つかったことで女優としての道も広がるのではないでしょうか。

結婚してから演技力があがったとも言われており、これから女優としても成長することでまだまだお茶の間を楽しませてくれることが期待できます。また、そのルックスも幸せオーラのおかげで可愛さがアップしたと言われています。