スピルバーグに気に入られた森崎ウィン!英語もペラペラ?出身大学情報もアリ?

ハリウッド映画「レディプレイヤー1」に出演し、一躍有名になった森崎ウィンさん。今やバラエティでも引っ張りだこですが、プライベートについては意外と謎に包まれています。学歴や出身大学など、スピルバーグ監督も認めた森崎ウィンさんの私生活に迫ります!

スピルバーグもびっくり!森崎ウィンの出身大学と英語力

ミャンマー出身の森崎ウィンさん。小学校からは日本の学校に通い、高校、大学も相当高い偏差値だったと言われていて、バラエティでも頭の良さをのぞかせています。スピルバーグも認めた天才俳優・森崎ウィンさんの気になる学歴情報についてまとめました。トリリンガルという噂は、果たして本当なのでしょうか?

英語もペラペラで高学歴!大学時代の森崎ウィン

本人からの情報によると、森崎ウィンさんは都立第一商業高校の卒業で、当時から英語もペラペラだったそうです。ただ、残念ながら出身大学についての情報はなく、「どうやら大卒らしい」ということしかわかっていません。これだけの英語力とスペックですから、きっと偏差値の高い一流大学に通っていたんでしょうね。

大学時代からモテモテ!英語力が武器の森崎ウィン

バラエティではいじられキャラの森崎ウィンですが、よく見るとやっぱりイケメン俳優であり、大学時代からさぞかし英語力を武器にしてクラスメイトたちを毎日のようにナンパしていたのでしょう。見た目もチャラ男ですが、森崎ウィンさんに声をかけられたら女の子だったらすぐついて行っちゃうかも!

バラエティでもハイスペック!英語力といじられキャラ

ハリウッド俳優ということで一気にブレイクした森崎ウィンさん。最近ではバラエティで見かける機会も多く、得意の英語と「ちょっと情けないキャラクター」で安定したポジションを築きつつあります。森崎ウィンさんにかぎらず、最近のバラエティで生き残るためにはハイスペックと親近感のバランスがポイントみたいですね。

誰でもよかった?スピルバーグの森崎ウィン抜擢秘話

森崎ウィンさんのハリウッド進出はもちろん素直に喜ばしいことですが、あまりにも急に売れすぎてしまったため、見ているほうとしてはついつい「本当は誰でもよかったんじゃないの?」と思ってしまいます。スピルバーグ監督の森崎ウィンさんの抜擢には、どのような思惑があるのでしょうか。

彼が笑うと私も笑顔になれて。機嫌が悪いときでも、彼の笑顔を見るとすぐに気分がよくなるんです(笑)。それに、私には4人の娘がいますが、彼を起用したら娘たちがこの映画を見てくれるかなと思って(笑)。彼はハンサムだしカリスマ性もあるし、何よりとってもいい人。だからこそ、たくさんの日本人の俳優の中から彼に決めました。あまり意識はしていないと思います、潜在的なものというか。この映画の編集をしているときに、上映中の「ペンタゴン・ペーパーズ」の台本を読んでいて、「これは現代にも通じる話じゃないか、まさに今の大統領が同じことをしている」と思って語るべき義務を感じました。それが歴史的な物語を映画にするときの気持ちです。

(引用:ライブドアニュース)

英語もダンスも一流!ハリウッドデビュー前の森崎ウィン

すっかり「ハリウッド俳優」としてブレイクした森崎ウィンさんですが、もともとはアーティストやダンサーとして活動しており、ヒット曲もいくつもリリースしていました。スピルバーグ監督と出会い、ハリウッド俳優としてブレイクするまでの森崎ウィンさんの活動についてまとめました。

演技よりも音楽?スピルバーグも知らない森崎ウィンの才能

森崎ウィンさんの芸能人生は、音楽活動からスタートしました。「DAKARA☆S」のメンバーとして加入し、グループ解散後は「PrizmaX」に移籍し、自身で作詞作曲したシングルをリリース。演技力はもちろんのこと、音楽的なセンスと才能にも恵まれているのですね。

スピルバーグに見せたい!森崎ウィンの主演映画

もはやハリウッドのイメージしかない森崎ウィンさんですが、ハリウッドデビュー前の2014年には尾崎豊の追悼映画である「シェリー」に主演し、俳優として高い評価を受けています。ハリウッドデビュー前から演技の基礎を着実に積み重ねていたんですね。今後にますます期待できます!

