桜塚やっくんの事故死の真相のまとめや心霊写真がヤバい?気になる詳細を紹介します!

当時は様々なバラエティ番組でお笑い芸人として活躍し、歌手デビューもしていた桜塚やっくん!そんな桜塚やっくんが事故により死んでしまい、世間は悲しみに包まれていましたね。そこで今回は、桜塚やっくんの死の真相のまとめや心霊写真などの様々な情報を紹介します!!

桜塚やっくんの事故死の真相や経緯を紹介!!

お笑いだけでなく歌手や声優・俳優などでもマルチに活躍し、人気であった桜塚やっくん!!そんな桜塚やっくんが亡くなったことは、世間に物凄く衝撃を与えました。2018年現在も彼の死を悲しむファンが多くいらっしゃいます。

そこで今回は桜塚やっくんの死の真相や事件の経緯、当時の報道の詳細や心霊写真などの様々な情報をいくつかに分けて紹介していきたいと思います。その前に、桜塚やっくんのプロフィールをのぞいてみましょう!!!

事故死の真相や経緯は?桜塚やっくんのプロフィール!!

名前:桜塚やっくん 本名:斉藤恭央(さいとう やすお)生年月日:1976年9月24日 没年月日:2013年10月5日(37歳)最終学歴:日本大学芸術学部映画学科演技コース 出身地:169cm 神奈川県横浜市鶴見区 身長:血液型:B型 職業:お笑い芸人・声優・俳優・歌手 事務所:トップコート です!!

真相は?桜塚やっくんが事故で急死。。報道の詳細!!その①

様々なジャンルで活躍し、お笑い芸人としても大ブレイクしていた桜塚やっくん!!そんな桜塚やっくんが2013年10月5日の午後4時50分頃、山口県美祢市東厚保町の中国自動車道下り線で「事故が起きている」との110番通報がありました。

その後の県警高速隊により調べられた結果、『中央分離帯に衝突する単独事故を起こした乗用車が追い越し車線に止まり、乗っていた男性2人が路上に降りたところ、別々の後続車にはねられて死亡した』事が分かり、死亡した一人は桜塚やっくんでした。この当時、コンサートに出るために熊本県に向かう途中だったそうです。

真相は?桜塚やっくんが事故で急死。。報道の詳細!!その②

桜塚やっくんはその後病院に搬送されましたが死亡が確認されました。死因は『心臓破裂』だったそうです。そしてもう一人死亡が確認されたのは埼玉県所沢市御幸町に住んでいた、桜塚やっくんのマネージャーであった砂守孝多郎さん(55歳)も即死だったそうです。

他にも同乗者であったバンド「美女menZ」のメンバー二人が胸や肩の痛みを訴えて病院へ搬送されましたが軽症だったそうです。現場は美祢ICから美祢西IC間の右カーブで片側2車線、当時は雨が降っていましたが速度制限はされていなかったそうです。

同乗者が桜塚やっくんの事故死の真相と経緯を語る!その①

2013年10月5日に起こってしまった桜塚やっくんとマネージャー・砂守孝多郎さんの急死の事故。その後は世間でも悲しみが広がり、2018年現在でもファンが桜塚やっくんの公式ブログに現在で「9万件」の悲しみのコメントが書き込まれているようで、その後も書き込まれ続けています。

そんな愛されキャラであった桜塚やっくんの死の真相を、同乗者であった「美女menZ」のバンドメンバー『透chさん・伊織さん・如月なつき』さんが事件の経緯と共に話していたことが分かったのです。

同乗者が桜塚やっくんの事故死の真相と経緯を語る!その②

同乗者であった「美女menZ」のバンドメンバーは、『当時は雨と霧で状況がかなり悪かったです。』と振り返り、『運転していたのは桜塚やっくんで、一部報道で言われていた「運転ミス」ではなくて雨のスリップでブレーキが効かなくなったので仕方なく中央分離帯に車をぶつけて止めました。』

