桜塚やっくんの事故死の真相!心霊写真がヤバい?気になる詳細を紹介します! エンタメ

桜塚やっくんの事故死の真相!心霊写真がヤバい?気になる詳細を紹介します!

当時は様々なバラエティ番組でお笑い芸人として活躍し、歌手デビューもしていた桜塚やっくん!そんな桜塚やっくんが事故により死んでしまい、世間は悲しみに包まれていましたね。そこで今回は、桜塚やっくんの死の真相のまとめや心霊写真などの様々な情報を紹介します。

目次

[表示]

桜塚やっくんの事故死の真相や経緯を紹介!!

お笑いだけでなく歌手や声優・俳優などでもマルチに活躍していた桜塚やっくん。そんな桜塚やっくんが亡くなったことは、世間に強い衝撃を与えました。現在も彼の死を悲しむファンが多くいらっしゃいます。

そこで今回は桜塚やっくんの死の真相や事件の経緯、当時の報道の詳細や心霊写真など、様々な情報を紹介していきたいと思います。まずは、桜塚やっくんのプロフィールをのぞいてみましょう。

事故死の真相や経緯は?桜塚やっくんのプロフィール!!

  • 名前:桜塚やっくん
  • 本名:斉藤恭央(さいとう やすお)
  • 生年月日:1976年9月24日
  • 没年月日:2013年10月5日(37歳)
  • 最終学歴:日本大学芸術学部映画学科演技コース
  • 出身地:神奈川県横浜市鶴見区
  • 身長:169cm
  • 血液型:B型
  • 職業:お笑い芸人・声優・俳優・歌手
  • 事務所:トップコート

1999年に「あばれヌンチャク」というコンビを結成しましたが、2005年に解散しました。その後、ピン芸人として活動し、スケバンキャラでブレイクしました。2006年に歌手デビューもしています。

2008年には、植田浩望という名前で俳優デビューしています。2010年に個人事務所を立ち上げ、「美女menZ」を結成してバンド活動をしていました。

真相は?桜塚やっくんが事故で急死。。報道の詳細!!

お笑い芸人としてもブレイク中だった桜塚やっくんは、2013年10月5日の午後4時50分頃、山口県美祢市東厚保町の中国自動車道下り線で「事故が起きている」として110番通報がありました。

その後の県警高速隊の調査結果、『中央分離帯に衝突する単独事故を起こした乗用車が追い越し車線に止まり、乗っていた男性2人が路上に降りたところ、別々の後続車にはねられて死亡した』事が分かりました。

死亡した1人は桜塚やっくんでした。この当時、コンサートに出るために熊本県に向かう途中だったそうです。

搬送先の病院で死亡が確認される

桜塚やっくんはその後病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。死因は心臓破裂だったそうです。もう一人死亡が確認されたのは埼玉県所沢市御幸町に住んでいた、マネージャーの砂守孝多郎さんも即死でした。

他の同乗者であったバンド「美女menZ」のメンバー二人は、胸や肩の痛みで病院へ搬送されましたが、軽症だったそうです。

現場は美祢ICから美祢西IC間の右カーブで片側2車線、当時は雨が降っていましたが速度制限はされていなかったそうです。

同乗者が桜塚やっくんの事故死の真相と経緯を語る!

2013年10月5日に起こってしまった桜塚やっくんとマネージャー・砂守孝多郎さんの急死の事故。その後は世間でも悲しみが広がっています。

そんな愛されキャラであった桜塚やっくんの死の真相を、同乗者であった「美女menZ」のバンドメンバー『透chさん・伊織さん・如月なつき』さんが事件の経緯と共に話していたことが分かったのです。

同乗者が語ったこととは

同乗者であった「美女menZ」のバンドメンバーは、『当時は雨と霧で状況がかなり悪かったです。』と振り返ります。

運転していたのは桜塚やっくんで、一部報道で言われていた「運転ミス」が真相ではなく、雨のスリップでブレーキが効かなくなったので仕方なく、中央分離帯に車をぶつけて止めましたとのこと。

桜塚やっくんとマネージャー・砂守孝多郎さんがその後ワゴン車から降りて後続車にはねられたと報道されていますが、砂守さんは車外から出る前にトラックがぶつかってきて亡くなられたのが真相のようです。

