木梨憲武 おしゃれなファッションセンスが評判!?私服コーデのまとめ!!

とんねるずの木梨憲武さん、お笑いタレントとしてだけでなく、歌手・俳優・そして芸術家とマルチな活動をしています。そんな木梨憲武さんがメディアに出るたび、そのファッションに注目が集まります。そのおしゃれなコーディネートについてまとめてみました。

木梨憲武 ファッションがおしゃれに見えるのはなぜ!?

すでに50歳の半ばを超えた木梨憲武さんのコーディネートがおしゃれと評判です。そのスタイルの良さと「外し」の巧みさだと思います。とんねるずの小さい方と言われていますが、相方の石橋貴明さんが182cmと大きいだけで、実は木梨憲武さんも178cmと高身長、今も若い頃のスタイルを維持しているのも着こなせる理由でしょう。

木梨憲武さんのファッションで注目されるのが、カジュアルでも、ジャケットなどのフォーマルなキレイめのコーディネートでも、遊び心があることでしょう。芸術家としても活躍されているからか、色使いや小物、組み合わせに普通の人とは違うところをチョイスして、そのセンスの良さが表れています。

木梨憲武 私服の定番コーデ!帽子・Tシャツ・ジーパン

木梨憲武さんの私服での定番スタイルと言えるのが、帽子とTシャツとデニムパンツの組み合わせです。テレビでも多くこのスタイルで出演をしているので、一目見たら「木梨さんらしい」ファッションと感じるのではないでしょうか?その中でもお気に入りとしているブランドを調べてみました。

木梨憲武 私服お気に入りコーデ①『帽子』ブランド・まとめ

木梨憲武さんのファッションといえば、『帽子』とイメージする人も多いのではないでしょうか?テレビや雑誌の出演だけでなく。プライベートでも帽子は必需品と発言していて、自宅やアトリエには普段から着用するものとして何十個という帽子を所持しているそうです。

お気に入りの帽子ブランドも、帽子のセレクトショップ『オーバーライド』、ハットを中心に取り扱う『KIJIMA TAKAYUKI』・アメリカのブランドの『STARTER』、パナマ帽専門店の『Truffux』、ニューヨークの専門店『Arth』と多く、こだわりがわかります。

また木梨憲武さんが着用する帽子は、「ハット」と「キャップ」の2種類がありますが、中でもキャップはワークテイストの強い「ドゴールキャップ」がお気に入りのようです。キャップにありがちなスポーツ感が薄れて、様々なコーディネートにも合わせやすく、アクセントを出すことに成功しています。

木梨憲武 私服お気に入りコーデ②『Tシャツ』ブランド・まとめ

木梨憲武さんのコーディネートの中でも、Tシャツは外せないものの一つです。毎年何十枚も購入して、1年ごとに整理が必要になるほどみたいです。ピンクなどビビットなTシャツも着用されていますが、定番は無地の白シャツとシンプルなロゴの黒Tシャツのようです。お気に入りとしているのが『ネイバーフッド』・『ズッカ』などのブランドです。

木梨憲武さんの実家の『木梨サイクル』ではセレクトショップのようにTシャツを販売していて、様々なアイテムがある中でもこだわりが溢れています。一見シンプルに見えるなかにも遊び心があり、一枚着るだけでもおしゃれ感がアップしますね。

木梨憲武 私服お気に入りコーデ③『ジーパン』ブランド・まとめ

木梨憲武さんが雑誌などで多く着用しているデニムパンツが『A.W.A』の151Zです。細身のスキニータイプなど様々な種類がありますが、太めのストレートがお気に入りのようです。また、デニムといえば経年変化を楽しむのも醍醐味。まだバリバリの時はTシャツ、色落ちしてきたらジャケットと合わせて、など自身のスタイルを持っています。

