坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?

NShikouki0704 TP V4 - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?

2015年8月15日に日本空港123便墜落事故で、坂本九さんの没後30周年の追悼番組がBSにて放送されました。また坂本九の奥さんが徹子の部屋に出演したとしてニュースになりました。坂本九は飛行機事故で遺体も大変な状況になったということです。

悲惨な死に方をした芸能人!遺体は?坂本九さんの飛行機事故

?size=m - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?
instagram logo - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?

世界的に有名な歌手である坂本九さん。坂本九さんが亡くなられたのは1985年の8月11日に起こった日本空港123便墜落事故でした。坂本九さんはまだ若く43歳でした。日本空港123便墜落事故が起こったのは11日でしたが、坂本九さんの遺体が発見されたのは14日になってからでした。

坂本九さんが亡くなられた事故は日本航空123便墜落事故

?size=m - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?
instagram logo - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?

坂本九さんが亡くなられたのは、日本空港123便墜落事故の時。事故が発生した日は夏休みの時期であり、「お盆の入り(1985年8月12日)」の前日であったため、当日の日本航空や全日本空輸、東亜国内航空の各便には出張帰りのビジネスマンのほか、帰省客や観光客が多く搭乗していたそうです。

最終便が満席で乗れない客が発生することを防ぐ理由もあり、最終便1本前である当便は、ほぼ満席の状態だ。このため、仕事を終えて帰宅しようとした全日空の社員も自社便が利用できず、数名が当便に搭乗していたと記録されています。この飛行機事故では4名の生存者があったことで有名です。

坂本九さんが死亡した日本空港123便墜落事故の経緯と画像

?size=m - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?
instagram logo - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?

日本航空123便墜落事故は、1985年8月12日、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46が、 ボーイング社の不適切な修理が原因とされる後部圧力隔壁の破損によって、垂直尾翼と補助動力装置が破損し油圧操縦システムも全喪失しました。

その結果迷走飛行へ陥った末に群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根に墜落し、乗員乗客合わせて524名中、520名が死亡した、単独機で史上最悪の航空事故で、史上最悪の墜落事故のことです。客室後部の座席に座っていた女性4名は奇跡的に生還できましたが、その他の者は即死もしくはそれに近い状況で、坂本九さんも亡くなられたひとりです。

偶然この飛行機に乗っていた坂本九さん

?size=m - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?
instagram logo - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?

坂本九さんはこの日、大阪府にある友人(坂本の元マネージャー)の選挙応援として翌13日に行われる事務所開きに駆けつける途中、日本航空123便墜落事故に遭遇し死去されたのでした。43歳だったそうです。坂本九さんは本来、国内移動には日本航空 (JAL) ではなく必ず全日空 (ANA) を使っていたのだそうです、

しかし、当日は全日空便が満席で、飛行機やホテルなどを手配した招待側の側近はチケットを確保できず、仕方なく確保したのが日本航空123便であったのでした。事故の数日前、「全日空が満席で日航しか取れませんでした」という立候補者の側近からの謝りの電話が入っていたそうで、当日は日本航空の飛行機に偶然乗ることになったようです。

飛行機事故にあった坂本九さんの遺書は?遺体は?画像は?

?size=m - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?
instagram logo - 坂本九さんの死は飛行機による事故死!遺体は?遺書は?画像は見れるの?

飛行機事故の後坂本九さんの奥様が遺体の確認をしたという事ですが、その時の遺体の坂本九の遺体の状況というの悲惨だったという事だそうです。実際のところ日本航空123便墜落事故での坂本九さんの遺体の状況はどうだったかとうと、もう事故が凄まじく損壊レベルではなく坂本九さんの確認は歯が一致したことで確認されました。

坂本さんは、ボストンバッグを機内に持ち込んでおり、墜落現場で発見・回収され、その中に録音機能付きのウォークマンが入っていたため、家族は遺言が残っていないかと期待したそうですが、「We are the world」が入っていただけで、遺言らしきものは何も録音されていなかったそうです。遺体の画像はもちろん残されていません。

坂本九さんの乗っていた日本空港123便、他の乗客の方の遺書

次のページへ