橋幸夫が元妻の凡子と熟年離婚!?離婚の原因は不倫?宗教? エンタメ

橋幸夫が元妻の凡子と熟年離婚!?離婚の原因は不倫?宗教?

橋幸夫さんといえば、1962年の吉永小百合さんとのデュエット曲「いつでも夢を」が大ヒットしたことが印象的ですね。1971年には妻の凡子さんと結婚。46年の月日をともに過ごしました。ところが突然、2018年3月1日、突然の離婚……。その原因は?

橋幸夫が離婚した原因は不倫?宗教?

橋幸夫さんの突然の離婚に驚いた人も多いのではないでしょうか。46年間の結婚生活に終止符を打つわけですから、何か並々ならぬ理由があるに違いないということで、多くの推測を呼びました。最後はひとりでひっそりと……と語っていたのに、実はとっくに再婚していた!?

橋幸夫のプロフィール!吉永小百合とのデュエットが人気

ではまず、橋幸夫さんのプロフィールを見てみましょう。橋幸夫さんは1960年にデビュー。そのため、現在の若い人はあまり活躍を知らないかもしれませんね。しかし日本レコード大賞を2回(第4回と8回)も受賞するなど、当時大変な注目を集めている歌手だったのです。

特に代表的なのが、吉永小百合さんとのデュエット曲である「いつでも夢を」。1カ月で30万枚売り上げるという驚異的な記録を残しています。しかし、本当にいつでも夢を見続けてしまったのか。熟年離婚の果てに若い女性との再婚は、衝撃的な報道でした。

  • 名前:橋幸夫
  • 生年月日:1943年5月3日
  • 出身:東京都荒川区

橋幸夫が熟年離婚した理由の真相は不倫?

2018年3月1日、突然報じられた熟年離婚。どうやら、2017年の末ごろにはすでに離婚が成立していたようなのです。その一方で、実は報道された段階で別の女性と再婚していたという話も……?相手は介護職の50代の女性だそうですが……。これが本当なら、離婚の原因は不倫であったということでしょうか。

50代の女性というと年が近そうな気がしてしまいますが、橋幸夫さんは1943年生まれ。つまり、現在75歳です。50代といっても年齢はおよそ3分の2ですね……。超熟年離婚の原因は、自分よりはるかに若い女性との不倫だったということでしょうか。

橋幸夫は不倫相手とハワイに新婚旅行?

2017年末に離婚し、すぐに再婚した橋幸夫さん。実は2018年2月に、ファンとの親睦会であるツアーでハワイに言っているのですが、そこに新しい奥さんも同行。つまりこれはある意味新婚旅行ということになります。

新しい妻が同行していたものの、その段階ではほとんどのファンは橋幸夫さんがまさか熟年離婚していて、そしてツアーにやけに親し気にしている女性が再婚相手だなんて、思いもよらなかったでしょう。帰国し、3月になって熟年離婚が報じられてから、ショックを受けているようです。

橋幸夫の熟年離婚と再婚にネットでは様々な意見

やはり一番は、橋幸夫さんがひどいという意見でした。母の介護を奥さんにさせておきながら、挙句の果てに離婚。そして若い女性との再婚。40年以上も連れ添ってその果てがこれだなんて、最低だという意見が相次ぎました。

一方で、「自分がこの奥さんの立場なら喜ぶ」という意見も。相手が橋幸夫さんですから多額の慰謝料をもらえるでしょうし、義理の母の介護に苦しむ必要はなくなります。自由になり金も得られてよかったじゃないか、とする意見も多数見られました。

橋幸夫の元妻凡子は献身的な人だった

元奥さんはとても献身的な人だったそうですね。橋幸夫さんの個人事務所の世話をしたり、先ほど紹介したように義理の母の介護もしたり。認知症を患った義理母の介護のせいで、本人は毎日2時間くらいしか睡眠がとれなかったといいます。

橋幸夫の元妻凡子は宗教に頼っていた?

