驚愕!板野友美の整形遍歴!高くなり続ける鼻とあごの角度の謎 エンタメ

驚愕!板野友美の整形遍歴!高くなり続ける鼻とあごの角度の謎

アイドルグループ・AKB48の元メンバーで、神7の一人としても有名な板野友美さん。彼女には以前から整形疑惑が付き纏ってきましたが、最近では、もはや疑惑ではなく確信できるレベルで顔が変化しています。今回は皆さんが気になる、板野さんの顔にまつわる噂に迫ります。

目次

[表示]

『悲惨!あごが…!?』板野友美:整形疑惑はガチ!?

前々から言われ続けてきた整形疑惑!?

最近メディアの露出がめっきり減った感がある板野さん。板野さんと言えば「昔と顔が全く違う」、「今もどんどん変わっていってる」と、とにかく顔がよく変わることで有名です。「検索バーに板野友美と打ち込めば必ず「整形」が関連にでてきますwこれってすごいですよね!みんなに認知された整形アイドルということですよね。
確かに板野さん場合、変わりっぷりがすごいんですよね!この上下の画像でも結構な差がありますよね。光の当たり方などもあるのでしょうが、ぜんぜん違う人です。こういったあからさまな変化がテレビに出るたびに確認されるので、もうこれは言われても仕方がないですよね。むしろ、本人としてはオープンなつもりなのかもしれません。

あごが悲鳴をあげている!!?

極めつけはやっぱりこのあごですよね。いきなり急激に細長くなりましたよねwとんがり方が尋常じゃないです。幼いころの丸いあごのほうがよっぽど自然です。板野さんはあごに対して余程強いコンプレックスを持っていたのがわかります。あきらかにやりすぎです。いつもドワーフのあごのように見えてしまい怖くなりますw

確かに可愛いですが…いやぁ、改めてどんどん変わっていくなぁと感じてしまいますね。どの画像もそれぞれ微妙に違いますよね。デビュー当時の顔はもう別件として(笑)、マイナーチェンジ以降も少しずつ変化していっています。一定期間でモデルチェンジを繰り返す、まるで車のようですねw

『悲惨!あごが…』板野友美:あごの中身はシリコン!?

画像の通り、デビュー当時は丸い輪郭だった板野さんですが、どうやら現在は、あごに「シリコンプロテーゼ」という拒絶反応の少ないシリコン製の型を入れて、形を造っているようです。この方法は傷跡が目立ちにくく、拒絶反応が少ないと言われており、有名女優やモデルにも好まれる、人気の手術法のようです。
ただ、板野さんの場合はちょっと極端ですよね。中に入っているシリコンの形が、くっきり浮き出ているのがわかります。通常のあごの尖り方ではないですよね。あきらかに不自然ですし、バレバレですよね。板野さん自身はどう思っているのでしょうか?バレても気にしない性格なのでしょうか?

鼻もずいぶんとスラっとしました!?

鼻も昔と比べて格段に高くなっていっています。これもおそらくシリコンプロテーゼによるものでしょう。鼻の長さも変わっています。だんご鼻から高く長い鼻になっています。こうしてみると現代の医療のすごさを実感しますよね。傷跡一つ無く、人の顔を造り変えているのですのですから、技術の進歩の速さがわかりますね。本当にすごい。
ただ、このプロテーゼ、衝撃に弱いという弱点があります。故マイケル・ジャクソンさんの鼻が取れて、けり転がされるパロディムービーが人気になりましたが、板野さんもこのままいじり続けると、悲惨な鼻なしアイドルなんて末路が待っているかもしれません。そうなる前に止めてくれることを願いたいですね。

『悲惨!あごが…』板野友美:鼻にブラックライトは✖!?

この、ぱるるとハグする板野さんの眉間あたりに注目してください。なにかが盛り上がったように白く光っていますね。これは額から鼻にかけて入れられているシリコンプロテーゼが、タイトに反射して光っているのです。このライトは白発色ですが、ブラックライトで照らすとさらに顕著にわかります。
こんな空間に板野さんがいたらどうなるのでしょうか。整形医がよく「ブラックライトでシリコンが光ることは稀だ」との見解を述べているのを見ますが、もちろんそれは加減の問題であり、板野さんのように、必要以上に挿入している場合は例外なのではないでしょうか。ライブ映像の中でも明らかにブラックライトを嫌っています。

ここまでして顔を変え続ける理由とは!?

