ベストドレッサー賞を受賞?ドラマ校閲ガールのメガネ姿が可愛い石原さとみ!

日本テレビ系で放送されたテレビドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で主役を演じられた石原さとみさんが、校閲作業のメガネ姿が可愛いと話題になりました。実は以前にもメガネベストドレッサー賞を受賞されている石原さとみさん。ドラマでのメガネ姿を探してみました。

校閲ガールって?石原さとみさんのメガネ姿が可愛すぎる!!

ファッション業界を舞台にしたドラマの中で、校閲をする石原さとみさんはメガネをかけて、きりっとした姿で文章の校閲に挑みます。時にはコミカルに、またキュートに校閲という仕事に打ち込む真摯な姿を表現するアイテムとして利用されています。

こちらの全身スタイルです。細いフレームに丸い大きめのレンズのメガネになっています。髪をまとめて顔周りをスッキリとさせており、よりメガネの印象が強くなっています。このようにドラマの中では石原さとみさんのファッションもクローズアップされており、メガネもファッションアイテムとして重要な役割を担っています。

石原さとみさん主演の校閲ガールってどんなドラマ?

石原さとみさんが演じる主人公河野悦子は大手出版社でファッション雑誌の編集者になることを夢見て就職しますが、配属されたのは校閲部でした。文章や原稿などの内容の誤りや不備な点を直し訂正する部門です。華やかな出版業界のイメージの中で校閲の仕事は地味ではありますが、書籍を出版するのにはとても重要な仕事です。

ファッション雑誌の編集者を目指している女性の設定なので石原さとみさんが毎回ドラマで身につけている衣装も注目です。ドラマ中の場面転換の際には、次のシーンでの石原さとみさんのファッションが表示されるようになっているのが特徴であることからも、石原さんのファッションに力を入れているのが分かります。

石原さとみさんのプロフィール

  • 本名 非公開
  • 1986年12月24生まれ
  • 東京都出身
  • ホリプロ出身
  • 女優
  • テレビドラマ、映画、CM

2002年の第27回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し本格的に女優活動を始めた石原さとみさん。翌年の2003年には出演映画「わたしのグランパ」で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し順調に女優としてのキャリアを積んでいます。映画以外にもテレビドラマ、CMでも活躍されています。

TC Candlerが選ぶ「世界で最も美しい顔100人」2013年の32位で選ばれており、その美しさとスタイルの良さでファッションも女性達から注目され、ドラマやCMで着用するファッションも話題になっています。

石原さとみの美貌の秘訣は努力にあった!美容方法などをご紹介!

石原さとみさんメガネベストドレッサー賞を受賞していた!

メガネ姿が珍しいと思った方はいないでしょうか? 実は石原さとみさん、2014年に第27回日本メガネベストドレッサー賞を芸能界部門で受賞されています。日本メガネベストドレッサー賞は日本医用光学機器工業会が主催するもので「今メガネがもっとも似合う著名人」に送られる賞で1988年に第1回が開催され現在まで続いている賞です。

当時の受賞された方は他、メガネ特別賞が歌手のMay・Jさん、サングラス部門で道端アンジェリカさん、今後サングラスをかけて活躍してほしい人としてサングラス特別賞にAKB48、ほかに葛西紀明さん、甘利明経済再生大臣(当時)などがいらっしゃいました。特別賞は「今後メガネをかけてほしい人」に送られる賞となっています。

石原さとみさんのメガネ姿がキュート!東京メトロのCM

2016年の秋に東京メトロのCMでは、丸いメガネをつけている石原さとみさん。シリーズ化されたCMの南北線の王子駅編です。お札と切手の博物館などを見学する石原さとみさん。東京をもっと好きになってもらいたいというコンセプトに「Find my Tokyo」というキャッチコピーの演出にメガネがぴったりです。

他のドラマでも、さすがメガネベストドレッサー賞!

石原さとみさんのメガネ姿は他のドラマでも見ることが出来ます。2015年にフジテレビ系で放送の「5→9~私に恋したお坊さん~」というドラマです。共演は山下智久さん、速水もこみちさん、田中圭さん。海外に憧れの強い英会話教師主人公が僧侶とのラブコメディーです。正社員になるために猛勉強するというシーンでメガネをかけていました。

石原さとみがアンナチュラルでのネックレスや衣装今注目されている!?

石原さとみさんだけじゃない!校閲ガール出演者たちのメガネ姿

校閲ガールでは石原さとみさんのメガネ姿が印象的ですが、実は他の出演者さんたちもメガネ姿を披露しています。校閲部員のみなさんたち。河野悦子の先輩にあたる青木祥平役の松川尚瑠輝さん、坂下梢役の麻生かほ里さん、目黒真一郎役の高橋修さんが役としてメガネをかけています。

藤岩りおん役の江口のりこさんもメガネで出演しています。真面目で厳格な校閲部員として主人公の隣の机で仕事をしている先輩です。主人公とは合わないところもありますが、校閲の仕事が間に合わなければ徹夜で主人公の仕事を手伝うような、自分の仕事にプライドを持っている人物です。そういった役の説明にもメガネが役立っています。

石原さとみのメガネのブランドはZoffだった?

さて石原さとみさんメガネ姿を見ていると、どこのメガネを使っているの?と気になりますよね。実はZoffのメガネを利用しているそうです。5,000円台の低価格で業界に革命を起こしたZoffですが、若者にも人気なのが頷けますね。

ドラマ5時から9時までで利用していたメガネはZoff SMART のZJ41036というメガネだそうです。特殊軽量のプラスチックのフレームを使ったメガネで軽いので着け心地が良くかつ丈夫で壊れにくいという利用者の希望にかなったメガネになっています。

石原さとみさんのメガネ姿サングラス編

校閲ガールの役の姿でサングラスをかけてお財布と一緒におどける石原さとみさん。真っ黒なレンズに大きなフレームです。偶然お財布のデザインと同じになったので並んで撮影しているのですが、石原さとみさんの魅力的な唇を強調するような印象になっています。

ドラマやCMで大切なシーンやコンセプトを伝えるために使われているメガネですが、サングラスだとまた全く違う印象になります。こちらのサングラスは薄めになっているので、石原さとみさんの目が見えるので真っ黒なサングラスに比べて可愛らしく見えます。メガネの中でもサングラスはガラスに色が付くのでファッションとしての幅が広がります。

メガネベストドレッサー賞の石原さとみさんのように!メガネ選び

今はメガネもおしゃれアイテムのひとつとなっています。丸メガネが女子の間で人気ですが、全ての人が石原さとみさんと同じ丸いメガネが合うわけではありません。どういったものが自分に合うのかポイントを押さえていれば、自分に似合う丸メガネを選ぶことが出来ます。

メガネを選ぶ際に注意すべき点は二つです。レンズの真ん中に黒目がくるようにすることと、フェイスラインに合わせたフレームを選ぶことです。また太目のフレームとフレームなしでは印象もかなり違います。是非、メガネ屋さんへ行って自分にはどんなメガネが似合うのか色々と試してみて下さい。

メガネはその役の印象や演出に使われる重要な小道具となっています。また石原さとみさん本人もそれを理解してメガネを着こなしています。そういったところも注目して見るのも面白いと思いますよ。