宇宙に行った犬のライカ!その最期は悲劇だった?その真相に可哀想の声殺到!

初めて宇宙に行った地球の動物。それが雌の元野良犬ライカでした。1957年の11月3日にロシアが打ち上げた宇宙船スプートニク2号に乗せられ、宇宙へ。しかしそれは最初から地球に生還することが予定されていない、残酷な旅だったのです。

宇宙に飛んだ犬のライカの最期は壮絶だった!?

当時、アメリカとソ連は宇宙開発でしのぎを削っていました。戦争さながらの競争心むき出しの宇宙開発。その結果、安全性や倫理観よりも、ライバルより早く宇宙を開発することが目的とされました。そして、犠牲になったのがライカというあるメス犬なのです。

ライカは元野良犬だった?名前は他にも?

当時、人間に先駆けて動物をロケットに乗せて宇宙へ送るという実験が行われていました。そこでアメリカは猿を実験に用いましたが、ロシアはより調教しやすいという理由で犬を選びました。そしてターゲットとなったのが、たまたま捕まった野良犬ライカです。

ちなみにライカの名前には諸説あります。クドリャフカという呼び名もあります。おそらくロシアではこちらの名前でよんでいたのでしょうが、日本ではライカと呼ばれて語られることの方が多いようですね。

ライカのほかにも実験に使われた野良犬がかわいそう

実験の候補となった犬は他にもいました。「ムシュカ」「アルビナ」「ライカ」という3匹の犬です。最初にロケットに乗って弾道飛行テストを行ったのは、アルビナでした。一方、ムシュカ生命維持の実験に使われ、悲惨な目に遭ったといわれています。

そして実際に宇宙に飛ばされ、凄惨な最期を遂げたのがライカ。特にライカの件が語られるのには理由があります。他の2匹は悲惨な実験に使われたものの、死ぬ前提の実験はされませんでした。ところがライカの場合はそもそも地球に戻る装備を積んでいないロケットに乗せられ、飛ばされたのです。死ぬ前提の実験でした。

本当はライカは地球に戻れるはずだった?

ライカの乗ったロケットには、地球に戻る装備が積んでありませんでした。しかし、それが技術的に不可能だったわけではないのです。本来は生還できたかもしれないのに、人間の都合でそれが果たせなかったのです。ソ連の第4代最高指導者ニキータ・フルシチョフ。この人物が、ライカの死を決めます。

本当はライカを生還させる予定で開発が進んでいた宇宙船スプートニク2号。ところがこの人物が、それを止めます。生還させるより、宇宙で爆発させた方が良い宣伝になるといい放ったのです。おそらくアメリカに、国威を見せつけたかったのでしょう。

その結果、当初の計画は中止。改めて、生還できない宇宙船の開発がすすめられ、誕生したのがスプートニク2号でした。もっと時間をかけて研究・開発をしていれば、生きて帰ることができるロケットを作るのは、不可能なことではなかったはずなのに、それをしなかったのです。

ライカは狭い場所に閉じ込められて訓練

宇宙船スプートニク2号はとても狭い宇宙船でした。犬一匹、転がる余裕もありません。なんとか入り込めるスペースがあるだけ。あとはじっとしておくことしかできないのです。当然、犬は不安がります。その環境に慣れさせるため、20日間狭いケージに閉じ込めました。あまりのストレスで便秘になり、それは下剤も効かないほどだったといいます。

最後の日に思い切りライカを遊ばせた

ライカの訓練を主導していたヤズドフスキー博士は、ロケット発射前日にライカを自宅に連れ帰り、子供たちと一緒に思い切り遊ばせたそうです。本当は、生還不可能なロケットに乗せたくなどなかったのでしょう。しかし上が決めたことには抗えません。せめてもと、最後に思い切り楽しい思い出をライカに与えてあげたのです。

スプートニク2号は発射直前に故障が発見!?

いよいよ打ち上げという時、故障が発見されました。そのため、発射は3日間延期。その間、ライカはひどく寒い場所で待機させられました。なんとかヤズドフスキー博士を含む科学者がライカの体調を気遣い、発射の日を迎えました。

発射後、ライカはパニックに

1957年の11月3日にスプートニク2号が発射。発射してロケットが地球から離れていくと、ライカはパニックになりました。測定していた呼吸速度や心拍数は通常の3倍に跳ね上がります。ライカは非常に強い恐怖を感じ、それでも何とか状況を理解しようと必死だったのでしょう。

宇宙に出て無重力空間でいったん落ち着きを取り戻す

宇宙に出て、無重力空間になります。するとライカは落ち着きを取り戻し、心拍数や呼吸速度ともある程度落ち着いたといいます。発射の轟音から解放されて落ち着いたのかもしれません。しかし、その安堵は長くは続きませんでした。

ライカの死の悲劇的な真相は?毒で安楽死?

当初ロシアは、ライカは生きたまま地球の軌道上を漂流し、用意してあった毒入りの餌で死んだと説明していました。ところがのちに科学者が論文で明かした内容によると、実はライカは打ち上げ後7時間の段階ですでに死んでいたのです。

原因は、熱とストレス。実は断熱材が破損していたのです。そのため、ライカは動くこともできないロケットの中で40度くらいの高温に襲われました。犬は熱いのが苦手です。しかもロシアの犬です。40度とはいえ、一切の身動きが取れない中でのこの温度は、まさに地獄だったでしょう。5~7時間後には、生命反応は消失したそうです。

スプートニク2号は宇宙から大気圏突入で分解

スプートニク2号は中にいるライカがすぐに死んだ後も、5カ月間宇宙を漂います。そして再び地球に落下。しかし大気圏に突入するのに耐えられる装備を積んでいないので、空中で崩壊。アメリカでは、ばらばらになってスプートニク2号が、まるでUFOが編隊を組んで飛んでいるように見えたといいます。その後燃え尽きて消失しました。

ライカに続いてムシュカも宇宙で犠牲になった悲劇

ライカの補欠であったムシュカ。そのムシュカもライカの死後、宇宙で亡くなっています。宇宙空間での放射能の研究をするためにロケットに詰まれた、ムシュカを含む多くの動植物。このロケットもスプートニク2号と同じように大気圏再突入で燃え尽きたと説明されました。

ところが実際は、爆破したと報じられました。ロケットがもしアメリカに着陸したら、データが盗まれてしまう。それを恐れたロシアは、生還させてデータが奪われるよりは、ということで爆薬をあらかじめロケットに積み、ムシュカやそのほかの動植物もろとも爆発させました。

ライカの悲劇から学ぶこととは?

ライカの犠牲は悲劇として語り継がれています。ところが残念ながら、人間はその恩恵を受け取るだけで、何にも学んではいません。今だって、医薬品の開発には動物たちが犠牲になっています。人間にとって安全かどうかを確かめるために、得体のしれない物質にさらされているのです。ライカより悲惨な目に遭った動物も多いでしょう。

かといってそれを禁止してしまえば、科学の進歩は止まってしまいます。人間の科学なのだから人間が犠牲になればよいのかというと、そう言うわけでもありません。治験に参加する人は、常に社会的な弱者です。

いじめも虐待も、本質的には同じ。弱い命が、強い命に踏みにじられるのです。まさに弱肉強食だということでしょうか。しかし避けられる、不要な犠牲もあったはず。それをわきまえることが人間にとっては必要で、本当の平等や平和の実現には欠かせないのでしょうね。