何か、精神的な闇が心に巣くっているとしか考えられない暴走ぶりですよね。ただ逆を言うと美意識が高く、自己愛が強いことの現れでもあると思います。相当プライド高そうですね。絶対に負けたくないという根性の強さも垣間見えます。周りが見えなくなるくらい自分の”美”に酔ってるんでしょうね。
ここまでは、板野さんの凄まじい「顔面変貌遍歴」を見てきましたが、ここからは板野さんの簡単なプロフィールと、アイドルとして活躍してきた、彼女の主な経歴についても振り返っていきましょう。

『悲惨!あごが…!?』板野友美:プロフィール

生年月日:1991年7月3日 血液型:A型 出身地:神奈川県 身長・体重:154㎝・36.8㎏ スリーサイズ:上から75-55-78 靴のサイズ:22.5㎝ 所属事務所:ホリプロ 趣味:音楽鑑賞・寝ること・食べること 好物:米・納豆・キムチ・麺類・肉 特技:ダンス・エレクトーン・水泳・一輪車
板野さんは、『小学生の頃に「SPEED」のライブを観たことがきっかけで、アイドルを目指すようになった』と彼女のお父さんが語ってくれています。また、小さい頃にお父さんのギターカスタムの手伝いをしていたこともあり、エレキギターにも詳しいようです。トリンドル玲奈さんととても仲が良いようです。

モデル・女優としても大活躍!!

2008年には「Cawaii‼」の専属モデルとしてデビューし、これを皮切りにCM、写真集などモデルとしての活躍が本格化していきます。ファッションブランドの「サマンサタバサ」のイメージモデルに就任し、CMにも出演にも出演しています。2010年には「ベストジーニスト」にも選出されています。
その後は、自身がプロデュースするウエディングドレスのモデルを務めて人気を博すなど、さらに活動の幅を広げていきます。新たに女優にも挑戦し、「仮面ライダーW(ダブル)」や「もやしもん」、「BAD BOYS」などのドラマや、各出演ドラマの映画版にも出演し、2016年の映画「のぞきめ」では主演を務めています。

『悲劇!あごが…!?』板野友美:現在も整形は続行中!?

多方面で活躍するようになっても彼女の顔は変わり続けていきます。この画像にいたっては、もはや誰だかわからないですよね!?紛れもなく美人ですが、板野さんには見えないです。まるで韓流アイドルのような顔になっていますね。むこうでは整形は当たり前のようなので、日本よりも自然に整形を続けることができるような気がしますw

胸も急激に大きくなっている!?

顔だけではなく胸も以前よりずいぶんと大きくなっていることがわかりますよね?特に最近の画像では、巨乳グラビアアイドルと何ら変わらないほどの大きさを誇っています。まさか、自然に急成長しているということはないですよね!??まず間違いなくこれもシリコンのおかげかと思われます。
一般的な豊胸手術は、シリコンバッグといわれるカプセルを入れる方法が主流になっています。しかし日本人の体は欧米人に比べ、バストの組織自体が少ないと言われており、豊胸後のバストラインが不自然になりやすいとされています。また個人差にもよりますが、拒絶反応から、中のカプセルがどんどん固くなっていく事例が多くみられます。

20年後、彼女の顔、体はどうなっているのか!?

体中のシリコンが拒絶反応によって固くなり、パンパンに張った皮膚が悲鳴を上げ、永久的に整形を繰り返していくしか維持する方法がありません。もちろん年齢によって体型は変化していくので、その都度それに合わせた手術で造り続ける必要があるので莫大な費用がかかります。

『悲惨!あごが…!?』板野友美:もう卒アルは見れない!?

