原田知世は結婚していた⁈でも現在は離婚⁈子供は?理由は?相手は誰だったの?

現在放送中のNHK朝ドラ「半分、青い」で萩尾律(佐藤健さん)の母親・萩野和子役で出演している原田知世さん。奇跡のアラフィフと言われる彼女ですが、結婚していて、今現在は離婚している⁈子供はいたの⁈いろいろウワサがあるようなんです…調べてみました!!

原田知世 結婚して現在は離婚⁈相手は誰⁈

原田知世さんは確かに結婚していました!!2005年5月。当時彼女が37歳の時。交際中だった男性と結婚を発表しました!!お相手は「エドツワキ」さん。イラストレーター・アートディレクター・画家をれている方です。原田知世さんは結婚の発表を当時の公式ホームページにアップしています。

原田知世 結婚して現在は離婚⁈年齢は⁈

みなさまへ
五月の連休をいかがお過ごしですか?
突然ではありますが、みなさまにご報告がございます。
私、原田知世(37歳)は、昨日、イラストレーターのエドツワキさん(38歳)と
入籍、結婚いたしました。
昨年の秋に出会い、
その後、ふたりで温かな時間を過ごしながら、
それぞれがずっと探し求めていたパートナーであることを確信いたしました。
お互いにこれまで独身で過ごしてまいりましたが、
なんの予感もなかった、突然の出会いが完璧なタイミングで訪れたようでした。
これからはふたりの静かで穏やかな生活を大切にしていきたいと思っています。
これからも女優、シンガーとしての活動を続けてまいります。(引用:当時の原田知世公式ホームページ)

原田知世 結婚して現在は離婚⁈馴れ初めは⁈

原田知世さんとエドツワキさんの詳しい馴れ初めなどは、公開されていませんが2009年にリリースした原田知世さんのアルバム「eyja」にてジャケット制作や、ミュージックビデオの監督をエドツワキさんがされています。そこにご縁があったのかもしれないですね。

原田知世 の結婚相手はエドツワキ!!どんな人⁈

  • 本名 津脇栄彦
  • 1966年広島生まれ。
  • 学生時代に同人活動をしていた。
  • 1980年代の終わりから、ドロウイング、ペインティング、イラストレーション、アートディレクション、グラフィックデザイン、写真、服飾、美術、文筆等を手掛ける。
  • 首の長い独特のフォルムの女性の肖像画で知られる。
  • 「ヴォーグ(VOGUE)」や「ウォールペーパー」といった海外のモード誌に起用されている。
  • ファッションブランド、百貨店、広告など国内外で起用されているほど、その業界では有名。
  • 「PORTRAIT SERVCE」や、ライブペインティングなど即興絵画の製作も精力的に行っている。
  • 2006年11月6日にニューヨーク・ソーホー地区にオープンした「ユニクロ ソーホー ニューヨーク店」で、オープンに合わせて目玉商品となるTシャツをデザイン。
  • 下着のプロデュースや「nakEd bunch(ネイキド バンチ)」というブランドを立ち上げるなど実業家としても活躍。

原田知世 現在は離婚していた⁈理由は⁈①子供は⁈

2013年12月27日。原田知世さんは自身が出演するドラマ『紙の月(NHK)』の放送開始10日前くらいのこの日。公式ホームページ上でエドツワキさんと離婚したことを報告します。8年間の結婚生活で2人の間に子供は生まれなかったようです。

もともと私生活をオープンにしていなかった原田知世さんとエドツワキさん。原田知世さんはエドツワキさんと夫婦関係を解消した後も、尊敬しあえる友達として付き合ってと報告しています。泥沼離婚ではなくお互いに円満離婚だったと発表していますね。

原田知世 現在は離婚していた⁈理由は⁈②

「正直、ノーマークだったというか……。お2人の間にはお子さんも生まれず、原田さんの夫婦関係については、よいも悪いも含めて、ほとんど報じられませんでした」(芸能レポーター・城下尊之さん)

