あの濱田岳さんの子役時代!金八先生の出演時の演技が凄い!!

濱田岳さんといえば、その演技力に定評がありますよね!。最近では『わろてんか』の武井風太役やCMでの「金ちゃん」でもおなじみですよね。本格的な役柄から親しみやすいキャラクターまで演じきる。そんな濱田岳さんの俳優としての出発点はどこなのでしょうか?

濱田岳の子役時代がスゴい!

今や映画にドラマに大活躍の濱田さん。演技の実力はご存知のところですが、実はそんな濱田さんには子役の時代があります。そしてその頃から既に芝居の実力にはキラリと光るものがあったようです。今回は金八先生をはじめとする子役時代の濱田さんの活躍に注目してみました。その前にまずは濱田さんのプロフィールを簡単におさらいしてみます。

]

濱田岳プロフィールをおさらい!

  • 氏名:濱田岳(はまだがく)
  • 愛称:がっくん
  • 生年月日:1988年6月28日
  • 出身地:東京都
  • 身長:160cm
  • 活動期間:1998年〜
  • 配偶者:小泉深雪
  • 学歴:獨協高等学校中退

濱田岳、子役としてデビュー!!

9歳の頃に芸能事務所にスカウトされた濱田さん。1998年に浜田雅功さん主演のドラマ『ひとりぼっちの君に』で日比野雄大の役で子役デビューしました。両親に蒸発された小学生の役で、自立しようと万引きを繰り返す、生意気だけど根は優しい少年という難しい役柄を演じました。デビュー作とは思えない堂々たる演技をしていました。

濱田岳、俳優の活動休止の理由!

その後2000年までいくつかのドラマや映画やCMに出演をしますが、中学から高校の途中までのあいだラグビー部に所属してラグビーに夢中になるなどして、一時は役者としての活動を休止していました。ちなみに今でもラグビーはお好きなようで、J SPORTSの『ラグビーワールドカップ2015 ナビ』でナビゲーターもされてました。

濱田岳、金八先生に生徒として出演!評判の演技力(1)!!

ところが2004年、『3年B組金八先生 第7シリーズ』への出演をきっかけに、本格的に俳優の道を志すことになります。濱田さんは「狩野伸太郎」という生徒役で出演してました。薬物依存をテーマにした重い内容でしたが、クラスのムードメーカーとして引っ張って行くような演技で暗くなり過ぎずに救われることも多かったです。

濱田岳、金八先生に生徒として出演!評判の演技力(2)!!

濱田さんの演技はどれも印象深いです。「史上最悪の3B」といわれた3Bの生徒たちに金八先生が「話し合おう」とお得意の「長い語り」をし始めると濱田さん演じる狩野伸太郎が「話し合いだと言ってるのに一人で喋ってるだけ」と言い放ち、痛いところを突くことで金八先生と生徒達との距離感を表現する重要なシーンでした。

濱田岳、金八先生に生徒として出演!評判の演技力(3)!!

また八乙女光さん演じる丸山しゅうが、薬物依存になってしまった哀れな姿を目の当たりにした濱田さん演じる狩野伸太郎。「おい!何やってんだテメェは。おい、何やってんだよ!なんでだよ!何でドラッグやったんだよお前。何で覚せい剤やったんだよお前!」とドラッグが親しい人を壊してしまう憤りと悲しみを迫真の演技を魅せてくれました。

濱田岳、金八先生に生徒として出演!評判の演技力(4)!!

生徒の薬物依存の責任を取って辞任する覚悟の金八先生。他の先生や生徒達からも引き止められますが気持ちは沈んだままです。そんな金八先生に濱田さん(狩野伸太郎)が「あんたは誰だ?」さらに「あんた『金八先生』じゃねえのかよ?!」と胸ぐらを掴んで訴えかけます。金八先生を奮い立たせようとする濱田さんの芝居が光ります。

濱田岳、金八先生に生徒として出演!評判の演技力(5)!!

金八先生では卒業式の後に生徒一人ひとりに「贈る言葉」贈るのが恒例です。濱田さんは「新」の字を送られました。「立っている木を斧で切ること。そうすると樹木のいい香りがします。どうか香りのある男になってください。」との意味が込められてました。そしてこのとき濱田さんに「初めてあった時、私は君が嫌いでした」とも言っていました。
2014年1月20日放送の『ワイドナショー』に出演した武田鉄矢さん。このことについて東野幸治さんに聞かれ以下のように答えています。武田鉄矢さんは濱田さんのことを俳優として認めていたんですね。

「濱田岳っていうのは金八を混乱させる生徒なんですよ。どう見ても濱田は『金八』が終わっても俳優をやり続けるって予感がした子なんですよ。だから濱田に関しては最後まで役者であることを要求した。芸能界辞めていく子はだいたい分かっているから泣きじゃくればいいのよ。いい思い出にしてもらう。でも濱田は最後の一行まで粘って芝居する。だからヤツだけに泣くことを許さなかった。泣きで逃げるなって。みんな泣いてるのに自分だけ泣いちゃいけないっていうのは一番ツラい。ツラかったとは思うんですけど責任ですよね」(引用:AOLニュース)

濱田岳、金八以前の子役時代!ウルトラマンガイアの演技も評判!

