鈴木早智子がアダルトビデオに出演!相手は津田英佑!?そして今現在は? エンタメ

鈴木早智子がアダルトビデオに出演!相手は津田英佑!?そして今現在は?

鈴木早智子さんといえば、1980年代後半にWinkとして一世を風靡したアイドルとして活躍をしていましたが、Wink活動停止後は、ビデオに出演したり、交際の話が出ていたりと話題が絶えません。本記事でそんなビデオや交際を経た今について紹介していきたいと思います。

鈴木早智子がアダルトビデオ出演!?そして今は?

Wink時代から鈴木早智子さんを知っている方からしたら衝撃的なニュースではなかったでしょうか。あの大人気アイドルWinkだった鈴木早智子さんがアダルトビデオに出演をしたのです。昨今では元アイドルがアダルトビデオに出演するということもちらほら聞きますが、あの鈴木早智子さんとなれば少し事情は変わってきます。

日本レコード大賞受賞や紅白歌合戦出場など数々の活躍をしてきた芸能人のアダルトビデオ出演はかなりショッキングでした。しかしその後は出演もなく現在はどういった活動を行っているのでしょうか。

鈴木早智子の相手は津田寛治?津田英佑?

鈴木早智子さんのビデオで共演した方が津田寛治さんであるという噂が流れていますが、津田寛治さんは「スカッとジャパン」などに出演されている俳優さんで、鈴木早智子さんのビデオで共演した方は津田英佑さんという方です。

二人は交際をしていた?

鈴木早智子さんと津田英佑さんが交際をしていたという噂もありますが、津田英佑さんは既婚者であり本当に交際をしていた事実があるのであれば不倫関係にあったということになるのですが、真相はどうなのでしょうか。

これに関して、津田英佑さんは不倫関係を否定していましたが、鈴木早智子さんは不倫関係を認めていました。一体どういうことなのでしょうか。どちらかが嘘をついているということになるのですが、現在はまだお付き合いがあるのか気になるところではあります。

鈴木早智子と津田英佑は今なお関係がある?

津田英佑さんは鈴木早智子さんに、離婚調停中であるという風に説明していたようで、これはよく聞く「妻とは上手くいっていない」というやつのようです。今ではこのお二人はもう交際の事実はないのかもしれません。

鈴木早智子が津田英佑をビデオに推薦?

鈴木早智子さんと津田英佑さんは2006年に共演した舞台で知り合い、出会って間もなく不倫関係になったと言われています。そして鈴木早智子さんは津田英佑さんを世間の人にもっと知ってほしいと思うようになったようです。

しかし、お二人は津田英佑さんが離婚をしても答えが見つからないということで破局したと言われており、これは鈴木早智子さん側から語られた真相です。これに関して津田英佑さん側からはなにも説明はなかったようです。

鈴木早智子の今は?どんな活動をしている?

鈴木早智子さんは2018年現在はまだ独身のようで、現在は48歳ですのでまだまだ良いお相手が見つかれば結婚なんてことにもなるのではないでしょうか。そして芸能活動の方はというと、2013年に一度芸能活動を停止していました。

復帰後はテレビ出演も

2016年に活動を再開し、2017年にはCSのバラエティに出演し、約8年ぶりとなるテレビドラマ出演も果たしています。まだまだ芸能人としては活躍できる方だと思いますので、これから様々な場面で活躍していくのではないでしょうか。

鈴木早智子の生い立ちからWink結成まで

1969年に東京都目黒区で産まれた鈴木早智子さんは、幼稚園の年長のころに埼玉県草加市に転居して過ごしています。小学2年生の頃から歌手に憧れており、中学生の頃にはアニメソングのオーディションに合格するも辞退をしています。

高校は東京都内の高校へ進学し、歌手を目指すために休学をして一時的に青山の芸能事務所に所属します。その後高校を退学し、アルバイトをしながら笠井幹男のボーカル・スクールでレッスンを受けます。1986年には第1回「ロッテCMアイドルは君だ!」コンテストに出場し、最終選考まで残る結果を残しています。

グラビアでデビュー?

