安藤サクラはブサイク?父親は奥田瑛二、母親は安藤和津のサラブレッド!

安藤サクラさんといえば映画「万引き家族」でも話題の、若手演技派女優の代表格です。そんな安藤サクラさんを検索すると「ブサイク」なんてワードも。ですが、なんとお父さんもお母さんも芸能界で働く芸能一家のサラブレッドでした!家族はどんな人たちなのか、調べてみました。

安藤サクラはブサイク?

安藤サクラさんを検索すると「ブサイク」なんていうネガティブな評判が目に飛び込んできました。演技についても一部では「へたくそ」という人もいるようです。しかし、彼女はブサイクでしょうか?個性的な顔立ちではありますが、決してブサイクではないと思います!

安藤サクラさんがブサイクだという人は、きっと彼女の演技を観ていないのだろうと思います。スクリーンの中での彼女は実物以上に輝いて見えます。ときには悪女、ときにはヒロインを演じては高い評価を得ています。

安藤サクラの家族がすごい!?父は奥田瑛二・母は安藤和津!

安藤家は芸能一家?

今をときめく実力派女優・安藤サクラさんはどんな家庭に育ったのだろうと調べていると、ん、お父さんもお母さんもなんだか見たことある・・・?それもそのはず!安藤サクラさんの父親は俳優で映画監督の奥田瑛二。母親はタレントの安藤和津だったのです!めちゃくちゃ大物じゃないすか!

安藤サクラの父親は名優・奥田瑛二

俳優・映画監督の奥田瑛二とは?

安藤サクラさんの父親はこの方、俳優で映画監督の奥田瑛二さんです!最近のテレビでいえばTBS系のドラマ「99.9」に出演していましたね。しかしこの奥田瑛二さん、俳優としても映画監督としても名の知れたすごい人だったのです!

奥田瑛二の経歴は?

奥田瑛二さんは大学進学を機に上京し役者を目指しますが、なかなか役に恵まれず不遇な時代を過ごしました。しかし1979年、日活の「もっとしなやかに、もっとしたたかに」で実力を認められ、「宮本武蔵」で又八役を演じて以降、テレビドラマにも活躍の場を広げ、様々な役を演じる人気俳優です。

映画監督としての奥田瑛二

奥田瑛二さんは映画監督としても42歳の時に一念発起して一旦挫折したものの助監督を経て2001年に映画「少女〜AN ADOLESCENT」で念願の監督デビューを果たした苦労人です。2006年の映画「るにん」では国内外の数々の映画賞を受賞するなど映画監督としても認められています。

安藤サクラの母親は有名タレント・安藤和津

母親・安藤和津もすごい人だった!

母親である安藤和津さんも芸能人です。TBSラジオの中継キャスターとしてデビューし、その後テレビリポーターやニュースキャスターも務めました。留学経験があることからCNNのキャスターを務めていたこともあります。

さらにすごいのは安藤和津さんの家系です。旧性は犬養で、あの元総理大臣・犬養毅の孫にあたるのです!子供の頃から非常に厳しく育てられたこともあり、聡明なお嬢様だったようです。奥田瑛二さんの父親も政治家だったといいますし、本当にすごい家系です。

奥田瑛二と安藤和津だけではない!安藤サクラの姉もすごい!

姉は映画監督・安藤桃子

さらに安藤家の芸能一家ぶりはそれだけでは収まりません!安藤サクラさんにはお姉さんがいますが、この姉も映画監督の安藤桃子さんなのです!どこまですごいのか、なにがすごいのか、正直もうちょっと分からなくなってきました!

安藤桃子さんは高校時代からイギリスに留学し、ロンドン大学芸術学部を次席で卒業します。その後、2010年に安藤モモ子名義で「カケラ」で映画監督デビューを果たしました。2014年、自らの小説「0.5ミリ」を映画化し、主演に妹である安藤サクラさんを起用して話題になりました。

安藤サクラの夫・柄本佑ってどんな人?

柄本佑も実力派俳優!

