萩原聖人の現在の麻雀の腕は職業にできる!バカにした木村拓哉も認めざるを得ない!

テレビドラマや映画の出演回数が以前より減ってしまった俳優の萩原聖人さん。それとは逆に麻雀番組ではよく見かけるようになりました。俳優業から引退し、麻雀を本業にしようと考えているのでしょうか。萩原聖人について調べてみました。

萩原聖人の現在の職業は俳優ではなく麻雀のプロ!?

2018年7月22日、萩原聖人がついにプロ雀士の資格を取得しました。本人は俳優の仕事も行いながらプロ麻雀リーグのMリーグへ参加すると言っていますが、撮影日程とリーグ戦の日程が重なった場合、果たしてどちらを選ぶのでしょうか?

念願のプロ雀士になった訳ですから、リーグ戦を優先してドラマや映画の出演を断る可能性も出てくると思います。そうなると、もはや本業がプロ雀士で副業で俳優をやるという構図になっていくのではないでしょうか?

萩原聖人は本当に麻雀が強いの?

萩原聖人の麻雀歴は30年です。その腕前は日本プロ麻雀連盟初代会長のお墨付きで数々の大会で優勝しています。今はプロ雀士になりましたが、プロになる以前、女流プロ雀士の二階堂亜樹・和泉由希子・黒沢咲を相手に大差で勝利し、優勝を飾っています。プロ顔負けの腕を持っていたということです。

萩原聖人の麻雀の腕は芸能界ナンバーワン?

芸能界で麻雀といえば、堺正章・加賀まりこ・坂上忍も有名ですが芸能界最強は萩原聖人だと思います。何といってもプロ雀士の資格を得たことがそれを証明します。麻雀好きな芸能人を集めて大会を行い、仮に堺正章が優勝したからといって芸能界で麻雀が一番強いのは堺正章とはなりません。その大会で優勝しただけのことです。

プロ野球で説明すれば勝負は勝つ時もあり負ける時もあります。時には何連敗もします。最終的に勝率が一番高かったチームが優勝となります。萩原聖人はこの優勝チームと同じで最終的に芸能界で麻雀勝率が一番なのです。

萩原聖人と木村拓哉の不仲は本当?

1994年10月19日 から放映されたフジテレビ系ドラマ「若者のすべて」で萩原聖人と木村拓哉は共演します。「俺らは役者として芝居をやるんで、アイドルの芝居はどうかわかんない」というようなことを萩原聖人が言い、木村拓哉は相当腹が立ったそうです。番組で嫌いな俳優として萩原聖人のことを実名で非難するほどだったみたいです。

共演NGの木村拓哉とドラマで共演!

木村拓哉主演の警備会社でボディガードを務める男の活躍を描いたテレビ朝日系ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の第6話に萩原聖人が出演しました。侵入者として現れ、ボディガードの木村拓哉にヘッドロックで取り押さえられるというものでした。目立った会話はありませんでしたが取り押さえるシーンで二人がツーショットとなったのです。

萩原聖人と木村拓哉は似た者同士?

芸能界に限らず人間関係において、似た者同士はぶつかってうまく行かないといいます。萩原聖人は学生時代、「突っ張っているのが自分の存在価値」というポリシーを持ち、教師たちと敵対関係にあったそうです。その一方で人一倍淋しがり屋だったそうです。

突っ張ったところや淋しがり屋は何となく木村拓哉のイメージが重なります。似た者同士だからこそ、他の人にとってはたわいのない会話の内容に腹を立て、不仲状態になったような気がしてなりません。

萩原聖人のデビュー略歴

3歳の時に両親が離婚し、父親側に引き取られます。しかし、小学4年生の時に父親が他界。その後は15歳まで父方の祖父母に育てられました。茅ヶ崎市立梅田中学校を卒業後に上京し、定時制の高校に入学しますが、わずか一週間で中退。短期渡米します。ニューヨークで観た映画の観客の様子に感銘を受け、役者という仕事に興味を持ちます。

帰国後、母親が経営するバーを手伝っていた時に客として来ていた『あぶない刑事』のキャスティングスタッフたちの目に留まりスカウトされ、1987年『あぶない刑事』の第32話で置き引き少年役でデビューします。1990年のテレビドラマ『はいすくーる落書2』の松岡直次郎役がきっかけで一気に注目を集めました。