後続車に減速を促すために車の後方に向かう

その直後に「このままだと後続車も危ない」と思ったメンバー・伊織さんが車から降りて、後続車の減速を促すために車の後方に向かいました。

途中3台の車が止まり、5~6人が現場の事態収拾を手伝ってくれました。当時は発煙筒も焚いてましたが、霧が強かったために全く役に立っていませんでした。

それぐらい視界が悪く、後方で後続車の減速を後続車の減速を促していた伊織さんは携帯電話を車に置いてきており、走って向かってきた桜塚やっくんに大声で「警察と救急車を呼んでください!」と頼みました。

ワゴン車に戻る時に事故に遭った

桜塚やっくんは、警察に電話しようとワゴン車に戻る途中に、後続車にはねられました。はねられた桜塚やっくんは10メートルほど飛ばされワンボックスカーの運転席ドアに衝突し、中央分離帯に激突しました。

『車の前に倒れていた桜塚やっくんを起こそうとしたんですけど・・・。目を開けたまま、もう意識はありませんでした。』と、事故の真相を涙ながらに話していたそうです。

状況が最悪であったこの日の事故なだけに、当事者や亡くなられた桜塚やっくんも軽いパニックに陥っていてもおかしくはありません。

桜塚やっくんをはねた男性は書類送検された

この事件後の2014年4月4日に、警察が桜塚やっくんをはねたとして乗用車の男性2人を「自動車運転過失致死」などの容疑で書類送検したことが分かっています。

そして、亡くなられた桜塚やっくんについても、ワゴン車を運転中に中央分離帯に衝突して同乗者にけがをさせた疑いで容疑者死亡のまま書類送検されました。

ヤバい!桜塚やっくんの事故現場で心霊写真?【画像有】

2013年10月5日に亡くなられた桜塚やっくんとマネージャー・砂守孝多郎さんの急死は大きな衝撃をもってメディアに報じられており、事件現場の生々しい車の姿も様々な角度から映されていました。

実はその中に、心霊写真が混じっているとネットで話題になったのをご存知でしょうか?

上の画像や下の画像がその話題となっている心霊写真です。確かに顔のようなのもが映り込んでいますね。。

桜塚やっくんの事故死の真相を探るべく、多くの報道陣が押し掛けたために、事故現場の様子を捉えた画像が沢山残っているようです。

そしてこの場所は「魔のカーブ」と呼ばれるほど事故が多い場所ですので、桜塚やっくんに関わらず色々と映ってしまう場所でもあると言われているそうです。

桜塚やっくんの死に芸能界からも悲しみの声

2013年10月5日に桜塚やっくんが亡くなった当日から翌日6日にかけて、芸能界からも悲しみの声が相次いでいました。

2013年6月に解散した「FUNKY MONKEY BABYS」の元メンバーであるファンキー加藤さんは自身のSNSで『また一緒に飲みたかったです。ソロのライブも観てほしかった。』と綴っていました。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんは『事故だなんて。信じられないです。ご冥福お祈り申し上げます。』とコメントし、芸人仲間であった「麒麟」の川島明さんも『とてもつらいのでお酒を飲みます。』とコメント。

その他にも芸能界仲間から追悼メッセージが

マルチな活躍ぶりで交際範囲の広かった桜塚やっくんの訃報には、この他にも多くの芸人さんや芸能界仲間から、追悼のツイートがたくさん寄せられました。

IZAM(シャズナ)

音楽活動を通じての仲間、ビジュアル系のパイオニア的存在の、IZAMさんはこのようにやり切れない思いをツイートしています。

堤下敦(インパルス)

芸人仲間では、インパルスの堤下敦さんが、その大きな悲しみをツイートしていました。

ヒロシ

桜塚やっくんとは、お笑い番組でのブレイクがほぼ同時期だった、ピン芸人のヒロシさんの追悼メッセージです。熱く語り熱くケンカもしあった仲の友人を失った悲しみが切ないです。

事故前の桜塚やっくんのツイートが話題に

訃報が伝えられた後、ネット上では桜塚やっくんが事故の1週間前にツイートした内容が話題となりました。ツイートは、愛犬のシェリーへの「またしばらくお別れ。すぐ迎えに行くからね」という内容でした。

