星野源が使用しているギターが気になる!?使用機材を徹底解説! エンタメ

星野源が使用しているギターが気になる!?使用機材を徹底解説!

最近は俳優で大変人気の星野源さん。星野源さんは俳優をはじめる前からバンド活動をしていた事はご存知ですか?今でも時々主題歌を担当したりと音楽業でも活躍なさっているようですが、そんな星野源さんのギターが気になるという噂を聞きつけ、使用機材について調べてみました。

使用機材を徹底解説!星野源が使用しているメインギターは?

星野源さんのミュージックビデオや出演した音楽番組を見ていると、なんと!星野源さん。Gibsonのギターをお使いになっているんです。ギターをかじった事がある人ならだれでもわかるGibsonを愛用しているようです。

GibsonのES-125

アコースティックギターメインはGibsonのES-125です。このギター、結構弾きこなすことが大変なんですよ。元々Gibsonはハウリングしやすくて暴れん坊なギターが多く、特にこのES-125は中が空洞なので使う事がすごく難しいギターと言われています。

Gibsonのギターは主にロックで使われるエレキギターのレスポールが有名だったりしますが、星野源さん使用のES-125はフルアコースティックギターと言ってジャズやブルースで使われる事が多いギターです。しぶい音を好むこだわりのある方が使うギターです。

Gibson ES-335

セミアコースティックギターです。いわゆるエレキではこのセミアコがメインです。「恋ダンス」で話題になった人気楽曲「恋」のミュージックビデオでも使用されています。ハウリングが少なくロックからPOPまで多様なシーンで使う事ができるギターです。

使用機材を徹底解説!星野源が使用しているサブのギターは?

星野源さんがメインで使っているギターがGibsonのES-125だという事がわかりました。次はメイン以外で使用しているサブで使用しているギターについてもいくつかあるようなので調べていきましょう。

Cole Clark Fat Lady FL3A

コールクラークの最上位器種であるFL3Aを主にレコーディングを中心に使用しているようです。ドレッドノートのような大きい四角型ボディでパワフルで深みのある低音と音量があるので引き語りと相性が良い機材のようです。

Gibson B-25

「くだらないの中に」や「日常」のミュージックビデオで使用しているようです。ホディが小さ目でネックが細いところが特徴のアコースティックギターです。使っている木が厚めなので重量感があります。中音が綺麗に響きアルペジオで弾くと艶やかな音を出す機材です。

Martin O-18

アコースティックの中でも比較的小ぶりなボディが特徴のギターです。「くせのうた」のミュージックビデオで使用しているようです。フィンガ小さいギターながらもーピッキングの音がいい感じの機材です。

Takamine F312

Martin O-18と似ているアコースティックギターです。「夢の外へ」のミュージックビデオで使用しているようです。こちらも小ぶりで使いやすく、レトロな見た目も可愛くって良い機種です。

使用機材を徹底解説!星野源が使用しているアンプは?

星野源さんのギターの数々を解説してみましたが、次はそのギターに欠かせないアンプについても調べてみました。調べてみたところ星野源さんはアンプに関しては1つしか使用していないようです。

SHINOS AMP Luck6V

星野源さんのアンプは日本のプロミュージシャンから長年愛され、信頼されてきたシノーズ・アンプです。日本のメーカーさんのアンプです。星野源さん曰く「ちゃんと楽器の音がします」とのことです。

使用機材を徹底解説!星野源のギターの腕はどうなの?

星野源さんは俳優として活躍する以前からバンド活動をしていたのですが、インストゥルメンタルバンドだったという事もあり、普通のバンドと違ってリードする事が多くそれなりの腕前でないとギターを担当する事が出来ないと言っても過言ではありません。

使用機材を徹底解説!星野源はギター以外も弾く!?

実は星野源さん。そのインストゥルメンタルバンドで「マリンバ」も担当していたそうです。今現在でも星野源さんのコンサートに行くとギターだけでなく、マリンバの演奏も聴く事ができるそうです。

使用機材を徹底解説!星野源の使用しているマリンバは?

極貧時代マリンバを買うために努力していたという星野源さんですが、その後マリンバを購入したとは思うのですが、マリンバの情報はどこにもありませんでした。ちなみに、「化物」のミュージックビデオの中で星野源さんのマリンバ演奏が見れるそうです。

使用機材を徹底解説!星野源のマリンバの腕前は?

星野源さんのマリンバの腕前もギター同様かなりの腕前のようで、自身の楽曲に使われるマリンバは星野源さん自身が演奏しているそうです。また、マリンバ奏者として細野晴臣のステージにも立っているようです。本当に多才な方のようです。

使用機材を徹底解説!星野源のプロフィール

星野源さんは日本の音楽家、俳優、文筆家です。エッセイストやコラムニストとしての顔も持ち、複数の連載や刊行物を著しているマルチタレントです。音楽業の所属事務所はアミューズです。俳優としては大人計画に所属しています。

  • 本名:星野源
  • 誕生日:1981年1月28日生まれ
  • 年齢:37歳
  • 出身:埼玉県蕨市生まれ、川口市育ち
  • 身長:168cm
  • 血液型:AB型

人物

  • B’zの『LADY NAVIGATION』が星野源の音楽の原点のようです。
  • 実家は八百屋でしたが後にジャズバーを経営していました。(現在は閉店)
  • 2000年10月同じ高校出身の同級生と共に、インストゥルメンタルバンドSAKEROCKを結成しました。(2015年に解散)
  • 2003年の舞台『ニンゲン御破算』への参加をきっかけに大人計画事務所所属になりました。
  • 2007年『テレビブロス』9月1日号から、「細野晴臣と星野源の地平線の相談」を連載開始しました。
  • 2015年3月25日音楽活動でのマネージメントをカクバリズムからアミューズへ移籍しました。

使用機材を徹底解説!星野源がかつて所属していたバンドは?

ギターとマリンバの腕舞がかなり凄い星野源さんがかつて所属していてギターとマリンバを担当していたバンド、インストゥルメンタルバンドSAKEROCK(サケロック)についても調べてみました。

SAKEROCKとは

リーダーの星野源さんが同じ自由の森学園高等学校出身のメンバーを集めて、2000年に結成しました。インディーズレーベルカクバリズムに所属。バンド名の由来は、マーティン・デニーの同名曲からのようです。2015年6月2日、両国国技館でラストライブを行い解散しました。

メンバー

  • 星野源:リーダー。ギターとマリンバを担当していました。一部の楽曲ではマンドリンやスチールギター、ボーカルも担当していました。
  • 伊藤大地:ドラム、口笛担当していました。
  • 浜野謙太:通称“ハマケン”。トロンボーン・スキャット担当していました。
  • 田中馨:ベース担当。2011年12月26日脱退しました。ラストアルバム『SAYONARA』で復帰しました。
  • 野村卓史:キーボード担当。2002年に脱退しました。その後もサポートとしてレコーディングやライブ等に参加してます。ラストアルバム『SAYONARA』で復帰しました。

星野源が使用しているギターと使用機材を徹底解説!(まとめ)

星野源さんのギターやアンプ、マリンバ等の使用機材と星野源さんの楽器の腕前についていろいろと調べてみました。使用機材から星野源さんのただならぬ音楽へのこだわりが伝わってきました。同業者が唸る程の腕前を持つ星野源さんなので、俳優業だけでなく音楽活動についても注目していきたいですね。