『桜塚やっくんとマネージャー・砂守孝多郎さんがその後ワゴン車から降りて後続車にはねられたと報道されていますが、マネージャー・砂守孝多郎さんは車外から出る前にトラックがぶつかってきて亡くなられています。』

同乗者が桜塚やっくんの事故死の真相と経緯を語る!その③

『その直後に「このままだと後続車も危ない」と思ったメンバー・伊織さんが車から降りて、後続車の減速を促すために車の後方に向かいました。途中3台の車が止まり、5~6人が現場の事態収拾を手伝ってくれました。当時は発煙筒も焚いてましたが、霧が強かったために全く役に立っていませんでした。』

『それぐらい視界が悪かったんです。後方で後続車の減速を後続車の減速を促していた伊織さんはこの時に携帯電話を車に置いてきており、走って向かってきた桜塚やっくんに大声で「警察と救急車を呼んでください!」と頼みました。』

同乗者が桜塚やっくんの事故死の真相と経緯を語る!その④

『おそらく、その間です・・・。桜塚やっくんが警察に電話しようとワゴン車に戻る途中に、後続車にはねられました。。。はねられた桜塚やっくんは10メートルほど飛ばされて、ワンボックスカーの運転席ドアに衝突した後、中央分離帯に激突しました。』

『車の前に倒れていた桜塚やっくんを起こそうとしたんですけど・・・。目を開けたまま、もう意識はありませんでした。』と涙ながらに話していたそうです。状況が最悪であったこの日の事故なだけに、当事者や亡くなられた桜塚やっくんも軽いパニックに陥っていてもおかしくはありません。

同乗者が桜塚やっくんの事故死の真相と経緯を語る!その⑤

この事件後の2014年4月4日に、警察が桜塚やっくんをはねたとして乗用車の男性二人を「自動車運転過失致死」などの容疑で書類送検したことが分かっています。そして亡くなられた桜塚やっくんについても、ワゴン車を運転中に中央分離帯に衝突して同乗者にけがをさせた疑いで容疑者死亡のまま書類送検されました。

ヤバい!桜塚やっくんの事故現場で心霊写真!?※画像有

2013年10月5日に亡くなられた桜塚やっくんとマネージャー・砂守孝多郎さんの急死は大きな衝撃をもってメディアに報じられており、事件現場の生々しい車の姿も様々な角度から映されていましたが・・・実はその中に、心霊写真が混じっているとネットで話題になったのをご存知でしょうか?

上の画像や下の画像がその話題となっている心霊写真です。確かに顔のようなのもが映り込んでいますね。。桜塚やっくんの事故死には多くの報道陣が押し掛けたために、事故現場の様子が沢山残っているようです。そしてこの場所は事故が多い場所ですので、桜塚やっくんに関わらず色々と映ってしまう場所でもあると言われているそうです。

桜塚やっくんの死に芸能界からも悲しみの声。。

2013年10月5日に桜塚やっくんが亡くなった当日から翌日6日にかけて、芸能界からも悲しみの声が相次いでいました。2013年6月に解散した「FUNKY MONKEY BABYS」の元メンバーであるファンキー加藤さんは自身のSNSで『また一緒に飲みたかったです。ソロのライブも観てほしかった。』と綴っていました。

さらに「ゴールデンボンバー」の歌広場淳さんは『事故だなんて。信じられないです。ご冥福お祈り申し上げます。』とコメントし、芸人仲間であった「麒麟」の川島明さんも『とてもつらいのでお酒を飲みます。』とコメントするなど、他にも沢山の芸能人が桜塚やっくんに対しての悲しみを綴っていたそうです。本当に、心よりご冥福申し上げます。

最後に

後までご覧頂きありがとうございました!!いかがだったでしょうか?桜塚やっくんの死について。新しい情報が入りましたら是非ともまた記事を追加していこうと思います!!またその時は読まれていただければ幸いです!!本当に最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!