女優・名取裕子は結婚しているの?旦那は誰?子供はいるの? エンタメ

女優・名取裕子は結婚しているの?旦那は誰?子供はいるの?

得も言えぬ上品な美貌と、常に体当たりの真摯な演技のギャップの妙で、若い頃から人気の高い女優さんでした。そんな名取さんは結婚しているのでしょうか?旦那さんや子供さんの影を感じない名取さんの私生活とは?恋愛経歴は?などを調べてみました。

女優名取裕子の年齢や卒業した大学は?

  • ら生年月日:1957年8月18日
  • 出生地:神奈川県横須賀市
  • 最終学歴:青山学院大学文学部日本文学科
  • 身長:165cm
  • 血液型:AB型
  • デビュー:1976年
  • 所属事務所:茂田オフィス

今や、片平なぎささんに次ぐ「2時間ドラマの女王」の貫禄を持つ女優名取裕子さん。大学生の時に「ミス・サラダガール・コンテスト」で準優勝し(その時の優勝者は古手川祐子さん)、芸能界入りを果たします。「3年B組金八先生」で人気を得ました。「序の宴」「吉原炎上」でのヌードも披露した体当たりの演技が評判をさらに上げました。

名取裕子、高校時代にファンクラブが?若い頃の恐るべき美貌!

なんと名取裕子さんは高校時代(神奈川県厚木高等学校)に、ファンクラブがあったといいます。若い頃から誰もが注目する美人だったのでしょうね。還暦を越えた現在でも、その美しさは保たれています。女優の鑑ともいうべきでしょうか。デビュー後は、美貌と若々しさが相まって全男子の目が釘付けになるような女優でした。

現在はサスペンスの女王、名取裕子!

名取裕子さんと言えばサスペンスものですね。1992年に始まり、現在も続いている人気シリーズ「法医学教室の事件ファイル」や、主婦のカン!の決め台詞で、難事件を解決する検事役を演じるドラマ「京都地検の女」シリーズ、最近では「特命刑事 カクホの女」、もちろん他にも挙げだしたら枚挙に暇がありません。

名取裕子は結婚、旦那、子供はいるの?

「京都地検の女」での名取裕子さんの役どころでは、検事であり日々忙しく仕事をこなす毎日ですが、家事もしっかりこなし、料理も上手といった役柄です。名取さんの実生活ではどうなのかというと、結婚されたことはありません。

名取裕子さんには、美貌とはまた別に、主婦の代表っぽいようなイメージもあるので、意外かも知れませんね。それでも熱愛が噂になったことがゼロではありません。過去には何度かそういう噂もありました。

名取裕子は結婚は?旦那は?子供は?宅麻伸篇

名取さんと宅麻伸さんといえば、ドラマ「法医学教室の事件ファイル」シリーズで、夫婦役を演じています。1992年のシリーズ開始から、かれこれもう26年間も夫婦を演じています。長きにわたる交友歴の賜物か、名取裕子さんと宅麻伸さんの演技の呼吸はぴったり。撮影中は、アドリブを織り交ぜることも多いそうです。

宅麻伸さんは元妻の加来千香子さんとは、1994年に結婚し、2012年に離婚しました。ふたりの結婚期間は18年なので、名取さんとはそれ以上に長い「夫婦関係」となります。お互いの趣味趣向も把握している仲ですので、宅麻伸さんが離婚したという話が出てきた途端に噂は生まれました。

そうなると、お互い独身ですので、宅麻伸さんは名取裕子さんと結婚するのではないか?という憶測につながったのも無理はありません。実際は、そのような関係にはなっていないようですね。あくまで仲の良い共演者のようです。

名取裕子は結婚は?旦那は?子供は?松任谷正隆篇

名取裕子さんは過去に、ユーミンこと松任谷由実さんの夫であり作曲家の松任谷正隆さんと熱愛が報じられたことがあります。嘘か誠か、一時期、ユーミンから正隆さんを奪ってみせる!と略奪宣言をしたとかしなかったとか・・・、ガセネタっぽい話ですが。

名取裕子は結婚は?旦那は?子供は?田村正和篇

名取裕子さんは2014年に、俳優の田村正和さんと食事をしている様子をスクープされています。田村正和さんとは、1983年にTBS系列で放送されたドラマ「夏に恋する女たち」で共演していますし、その他にも共演作品があります。

田村さんは既婚者で、娘さんが二人いるということもあり、熱愛関係ではないようです。しかし、田村さんはプライベートで、他人と食事することは滅多にないと言われているので、おそらく名取さんに対して、家族のように心を開いているのでしょう。

名取裕子の病気はパニック障害!?

これほどに魅力的な名取さんが結婚していない理由の一つに、気に掛かる話題があります。名取さんが過去に「パニック障害」を抱えていたという話です。パニック障害がおこったきっかけは、父親が亡くなったことでした。名取さんは幼いころに母親が亡くなったために、父親に育てられたそうです。

最愛の父親の死のショックが、パニック障害の引き金となりました。名取さんの場合の症状は、出演のときでも多量の汗が止まらなくなったり、新幹線や車などのドアが閉まると呼吸が苦しくなったり、という状況が起こったそうです。

名取裕子を病気から救ったのはなんと愛犬だった?

そんな名取さんを病気から救ったのは、犬だったそうです。名取裕子さんといえば、芸能界でも有名な愛犬家です。子どもの頃からずっと、犬や猫に囲まれて生活してきたといいます。テレビで観る「名犬ラッシー」にあこがれて育ち、当時の夢は、犬と一緒に寝ること、だったと名取さんは述懐しています。

名取さんは愛犬達についてこんな発言をされています。「犬はその短い犬生の間に、生老病死のすべてを私たちに見せてくれる。自分も通る道を、先に歩んでくれているんだなと思います。限られた時間のなかで、何かしてあげられなかった、できなかったという後悔をしなくて済むように、犬たちからたくさんのことを教わっています」

名取裕子は日本有数の優れたブリーダー?

また、動物好きな名取さんは女優という顔の他に、優れたブリーダーとしても活躍されています。50もの優勝カップを手にした、ミニチュアダックスフンド(名前:ジジ)を育て上げたという経歴もあります。名取裕子さんは、あるバラエティ番組の犬種を当てるクイズで、なんと50問中49問も的中させています。

マニアック過ぎるというか、犬オタクとでも言うべきでしょうか、名取さんの犬好き度は、相当なもののようです。日本名犬名鑑2000年度ランキングでドック・オブ・ザ・イヤーが名取裕子さんの愛犬の、ミニチュアダックスフンドちゃんです。

そして、その年のトップ・ブリーダー・オブ・ザイヤーが名取裕子さんです。このように、熱の入れようは物凄くて、愛犬の出産のために産休をとったこともあるようです!現在はジジとココという二匹の愛犬を飼っているようです。

愛犬が教えてくれた、生きる勇気!

京都での撮影のときは、愛犬と片時も離れまいとホテルではなく、ペット同伴可のマンションで過ごしているそうです。そして、2012年愛犬「ブブ」(17歳)が亡くなった時、京都にあるお寺でお墓を購入し、埋葬しました。

そこのお寺は、全国でもまだ数少ない、ペットとともに入ることができるお墓なのだそうです。本当に家族として大切に育てているのですね。父親を失っても、かがえのない大切な家族が新たにできたことで、精神的な健康を取り戻すことができたのでしょうね。

このように、名取裕子さんは献身的な愛犬の世話を通して自らも癒され、そして限られたいのちを実感し、だからこそ悔いなく生きようと覚る中で勇気を得て、パニック障害という病気も乗り越え、充実して生きていく日々に戻れたのでしょう!