離婚騒動で話題になった麻木久仁子さん。実は病気で療養!現在は? 芸能人

離婚騒動で話題になった麻木久仁子さん。実は病気で療養!現在は?

数多くのクイズ番組で、頭脳派タレントとして活動する麻木久仁子さん。私生活では離婚、そして再婚。その再婚が離婚成立前から交際が始まっているとして、不倫だったのではと世間を賑わせた。その後も脳梗塞の発症と、乳がんの手術を公表したりとその私生活は波乱万丈です。

波乱万丈な人生を歩んでいる麻木久仁子さんの現在

少し前まではクイズ番組でよく見かけた麻木久仁子さん。最近ではあまり見かけない麻木さんですが、実は脳梗塞と乳がんの治療を行っていました!現在では回復したそうなので、また前のようにさまざまなクイズ番組でその活躍を見られるかもしれませんね。

麻木久仁子さんのプロフィール

  • 生年月日:1962年11月12日
  • 出身地 :東京都大田区
  • 出身大学:学習院大学・法学部(中退)

弁護士になるのが夢で、学習院大学の法学部に入学した麻木さん。決して裕福な家庭で育ったわけでは無い彼女は、生活の為のアルバイトに追われ単位不足になってしまい、3年生に上がることが出来なく、奨学金が打ち切られてしまい中退することとなってしまいます。

ですが、その後芸能活動を始めるとCM出演、女優デビューととんとん拍子にブレイクしました。そして持ち前の頭脳を活かし、タレントとしてもレギュラーを持ったりと各所で引っ張りだことなります。

タレントとして絶頂だった麻木久仁子さん

私生活では1994年4月に、幼馴染で有名作曲家の松本晃彦さんと結婚。そして同年11月25日に女の子を授かる。松本晃彦さんは踊る大捜査線シリーズやアニメ映画サマーウォーズの作曲家として有名ですね。

離婚の原因は長年のすれ違いが原因?

2006年3月31日に「ここ数年のすれ違いが原因」との事で離婚してしまいます。その後、APF通信社代表取締役の山路徹と再婚します。ですがこの再婚が麻木さんのタレント人生で大変な騒動となりました。

離婚から再婚した麻木久仁子さん。山路徹さんとの馴れ初めは?

2人が知り合ったのは1999年頃で、山路さんがディレクターを務めたテレビ朝日の報道番組「ザ・スクープ」に麻木さんがキャスターとして起用されたのが初めだったようです。その後も麻木さんのラジオに山路さんがゲストとして出演するなど交流がなんどかあったようです。

もともと世界情勢に詳しい山路さんと、勉強熱心な麻木さんがお互いに惹かれていくのに時間はかからなかったでしょう。2人が急接近したのは2004年の終わり頃に食事に行く仲となり、そして2005年には交際がスタートしました。

W不倫騒動!?

実はこの交際がスタートした頃、2人はまだ離婚前だったのです!麻木さんが離婚したのは2006年の3月で、山路さんが離婚したのは2006年の6月。2人の交際が始まったのは2005年だったのでW不倫と言えるでしょう。

なぜ麻木久仁子さんは不倫することに?

2人とも共通して言えるのは、既に夫婦関係が冷めてしまっていた事でしょう。ですが、山路さんの当時の奥さま、大桃美代子さんはまだ山路さんと別れたくなかったようです。お互い離婚が成立するのを待てなかったのですね。

なんで不倫が世間にばれたの?

世間に不倫がばれたのは山路さんの元妻の大桃さんが自身のツイッターで「ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていたことがわかったこと。先輩として尊敬していたのに、ショック」と呟いたことで公になりました。

それに対して、麻木さん側から記者会見が開かれることとなり、山路さんとの交際があったことを認めました。ですがその際、同席した弁護士から「夫婦関係が破綻しているので、不倫関係にはならない」との主張で、いろいろとメディアでもめる事となりましたね。

麻木久仁子さんと山路徹さんの離婚!?