’05年5月の結婚から8年半。突然の発表に、芸能レポーターたちも驚いたという。離婚について、彼女は口を閉ざしたままだ。(引用・女性自身)

原田知世 現在は離婚していた⁈理由は⁈③

ではなぜ離婚したのでしょうか⁈理由があるから、夫婦関係を解消して離婚する訳ですよね。実は原田知世さんは子供を欲しかった!!しかしこればかりは思うようにいかなかった…そのことも離婚の原因では⁈と言われています。

原田知世さんは、子供の頃から芸能界で働いていたこともあり、結婚したら仕事を辞めて家庭を守って、奥さんとして静かに暮らしたいとの思いが強かったようなのです…確かに結婚後は夫婦の時間を優先させたのかめっきりメディアへの出演が減っていましたよね。

原田知世 現在は離婚していた⁈理由は⁈④

また別の関係者の話では、夫婦仲は冷めていたようで、かなり前から別居をしていたともウワサされています。その理由としては、結婚当時はエドツワキさんはかなり稼いでいた。(プロフィールからもわかるかと思います)

収入が激減⁈

なので、原田知世さんが仕事を控えめにしても十分余裕のある生活だったのです。しかし2011年3月の東日本大震災が起きてエドツワキさんはクリエイター仲間が被災地ボランティアをする姿を見て何か自分にできることをやりたい!!と行動したため収入が激減したとか…

ボランティアに没頭することは、悪いことではないにせよ、そうした夫も・エドツワキさんの価値観についていけず、原田知世さんは夫に対する愛が冷めていったとも言われているようです。確かに静かな奥さん生活を望んでいたんですもんね…

原田知世 現在は離婚していた⁈理由は⁈⑤姉の影響⁈

原田知世さんの離婚の決意の背中を押したのは姉の原田貴和子さんだとも言われています。姉の原田貴和子さんも2001年に結婚した一般人男性と2011年に離婚していたようです。さらに姉の貴和子さんにはお子さんが2人いました。シングルマザーの道を選択されたのですね。

自分も悩んでいた時に、姉の思い切った再スタートを目の当たりにして原田知世さんも自分の人生を見つめなおし、離婚という再出発の道を選んだのかもしれません。しかし憶測の域はでていません。ウワサの部分も多く、推測されています。

原田知世 現在は離婚していた⁈理由は⁈⑥変わった性癖⁈

原田知世さんを調べると、どうしてもこの「性癖」のワードにあたってしまいます。内容もいろいろらしいのですが、これはお笑いタレント・北野誠さんのラジオ番組が元になっているという説もあります…しかしまったく根拠がありません。

また当時原田知世さんのファンであり、付き合ったこともある吉川晃司さんがウワサを利用してこじつけでデマを流した!!なんていい加減な情報まで飛び交う始末。離婚した時にさらにこじつけで、特にネットでウワサがながれたようですが、真実とは言い難いですね。

原田知世 いままでとこれから

  • 本名: 原田 知世(はらだ ともよ)
    生年月日: 1967年11月28日
    出生地: 長崎県長崎市
    血液型: A型
  • 1982年『角川・東映大型女優一般募集』オーディションで特別賞を受賞し芸能界入り。
  • 1983年『時をかける少女』で主演・映画デビュー。
  • 1984年映画「愛情物語」「天国にいちばん近い島」主演。主題歌担当。
    1985年映画「早春物語」主演。主題歌担当。
  • 1987年映画「私をスキーに連れてって」主演。
    1989年映画「彼女が水着にきがえたら」主演。
  • 歌手としてシングルの累計売上は194万枚を記録。アルバムは81万枚。シングルとアルバムの合計の売上は275万枚となっています。

今年のお誕生日がくると51歳とは思えない、原田知世さん。透明感は昔も今も変わりませんね!!これからどんな活躍をするのでしょうか?また再婚はあるのでしょうか?また新しい情報が入り次第記事にしていきますね!!お楽しみに!!