萩原聖人が過去に出演したドラマ

1987年5月17日の日本テレビ系ドラマ「あぶない刑事」第32話で置き引き少年役がデビュー作品になります。その後はテレビドラマの連続ドラマ、単発ドラマの数々に出演しています。数が多いため、若い時に出演した連続ドラマの幾つかを代表で下記に挙げます。

  • 3年B組金八先生(1988年)
  • はいすくーる落書2(1990年)
  • 学校へ行こう!(1991年)
  • しあわせの決断(1992年)
  • ボクたちのドラマシリーズ 白鳥麗子でございます! (1993年)
  • 夏子の酒(1994年)
  • 若者のすべて(1994年)

萩原聖人が過去に出演した映画

1987年公開の「BU・SU」に生徒役として出演したのが映画デビューになります。その後も数多くの映画に出演しています。1994年に日本アカデミー賞新人賞・話題賞を受賞。1995年には日本アカデミー賞優秀助演男優賞とブルーリボン賞助演男優賞を受賞します。

日本アカデミー賞優秀助演男優賞は1997年にも受賞しています。萩原聖人は主役というより脇役での出演が多いです。味のある名演技が認められている俳優と言えます。出演した主な映画作品を下記に挙げます。

  • 月はどっちに出ている
  • 教祖誕生
  • 学校
  • マークスの山
  • 陰陽師
  • 花火
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟

萩原聖人の暴行事件!

1993年に小田急線中央林間駅で発生した暴行事件で萩原聖人は容疑者となりました。容疑者の一人が萩原に似ていたという理由で訴えられました。犯行時刻は人と会っておりアリバイがありましたが、それを証明するためには相手の名前を出さなくてはならず、名前を出せば相手に迷惑がかかるため一切明かさなかったといいます。

この事件により、萩原聖人は公私に渡ってダメージを受け、ドラマなどへの出演が一時期極端に減りました。その後、原告の証言には矛盾点が多く、犯人に似ていると言いがかりを付けただけとして訴えは棄却されたそうです。

結婚と離婚

1994年1月12日から放映されたフジテレビ系ドラマ『夏子の酒』で共演した和久井映見と1995年11月7日に結婚しました。お互い24歳でした。1999年10月に第1子の男の子が誕生します。しかし、2003年7月に離婚。子供の親権は和久井映見が持っているそうです。

離婚理由については萩原聖人のDVや浮気説や、和久井映見が掃除をはじめとする家事全般をしなかった説がありますが、連日の徹夜麻雀で家庭を顧みず雀荘に寝泊まりしている萩原聖人に非があったと思われます。2001年に家を飛び出しましたが萩原聖人はそれでも謝らず、迎えにも行かず、そのまま別居、離婚という流れでした。

萩原聖人の現在の仕事は?

テレビドラマの連続ものに出演はしていませんし、映画の出演話も聞かないため、俳優としての仕事をしているかどうかは分かりません。俳優以外にもナレーションや海外映画の吹き替え、アニメの声優も行っていますので何らかの仕事はあるかと思います。もしかしたら、本当に麻雀が現在の仕事なのかもしれません。

萩原聖人の現在の恋愛関係は?

和久井映見との離婚後、ドラマで共演した松雪泰子・坂井真紀・酒井若菜との熱愛の噂がありましたが、本命は1996年8月10日公開の映画『友子の場合』で共演した藤村知可さんのようです。藤村知可さんはクイズ番組『世界ふしぎ発見!』のレポーターを務めた後、人物キャラクターの声優として活躍しています。

二人の同棲や萩原聖人が結婚に向けて分譲マンションを購入したことなどがすでに報じられています。今年で36歳になる藤村知可さん。年齢的にもそろそろのような気がしますが、同棲が報じられたのが2012年ですから5年以上となります。結婚までたどり着かないのは、もしかしたら萩原聖人の麻雀好きがネックになっているのかもしれません。

萩原聖人まとめ!今後はどうなる?

名脇役として今後もテレビドラマや映画に出ると思いますが、プロ雀士となったからには麻雀の世界での活躍を見てみたいです。アマチュア最強からプロ最強へ、萩原聖人の新たな戦いが幕を開けました。期待したいと思います。