木梨憲武 おしゃれコーディネート 『フォーマル・キレイめ』

木梨憲武さんはカジュアルだけでなく、スーツの着こなしも注目です。一般的なスーツよりもルーズなものを着用していることが多いですが、それが野暮ったくみえないのは、色使いや織地のチョイスに適度に遊びがあって、垢抜けて見えるからでしょう。ジャケットだけでも私服に取り入れると、おしゃれ感が一気にアップしますね。

木梨憲武さんの着こなしに多く見られるポイントは、ジャケットはタイトに、スラックスはルーズにという組み合わせです。タイトなスーツを着用するときには、逆三角形を意識したコーディネートをしていると言えるでしょう。スーツ自体もジャージィやコーデュロイ、デニムなど、一見フォーマルのようで、個性的に見える素材を選んでいるようです。

木梨憲武 おしゃれコーディネート 『スポーツスタイル』

木梨憲武さんのファッションとして外せないのがもう一つ、スポーツのファッションでしょう。木梨さんといえば、サッカーとゴルフが趣味として知られています。特にゴルフはドレスコードが決められているので、木梨さんと同年代の方だと落ち着いた格好になりがちです。

木梨憲武さんの場合、基本は抑えつつスタンダートな雰囲気ですが、よく見るとポロシャツにワンポイントがあるものを選んでいたり、ボトムスはロールアップしてハーフパンツ風にしてみたりといった遊び心がありますね。

木梨憲武 おしゃれファッションの師匠とは?

おしゃれにこだわりを持つ木梨憲武さんには、ファッションの師匠がいるそうです。その人とはスタイリストの大久保篤志さんです。大久保篤志さんはかつて雑誌『POPEYE』『an・an』のスタイリストを担当し、独立後は数々のタレント・ミュージシャンのスタイリングやステージ衣装を手がけている有名スタイリストです。

木梨憲武さんと大久保篤志さんは20年来の付き合いで、TV出演のスタイリングはすべて大久保さんが担当しているほど、信頼を寄せています。大久保さんは他にもテリー伊藤さんや木村拓哉さんなどのスタイリングを担当していますが、ブロクなどでのコーディネートをみると、特にスーツの着こなしに木梨憲武さんと共通した印象を受けますね。

木梨憲武 年齢、出身、これまでの活躍など まとめ

  • 生年月日 1962年3月9日(56歳)
  • 出身 東京都世田谷区
  • 出身校 帝京高校

高校在学中から『TVジョッキー』の素人参加コーナーに出場し5代目チャンピオンになる。高校卒業後、ダイハツ自動車に就職するが4ヶ月で退職、『お笑いスター誕生!!』で10週勝ち抜きグランプリを獲得。『オールナイトフジ』『夕やけにゃんにゃん』の出演などで20代の頃から、特に若者に対しカリスマ的なブレイクを果たしました。

1994年に映画『そろばんずく』での共演した安田成美と結婚。とんねるずとしてバラエテイ番組で活躍をするとともに、番組の企画で生まれた『憲三郎&ジョージ山本』(1996年)、『野猿』(1999年、2000年)でNHK紅白歌合戦に出場している。2018年には16年ぶりの主演となる映画『いぬやしき』が公開しています。

木梨憲武 レギュラーなし?今後はアートで活躍?

2018年3月で『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了し、レギュラー番組がない状態の木梨憲武さんですが、今後はどんな活動をしていくのでしょうか。特に注目されているのが、アーティストとしての芸術活動です。

これまで、数々の個展を成功させてきましたが、2018年の6月にはイギリス・ロンドンで個展を開催しています。また7月からは全国を巡回する『木梨憲武展 Timing-瞬間の光-』を開催、なんと2020年の東京まで3年に渡るという規模が大きいものになるようです。引き続き注目が集まりそうです。

木梨憲武 おしゃれファッション・コーデ まとめ

木梨憲武さんのファッションはとても個性的に見えますが、アイテムの一つひとつは一般的に『定番』とされるものがほとんどです。『木梨サイクル』で有名ブランドとのコラボ商品も販売しているので、参考になると思います。保守的な服装になりがちな40代~50代男性でも自分のスタイル探しにチャレンジしてみてはいかがでしょう?