坂口憲二の現在は?難病で引退後、海辺のコーヒー店で働いている?

坂口憲二が難病によって芸能界活動休止をした詳しい経緯!

坂口憲二さんは約三年前から体調を崩していたと公表されましたが、実際病気の症状が出だした約三年前から俳優としてのお仕事はしていなかったようです。俳優業は身体への負担が大きいので代わりにナレーションとしてのお仕事をされていました。
事務所関係者によるとほぼ仕事をしていないにも関わらずギャラを受け取っていたのに対し坂口さんが疑問を覚え、坂口さん自ら所属事務所へ契約解除を申し出たそうです。ここでも坂口さんの真面目な性格が伺えます。

坂口憲二を襲った難病『特発性大腿骨頭壊死症』について

坂口憲二さんを芸能界無期限活動休止まで追い込んだ病気の名前は『特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこつとうえししょう)』という厚生労働省から難病指定されている難しい病気です。
『特発性大腿骨頭壊死症』とは、簡単に言うと大腿骨が血流の流れの悪化によって壊死してしまうという病気です。骨壊死があっただけでは痛みを感じませんが、骨壊死の部分が潰れることによって壮絶な痛みを伴います。坂口さんの場合は骨壊死が潰れてしまったようです。
一年に2,3000人増加しており、起こりやすい年齢は30、40、50代です。手術によって痛みを取り除くことは出来ますが、簡単に直るような病気ではないようです。恐ろしい病気だということがわかりました。

難病の症状が出始めたころの坂口憲二について

坂口さんは2014年に突然ドラマの収録を突然キャンセルし、そのまま入院をされていたようです。2014年というと坂口さんの難病の症状が出始めたときでしょうか。ドラマに対して真面目な坂口さんがドラマ収録をキャンセルして入院する程ですので、相当痛かったことが伺えます。
そのときの入院した原因は「股関節痛」で詳しい原因は判明していなかったそうです。一年前のドラマの撮影中に股関節をひねられたことがあったそうで、股関節をひねったことが原因で元々壊死していた大腿骨に悪い影響を及ぼしたの可能性もあります。しかし、一年前の話なのであまり関係ないのかもしれませんね。
当時坂口憲二さんの所属していた事務所からは「股関節に水が溜まっていた。手術は必要ないであろう」という旨の説明がされたようですが、実際は国から指定される程の難病だと判明するのはそれからしばらく経ってからでした。

『難病指定』の病気とは?

『難病』とは直すことが極めて困難な病気です。それゆえに治療費が高額になることが多いため、国から治療費が補助されます。2009年には対象の疾患が56種類だったのに対し、2018年現在では330種類までに増加しています。坂口さんを襲った特発性大腿骨頭壊死症は71番目に難病指定の疾患として登録されています。
今までは難病指定されておらず治療費の補助を受けられなかった人も難病指定の疾患が増えたことにより、治療がしやすくなりました。難病指定されている病気はどれも大変で苦しいものばかりです。このまま難病指定の疾患が増え続けることを願うばかりです。

坂口憲二の難病の裏では新ビジネスの話も

坂口憲二さんが芸能活動を休止した理由は難病だけが理由ではなく、ある『新ビジネス』をやっているからだという話も出ています。坂口さんはサーフィンがとても好きで、海に近い場所に別荘を構えるほどだといいます。
最近はその海に近い場所でコーヒーの焙煎をするお仕事をされているようで、更にTシャツやキーホルダー、帽子などの九十九里浜のグッズのデザインも手がけているようです。痛みが少ないときは大好きなサーフィンなどもされているみたいです。

坂口憲二のプロフィール

坂口憲二(さかぐち けんじ)日本の俳優 1975年 11月8日生まれ(2018年現在では42歳)A型 東京都世田谷区出身 身長185cm 所属事務所:ケイダッシュ 2018年に厚生労働省指定の難病『特発性大腿骨頭壊死症』を患っていたことを公表し、芸能界を無期限活動休止することを発表する。
坂口憲二さんは『世界の荒鷹』といわれた元プロレスラー・柔道家の坂口征二さんという凄い方を父に持ち、そして『狂気の金狼』というニックネームを持つプロレスラー・格闘家の坂口征夫さんを兄に持ち、更に坂口憲二さん自身も柔道二段を持っており、格闘技にかなり精通されている印象を受けます。
坂口さんは明治大学中野高等学校にスポーツ推薦で入学しましたが、後に男性総合格闘家の菊田早苗さんが父親のコネ入学だったと暴露したそうです。しかもその当時は柔道も弱かったらしく、坂口さんの意外な一面を垣間見ることが出来ました。
NEXT 坂口憲二の特技について