安藤サクラさんは2012年に俳優の柄本佑さんと結婚しています。この柄本佑さんとはどんな人なのでしょうか?経歴を調べてみると、映画「美しい夏キリシマ」でのデビュー後、コンスタントに数々の映画やドラマで活躍している人気俳優です。個人的には「64」での捜査二課課長役が記憶に残っています。

主役級の役が多いわけではないのですが、本当にものすごい数の作品に出続けていて、そのあたり父親である柄本明さんと共通点があります。非常に個性的な難役を演じることもありますが、持ち前の演技力でしっかりと演じてみせます。

柄本佑の家族もすごい!

父も母も弟も俳優の芸能一家!

柄本佑さんもまた芸能一家のすごい家族なんです。父親は名優・柄本明。母親は女優・角替和枝。そして弟も俳優の柄本時生。なんと全員俳優というすごすぎる家系です。食卓とかどんな感じなんでしょうか。もう映画を観てるようにしか思えないと思うんですが。

柄本明さんと安藤サクラさんは映画万引き家族で、同時に出るシーンはないものの共演されていますね。柄本明は駄菓子屋を営む店主の役なのですが、出番は少ないのに強烈な印象を残します。義理のお父さんと映画に出てるってすごいですよね・・・。

柄本時生が逮捕された事件の真相は?結婚は?嫁は?彼女は?

安藤サクラのおすすめ出演作!万引き家族ほか

万引き家族

いま安藤サクラさんをスクリーンで観るならこれしかないと思います。万引きをするほどの貧困生活を送る「家族」でリリーフランキーの妻役を安藤サクラさんが演じています。個性の強い女優陣の中ではありましたが、この映画でもっとも光るのは安藤サクラさんだったように思います。

虐待を受けていた子供を誘拐というかたちで引き取り、その子供に愛情を注いでいくのですが、その母性愛と疲弊していく生活を、説得力たっぷりに演じていて最高です。終盤、彼女が涙を流すシーンは映画史上に残るような名シーンだと思います。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

つづいては柄本佑さんとの出会いの場ともなったこの映画です。児童養護施設育ちである若者とその恋人の逃避行を描いた作品で、安藤サクラはジュン(高良健吾)の恋人カヨちゃんを演じました。切迫した若者たちの逃げ場のない逃避行とその果てに待っている結末が胸に刺さる一本です。

百円の恋

万引き家族以前の彼女の代表作といってもいいのがこの映画です。32歳のぱっとしない女性が毎日をサバイブしながら、ボクシングと恋愛に目覚めていく様を描いた作品です。とにかくヒリヒリとする緊張感と痛みに充ちた一本で、安藤サクラの表情が役作りなのか自然なのか分からないレベルですごいです。

安藤サクラプロフィール

安藤サクラさんは1986年2月18日東京都で生まれました。2007年、奥田瑛二が監督をつとめる映画「風の外側」に主演女優の代役として出演しデビュー。2009年、映画「愛のむきだし」でカルト教団の勧誘員を演じ、強烈な存在感を見せました。

2011年には「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」など立て続けに注目作に出演し、第84回キネマ旬報ベストテン助演女優賞を受賞します。その後、主演女優としても映画「百円の恋」などで高い評価を受け、テレビドラマ「ゆとりですがなにか」でもヒロイン役を熱演。主演映画「万引き家族」はカンヌ映画祭でパルムドールを受賞しました。

共に大物俳優の父の二世!安藤サクラと旦那柄本佑の子供は俳優界のサラブレッド!?

安藤サクラと両親や家族についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。安藤サクラさんは実はものすごい家族の下に生まれていたことを知って驚きました。また、芸能一家であるだけでなく留学経験など学業の方でも優秀で才色兼備の一家としても有名なようですね。

さらに夫である柄本佑さんの家系も芸能一家なんだから、これはもうすごいとしかいいようがない家族です。お正月とかみんなで集まったりするんでしょうか?どんな光景なのか一度でいいから観てみたいと思います。安藤サクラさんの「万引き家族」まだ公開中です!ぜひごらんください!