濱田さん役者活動休止以前の演技も評判が高いのです。それは『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決』(1999)にも見ることが出来ます。濱田さんはウルトラマンが大好きな少年の役でした。同じ子役が多く出演するなか、間のとり方や表情の豊かさなどその演技力は抜きん出たものがありました。

濱田岳、金八以前の子役時代!平成夫婦茶碗の演技も評判!

濱田さんの演技をテレビで楽しませてくれた作品の一つに『平成夫婦茶碗シリーズ』(2000、2002)があります。このドラマでは貧乏子だくさんな金本家の長男の金本運を演じています。一作目では幼い面影を残しながらもしっかりとした長男を演じてます。続編では、大人になり始めた思春期の揺れ動く心を見事に表現していました。

濱田岳、『わろてんか』の裏話!

最近ではNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』の武井風太で人気を博しました。特に徳永えりさん演じるトキとの夫婦の軽妙なやりとりは人気でしたよね。実はこれには濱田さんのアドリブがドンドンと放り込まれているようです。しかしここにも濱田さんの考えがあったようです。

3月9日放送の『あさイチ』(NHK)のトークコーナー“プレミアムトーク”に濱田岳が登場した。過去の『わろてんか』の名シーンを振り返ったが、驚くべきは濱田のアドリブの多さだ。特に風太とトキのかけあいシーンはアドリブだらけで、VTRで登場した徳永えりいわく、「本当に好き勝手やられてます」とのこと。これに対し濱田は「唯一甘えられるのはおトキちゃんと伊能さん(高橋一生/37)」と話し、風太というキャラ設定を意識しながらアドリブを入れていたという事実を明かした。濱田のアドリブは、風太というキャラをより立体的に見せるためのものだったのだ。そしてこのアドリブは、風太だけでなく、トキを演じる徳永えりのアドリブを引き出すなど、周りのキャラクターにも生命力を注ぎ込んでいる。(引用:日刊大衆

濱田岳、釣りバカ日誌の浜ちゃん役に!

また濱田さんは『釣りバカ日誌』の浜ちゃんとしても有名です。この作品では、かつて映画で浜ちゃんを演じていた西田敏行さんがスーさんを演じることでも話題になりました。西田さんから主役のバトンを引き継いだことで作品の若返りを図ったのだと思います。ドラマはスペシャルを含め3本作られてますが、さらに続編が作られるのかも知れません。

濱田岳、時代劇でも光る演技!

濱田さんの活躍は現代劇だけではありません。映画では信長協奏曲(2016)で徳川家康、本能寺ホテル(2017)で森蘭丸を演じ、ドラマでは『寧々〜おんな太閤記』(2009)で豊臣秀吉をそして大河ドラマ『軍師官兵衛』(2014)の栗山善助を演じています。とくに『軍師官兵衛』では時代劇特有の重厚な演技も披露してくれました。

濱田岳、CMでも活躍!金八先生との共演も?!

CMも多く出演している濱田さん。なんと言ってもauの三太郎シリーズの金太郎の「金ちゃん」はすっかりおなじみのキャラクターになりました。濱田さんを見たら金ちゃんを思い出すという方も少なくないのでは?実は濱田さんの代表キャラなのかも知れませんね。
そして東洋水産の「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」のCMでは、あの金八先生こと武田鉄矢さんと共演をされています。金八先生は濱田さんが俳優の道を志すと決めた作品。当時そんな濱田さんに武田さんは俳優の才能を感じていました。時間を経ての共演に二人とも感慨深かったようです。

恩師から「一人前に成長した」と太鼓判を押され、涙をこらえる様子をみせた濱田は「先生と生徒という絶対的な関係ではあったので、(CM共演は)卒業生の気分」と感無量の様子。「いまやっと会えて『先生、あのときは怖かったっすね!』なんてやっと言える関係ですね。そういう意味でもホッとしています」と心境を明かしていた。(引用:ORICON NEWS)

いかがでしたか?子役時代の濱田さんの演技力の凄さ!その卓越した才能はこれからも進化してゆくのでしょうね。もしもDVDなどで昔の作品を観る機会がありましたら是非確認してみてくださいね!!その素晴らしい演技に引き込まれること請け合いですよ!!これからも濱田さんを応援してゆきたいですね!