1986年に成城大学の学園祭で行われた青年誌「UP TO BOY」の「ミス UP FESTIVAL in SEIJO UNIV.」にエントリーし、ミス・アップ第7代グランプリを受賞します。これにより1987年3月号のグラビアに登場し、5月号では表紙と巻頭グラビアを飾ります。

このグラビアを見たある芸能事務所の社長が、鈴木早智子さんを設立当初の自社に所属をさせました。これが鈴木早智子さんが初めて所属するアップライトミュージックという芸能事務所です。しかし、この頃の鈴木早智子さんは電話番やスケジュール管理などの雑務がメイン業務でWinkを結成するまで目立った活動はありませんでした。

Wink鈴木早智子になってから

1988年に、ミス・アップ第9代グランプリである相田翔子さんとWinkを結成します。Winkは1988年に「Sugar Baby Love」を発売しデビューを果たし、1989年にはドラマの主題歌に使われた「愛が止まらない~Turn it into love~」がオリコンチャート年間5位となる大ヒットを達成します。

そしてこの年には第22回全日本有線放送大賞で上半期グランプリを受賞し、「淋しい熱帯魚」によって12月14日放送の「第22回全日本有線放送大賞」で年間グランプリを、12月31日放送の「第31回日本レコード大賞」で大賞を受賞しています。そして同日第40回NHK紅白歌合戦への出場も果たしました。

ソロ活動が目立ち始める

1992年ごろになるとソロ・アルバム「Mode」を発売したり、出れ尾ドラマの脇役やバラエティ番組のゲストなど単独でのテレビ出演が目立ち始めます。さらに1993年から翌年までの1年間「志村けんはいかがでしょう」のコントにレギュラー出演をし、テレビドラマ以外ではWink時代唯一の単独レギュラー出演となります。

Wink活動停止後の鈴木早智子

Wink活動停止後は1996年にマンリープロモーション、1997年に尾木エージェンシー、そして1998年頃からはネバーランドに所属をしており活動を続けていました。Wink活動停止後に新曲が出せていない理由ですが、所属していたレコード会社との契約がなくなったためです。

そのため、営業でWinkの楽曲を歌うというかたちでのみ歌手活動はありましたが、映画や舞台、テレビ番組への出演といった女優や他廉んととしての活動を中心に行っており、そんな中鈴木早智子さんが出演したテレビ番組が波紋を呼ぶことになります。

芸能活動が制限された理由はあの番組が原因?

1998年に「ASAYAN」という番組の企画である「再起にかける芸能人オーディション」に出演をし、その内容は小室哲哉プロデュース権を賭けて、再起にかける芸能人女性たちがニューヨークで共同生活をしながらレッスンの行うというものでした。

しかし、ここで鈴木早智子さんは共同生活を拒否したり、レッスンの途中で退場したりと周囲と同調せず企画を無視した行動に出たうえ、レッスン後半にはCDリリースの打診を受けたからという理由で、途中で帰国するなどしたことで視聴者に対する悪印象が付き、その後の芸能活動が制限されたと言われています。

Winkとしてゲスト出演や薬物服用も!?そしてビデオ出演

2008年には第50回日本レコード大賞でWinkとしてゲスト出演をし、「淋しい熱帯魚」を歌いファンを喜ばせましたが翌年には薬物服用により救急搬送されたというニュースが世間に衝撃をあたえました。しかし、その理由は日ごろの睡眠不足によって安定剤を服用した結果との説明がされました。

発売したDVDはアダルトビデオではない!

2009年に発売したDVD「September Shock」に出演をし、発売前から「AV」や「ソフトAV」と言われていましたが、発売元のMUTEKIからこの作品は「AV」ではないと発表され、鈴木早智子さん本人も「AV」ではないと主張しています。

鈴木早智子がアダルトビデオ出演!?そして今は?

Winkとして活躍し、ソロになってからも女優やタレントとして活躍をつづけた鈴木早智子さんですが、不倫報道などスキャンダラスなことが続いており芸能活動が制限されることもありましたが、現在では女優として再度活動をしています。まだまだこれから活躍してくれることを期待したいと思います。