こちらがネット上でよく話題になる、板野さんの卒アル写真なのですが、現在の面影が微塵も感じられないですよねw顔のすべてのパーツが綺麗に生まれ変わっていますw確かにこれはご本人も観たくないでしょうね~まるで別人ですからねw
板野さん本人も整形を隠してる素振りはないですよね。ここまで変わってしまってはもはや言い訳はできないので、ある意味カミングアウトと受け取ってしまってもいいのかもしれませんねwむしろそうすることで高須クリニックなど、大手整形外科からのCMオファーが殺到しそうですよね。CMで儲けたお金でまた整形を繰り返しそうですがw

ある意味、鋼のメンタル(笑)

整形と疑われることを屁とも思わないとその精神の強靭さを評価すべきなのか、それともその精神が病んでいるからこそ整形をやめることができないのか、はたまたここまでやってしまった手前、後戻りできずに仕方なく続けているのか、いずれにしろ板野さんのメンタルはガッチガチの硬さを誇っていると言えます。
実際に現在でも、整形に対するバッシングと同じかそれ以上に「可愛い」「こんな顔になりたい」という声が多く寄せられているのがすごいですよね。常に新規のファンを獲得し続けているということですよね。完全に「板野ビジネス」としてモデルが出来上がっています。壊れるまで「可愛いお人形」を演じさせられるのでしょうか?

『悲惨!あごが…!?』板野友美:安室ちゃんになりたい!?

板野さんは以前から、憧れの女性像は?という質問に対して「安室奈美恵さん、浜崎あゆみさん」と答えていました。また外国人では「ヴィクトリア・ベッカム」とも語っています。最近の板野さんの顔を見ると確かに安室奈美恵さんに寄せてきているように見えませんか?

正直、元のヒラメのような顔ですと明らかに分不相応な憧れに感じてしまうのですが、現在の板野さんであれば安室奈美恵さんが相手でも引けを取らない美人ですから、納得できます。多少意味合いが違うかもしれませんが、「努力の賜物」と言ってもいいのではないでしょうか。

『悲惨!あごが…!』板野友美:これからは自身で作詞も!?

今年でAKB48を卒業して4年が経過した板野さん。なんと今年初めに発売された10作目のソロシングル「just as I am」では板野さん自身が作詞を担当。新しい分野にも挑戦しています。今までのダンスナンバーとは打って変わり、優しいアコースティックバラードナンバーで、成長した大人な板野さんを見ることができます。
そのシングル発売に合わせ、自身の4作目の写真集「Wanderer」も発売され、そちらでもまた新しく「造り変えられた」板野さんを堪能できます。顔はもちろん、胸やその他の体のパーツも新たに進化を遂げ、サイボーグとして、また一つ階段を上がっています。

マジで、誰これ!??

これもう板野さんのそっくりさんってレベルですよね~wメイクだけでここまで変えるのは難しいでしょうから、またマイナーチェンジしたんでしょうね。顔の方向性が変わりましたもんね。ギャル路線から、素朴な大人の女性という感じでしょうか。派手さが無くなり、大人っぽいパーツにうまく交換されています。

『悲惨!あごが…!?』板野友美:家族は何考えてるの!?

ここまで板野さんの「顔面変貌遍歴」と合わせて、彼女の勘違い発言や過去の活躍など、様々な角度から彼女を分析してきましたが、なんか、同じ人物を見てる気が全くしないので、不思議な気持ちになってしまいますよね。一年後にはまるで違う顔になっているので、変に新鮮な気持ちにしてくれるのです。

家族も金で丸め込まれてるのか?

彼女のことを一番に心配しているであろう、彼女の家族や両親たちはどう思っているのでしょうか?所属事務所や関係者たちの金儲けのために、自分の娘がサイボーグにされるなんて考えただけでも恐ろしいですよね。まぁ、それに応じた金銭はもちろん支払われているとは思いますが、親として心が痛まないのでしょうか?
家族さえも板野さんを「お金」としか見ていないとなると、彼女が抱える孤独は相当なものですよね。もしかすると自分も自分のことを「お金」と思い込むようにしていたのかもしれないですよね。そう考えると、ものすごく悲しい気持ちになりますね。

『悲惨!あごが…!?』板野友美:まとめ

なんか、こうしてみると、メンヘラ整形依存女子を特集したような、とんでもない内容になってしまいましたね。板野さんはこの先も「サイボーグアイドル」としての道を貫くのでしょうか?いいところで区切りをつけ、ちやんとした「人間」のアイドルとして活躍してほしいですねwやはり板野さんの身体が一番心配です。
ほどほどな整形具合の頃のほうが明らかに自然でしたので、これ以上手を加えるのは一旦やめて、原点に立ち返ってみてほしいです。人気の車種も必ず一度は復刻デザインを販売しています。板野さん担当のメカニックにも是非見習ってほしいところです。