とにかくすごい!英語力だけじゃない森崎ウィン

歌って踊って、演技もできる。まさに俳優が天職のような森崎ウィンさんですが、これだけのハイスペックですから、きっと俳優以外の道でも大成功していたのではないでしょうか。高校時代から理系の才能もあったということですからプログラマーか、SEも似合いそうですし、英語力を活かして外交官になる、という選択肢もあったかもしれません。

かっこいいけど……森崎ウィンに待ち受けるきびしい運命

今でこそハリウッド俳優としてちやほやされている森崎ウィンさんですが、これはある意味でハネムーン期間であり、早くも一発屋になりかけている、という意地悪な見方もあります。森崎ウィンさんが今後俳優として本物になれるかどうかは、これからの森崎さん自身の努力と運次第、ということになりそうです。

また「ミャンマーで生まれ育ったことはあまり知られていないかと思うので、自分のルーツの部分を知っていただけたらうれしいです」とコメントした。囲み取材では、映画「レディ・プレイヤー1」に出たことでの反響を聞かれ「テレビのロケをしていた時に一度『ダイトウですか?』と男性に言われて、すごくうれしかったです」と明かし、「一年前と比べると、こういう環境(イベント)に立てたり、テレビにも出していただけるようになったのは『やっときた』という思いはあります。自分の周りが怒涛(どとう)のように変わっていく中で自分の意識もどんどん変わっていっている実感はあります」と今の心境を語った。

(引用:ライブドアニュース)

スピルバーグも注目?森崎ウィン以外の逆輸入俳優

日本国内で地道に活動していながらも、海外で認められた途端に日本で大ブレイクする「逆輸入俳優」は少なくありません。ちょっと不思議な現象ですが、森崎ウィンさん以前に逆輸入俳優としてブレイクしたケースについて具体的にまとめました。

ディーン・フジオカ

甘いマスクと端正なルックスで「ディーン様現象」を巻き起こしたディーン・フジオカさん。何となく韓流っぽい顔だちですが出身は福岡県で、香港でミュージシャンとして活動していました。日本では「結婚」、「モンテクリスト伯」などの映画やドラマに主演し、クールでオシャレな演技で女性ファンを惹きつけています。

菊地凛子

「バベル」での特徴的な演技が注目され、それ以降もハリウッド女優として話題作に出演している菊地凛子さん。つい最近も「パシフィック・リム」の最新作でパワフルな演技を見せてくれましたし、作品によってはフルヌードさえ辞さない不屈の女優魂でつねに新たな魅力をアピールしてくれています。

ビートたけし

芸人としては早い時期からブレイクしていたビートたけしさんが日本で映画監督として認められたのも、実は逆輸入がきっかけでした。カンヌやパルムドールなどのブランドに弱いのは日本人の悪いところではありますが、たけしさんの世界観は国境を超えて通じ合うものがあり、日本人監督が海外で評価される布石にもなりました。

英語力がポイント?逆輸入俳優の需要

森崎ウィンさんをはじめ、逆輸入俳優のブレイクはもはや芸能界でも当たり前になりつつあります。逆輸入俳優が日本であらためてブレイクする背景には、どのような事情がからんでいるのでしょうか。

大学もきっと高偏差値!英語ペラペラの森崎ウィンの今後に期待

スピルバーグお墨付きのハリウッド俳優として押しも押されもせぬ人気者となった森崎ウィンさん。出身大学の情報は今のところ公開されていないものの、英語ペラペラ、頭脳明晰ということですからきっと偏差値も高く、一流大学に通っていたものと思われます。森崎ウィンさんの日本での活躍に期待したいですね!