ですが、その山路さんとも2010年11月に離婚していました!その理由は「お仕事でも尊敬しているし、うまくやってきたと思うけど、ここにきて、私の精神的、体調的、金銭面的に疲れてしまうことがあり、ピリオドを打った」との事でした。

実はこの時期、麻木さんに脳梗塞が発見された時期でした。体調的とはこのことだったのでしょうか。この騒動があってから、世間から好印象だった麻木さんの高感度が一気に下がったように思います。

ある日突然体に痺れ?これって…病気!?

読売新聞オンラインで自身に起こったことを綴っています。「2010年暮れ、48歳のときに身辺がちょっとバタバタして…だいぶ悩んでいたんですけど、ある時突然、右手と右足が震えだしちゃって。例えば、正座して急に立ち上がると何も感じないほどしびれ切っていることがあるでしょう? それが右手と右足だけに来る感じ」

「歩こうと右足を踏み出そうとしても力が入らなくてカクンとなっちゃったり、鍵を開けようとして鍵穴を狙っても震えて鍵が入らない、だから左手で腕を支えないといけなくなっちゃったりして、「これはおかしい」と思ったのがきっかけでした」これは脳梗塞に見られる症状ですね。

麻木久仁子さんが脳梗塞の病気になった原因って?

同記事にて「ところが、「脳梗塞があった」「それで震えが来た」のは確かなんだけど、それ以外は何にもなかったんです。特に脳梗塞を作る元の病気もなく、「どこから血栓が飛んだのか」って体中の動脈を見てもらっても、先生に「何てきれいな頸動脈!」なんて言われるほど(笑)」

「原因はよく分からないけど、先生からは「ストレスが原因の可能性もあるから、ストレスをためないようにゆっくりしなさい」って言われました」この時期のストレスといえば離婚に不倫騒動とメディアでたたかれていた時期です。もしかしたら少しはそれが脳梗塞の要因があるのかもしれません。

脳梗塞がひと段落した後の人間ドックが引っ掛かる!なんの病気?

軽い脳梗塞で体調も戻った麻木さん。その後、毎年受けている人間ドックのついでに受けた乳がん検査で乳がんが発見されました。大きさは一センチも無かったものの、左右どちらにもガンが発見され左右両乳房の患部摘出手術を受ける事となります。

ステージ0の超早期発見だったので、乳房全摘出は避けられたようです。乳がんの放射線治療では、左右に30回ずつ合計60回照射し、乳がんのホルモン療法は一日1回、薬を飲むだけを5年間続けたそうです。もちろん副作用もあったようで、早期発見とはいえつらい治療だった事でしょう。

乳がん治療現在

乳がんとの長い5年の闘病も、再発をしていないかどうか「マンモグラフィー」「超音波」の検査を受け、特に問題も無く治療が終了したようです。ステージ0の早期発見でも5年の治療をすることに驚きました!はやりガンは恐ろしい病気ですね。お疲れさまでした。乳がんは数年後に再発することもあるそうなので、定期検診もしているようです。

脳梗塞・乳がんを患い、闘病生活の過程で学んだ食生活

2016年には国際薬膳師の資格試験に合格した麻木さん。長い闘病生活と、心臓病を患っているお母様との同居もあって、自身はもちろん家族の食生活も考えるようになり、勉強したそうです。闘病していても学ぶ意欲があって素晴らしいですね!

今ではタレント業だけではない!麻木久仁子さんの現在

国際薬膳師の資格を取得した麻木さん。現在では祐成陽子クッキングアートセミナーでは、先生として講義もされているようです。この講義は丁寧でわかりやすく、さらに薬膳料理の試食もあり、とても人気の講義だそうです!この知識を生かし、「ゆらいだら、薬膳」というレシピ本も出版しています。

若くして波乱万丈の人生を歩んできた麻木久仁子さん

長い闘病生活で心身ともに疲れた麻木さん。彼女を救ったのは松本晃彦さんとの間に授かった娘さんだったようです。「ママ、もう立ち直れ。 また一から出直せばいいじゃない」きっとこの言葉は弱っている麻木さんに強く響いたでしょう。

2017年頃から少しずつテレビに呼ばれるようになった麻木さん。またクイズ番組などでお目にかかる機会が増えるかもしれませんね。さまざまな苦難を乗り越えた彼女だから出来る事もきっとある事でしょう。