そんな日々で疲れ果てたのでしょうか。凡子さんは宗教に頼るようになったといいます。自宅に行くと、怪しげな水晶玉や壺などが置かれていたのだとか。そうするうちに、だんだんと夫婦の心の距離は離れていったようですね。

離婚でビルを元妻に贈与?

離婚の時、橋幸夫さんは自宅兼スタジオのビルを贈与したといいます。購入した時は、そのビルは15億円したのだとか。大変な苦労を掛けたのですから、奥さんもそのくらいもらわないといけないですよね。ただ橋幸夫さんはこのところあまり出番がないので、老後の資金が心配されています。

実は橋幸夫は浮気を繰り返していた!?

実は橋幸夫さんは浮気の常習犯でもあるようです。なんでも、結婚3年目くらいからはすでに浮気をしていたといいます。「ゴルフに行く」といって出かけては、浮気を繰り返していたのだとか。そのことを雑誌で語っています。

さらに2017年の『ダウンタウンなう』では、浮気をしたことが原因で熟年離婚になりかけたことを語っています。その時に、「浮気がなんなのよ!」と橋幸夫さんは開き直っていたので、世の女性たちの反感を買うことになりました。

橋幸夫と元妻凡子の馴れ初めは

本当は二人は出逢った時はラブラブで、46年間も連れ添った夫婦です。誰も熟年離婚とその直後の再婚なんて、予想だにしなかったでしょう。ここで、橋幸夫さんと元妻凡子さんの馴れ初めを見てみましょう。最初に二人が出会ったのは1969年のこと。飛行機の中でした。

凡子さんは、客室乗務員だったのです。そして、橋幸夫さんの大ファン。それをしっていた彼女の同僚が彼女を橋幸夫さんに紹介したのがきっかけ。二人とも、一目ぼれだったそうです。帰りの飛行機は、わざわざ凡子さんのいる便に変更するなど、かなりの熱の入りようでした。

当時はこの恋は、「大空を翔る恋」と呼ばれ報じられました。本当にロマンチックですよね。二人は翌年の1970年に結婚。出会ってから2年ですね。結婚式の披露宴には石原裕次郎さんや美空ひばりさんを始め、多くの人が二人を祝福しに訪れました。

橋幸夫は子供が生まれたころから浮気を始める

1973年に、長女が誕生。1977年には長男が誕生しました。結婚して3年目と7年目ですね。ところがこの時期から、橋幸夫さんは浮気を始めるようになるのです。凡子さんはこのことに苦しみ、何度か話し合いを持ちかけます。

しかし橋幸夫さんは一向に取り合いません。浮気をしていたことははっきりと認めていたものの、生活で困らせたことはないから良いというのです。とはいえ介護も凡子さんに任せきりで、日に日に凡子さんの不満はたまっていきました。

橋幸夫と元妻凡子は別居

何とかして普通の夫婦生活を送ろうとした元妻の凡子さん。義理の母をみとったあと、ちゃんと夫婦生活をやり直そうと橋幸夫さんに持ちかけました。その時は橋幸夫さんも反省したらしく、土下座をしてこれまでの浮気を誤ったそうです。

ところが結局、2016年に橋幸夫さんと凡子さんは別居。仮面夫婦ぶりに疲れ切った凡子さんは、ついに離婚を切り出しました。そして2017年末、二人は離婚が成立。そして今回橋幸夫さんは50代の女性と再婚するに至ったのです。おそらく別居婚中も、その女性と親しくなっていたのでしょうね。

橋幸夫と現在の妻の関係は?

新しい妻は介護職の女性ということですから、おそらく母の介護に関して出会う機会があったのでしょう。しかし実際に介護を担っていたのは元妻の凡子さんです。実際に介護をしている自分より介護職の女性を選ばれるなんて、つらかったでしょうね。

橋幸夫と現在の妻、熟年離婚の真相まとめ!

以上、橋幸夫さんと元妻凡子さんの熟年離婚、そして再婚相手について紹介しました。結婚して3年目から始まり、46年の夫婦生活に終止符を打つまで続いた浮気。これからも続いて、新しい奥さんを苦しめることになるのかもしれませんね。