数万もリツイートされ、ネットでは「シェリーは、やっくんが亡くなったことを知らずに家で待っていると考えたら涙が止まらない」「やっくんの帰りを待つんだと思うと悲しい」などの声が寄せられました。

愛犬「シェリー」への伝言が悲しすぎる

上の、亡くなる1週前の愛犬シェリーへのお別れメッセージが、本当に最後のお別れだったこともショッキングですが、シェリーに関するツイートはまだ他にもありました。

シェリーに会いに帰ってきたやっくんの思い

おそらくは営業や巡業などで、家を留守にしがちな生活からか、桜塚やっくんのシェリー思いはいつどこに居ても変わらぬものだったようです。

おもちゃと戯れるシェリーが可愛すぎ

亡くなる約3カ月前には、愛犬シェリーが犬のおもちゃと戯れている様子をツイートしていました。愛くるしいほどかわいいシェリーの姿が、むしろ悲しいですね。

2021年現在も桜塚やっくんの死を悲しむ人々がいる

2013年に桜塚やっくんは亡くなりました。それから8年経った2021年でも、桜塚やっくんの死を悲しみ、墓参りをする同業者やブログにコメントを投稿するファンがいるようです。

ヴェートーベンの青井貴治、芋洗坂係長が墓参りに行ったことを報告

2020年10月5日、お笑いコンビのヴェートーベンの青井貴治さんが、インスタとブログで桜塚やっくんの墓参りをしたと報告しました。

青井貴治さんは、毎年春と秋に桜塚やっくんの墓参りに行っていたそうですが。今年はコロナの影響によって春は行けなかったと言います。

お供え物をして手を合わせて桜塚やっくんに話しかけていた時、お墓に置いていた缶がすーっと動いたと言います。青井貴治さんは「やっくんが驚かせようとしているのかな」と笑ってしまったそうです。

芋洗坂係長は10月14日、墓参りしたことを報告しました。「ようやく会いに来れた」という言葉とともに花を持った写真を投稿しています。コメント欄には桜塚やっくんへの追悼コメントが寄せられています。

命日には元相方からの追悼コメントが

元相方で声優をしている竹内幸輔さんが、2020年の命日に「もう7年か。早いのー」と桜塚やっくんとの写真をツイートし、桜塚やっくんを追悼しました。

桜塚やっくんのブログに現在もコメントが書き込まれている

桜塚やっくんは生前にブログを運営しており、現在も残っています。最後の記事が投稿されたのは、2013年10月3日です。その記事には2021年現在でもファンからのコメントが書き込まれています。

「7年も経つんだね」「いろんなこと思い出しながら、やっくんの歌を聞いているよ」「会いたくなるよ、やっくん」「やっくん、笑顔でいるかな」などのコメントが寄せられています。

桜塚やっくんのファンに恐怖を感じる人も

現在でも桜塚やっくんのブログに書き込みをするファンに対し、恐怖を感じる人もいるようです。「執念みたいなものを感じてしまう」「複数人が書き込んでいるのが凄い」などの声があります。

「一種の義務になっているのか」「ファンにとって、きっとやっくんは教祖みたいな存在なんだろう」といったコメントもあります。

芸能ライターによると、桜塚やっくんはファンサービスが良く、サインにも快く応えていたそうです。人気芸人にも関わらず、一般人に気さくに接し、その人柄が長くファンに愛されていたと思われます。

高速道路上での事故防止のためにすべきことは?

Free-Photos / Pixabay

高速道路で車が止まってしまう際には、後続車に知らせ、運転手と同乗者は車から降りて安全な場所に移らなければいけません。

車を降りる時は、安全を確かめて、車が走っていない側から降りるようにしましょう。そして車の後ろの方の安全な所に避難します、車の前の方や横では、車に追突された際に巻き込まれてしまう可能性があります。

桜塚やっくんの事故死について

桜塚やっくんの事故死についてまとめました。現在でも桜塚やっくんは愛されており、彼の死を悲しむファンや同業者がいます。

事故現場の写真が心霊写真と話題になったりしたこともまとめています。桜塚やっくんのご冥福を心よりお祈りします。