フェルナンドトーレスがサガン鳥栖に移籍!移籍した現在はどうなのか!? エンタメ

フェルナンドトーレスがサガン鳥栖に移籍!移籍した現在はどうなのか!?

元スペイン代表のサッカー選手、フェルナンドトーレス選手がなんとJリーグのサガン鳥栖へ移籍し、Jリーグは過去最高の盛り上がりを見せているのではないのでしょうか!?今回はそんなフェルナンドトーレス選手について、サガン鳥栖への移籍に関してまとめていこうかと思います!

目次

[表示]

フェルナンドトーレス選手がサガン鳥栖に移籍!その現在は!?

サッカー元スぺイン代表のフェルナンドトーレス選手がJ1リーグサガン鳥栖と3年で8.5億円で契約に至り、正式にJリーグへと参戦が決まりました。長年欧州リーグで活躍してきた名プレイヤーが日本でプレイするというのは本当にすごいことだと思います。Jリーグは過去最高の盛り上がりを見せているのではないかと思います!

この移籍に関しての盛り上がりはヴィッセル神戸に移籍が決まったイニエスタ選手と並んで相当なものかと思います。そうなると気になってくるフェルナンドトーレス選手についてですが、まずは彼が背負う背番号、そしてJリーグに対しての印象や欧州リーグとの違いといった面からまとめていきたいかと思います!

フェルナンドトーレス選手のサガン鳥栖移籍、現在の背番号は9!

フェルナンドトーレス選手の背番号についてですが、どうやらストライカーの背負う背番号である9となったようです!また、今まで9の背番号を背負っていた趙東建選手は19番の背番号となったようです。やはりサガン鳥栖はフェルナンドトーレス選手に最大級の期待をかけていることがこの背番号から伝わってきます!

この背番号に関してはこれまでシーズン中の変更は認められていませんでしたが、先日ヴィッセル神戸にイニエスタ選手が加入した際にこのルールは改定されていたようです。選手移籍にルールを改定するということに、移籍してきた選手のスケールの大きさと今までの活躍を思い知らされるような気がしました。

フェルナンドトーレス選手のサガン鳥栖移籍、現在の手ごたえは?

ではサガン鳥栖でのフェルナンドトーレス選手の背番号についてまとめていった次は、日本Jリーグでの手ごたえについてまとめていこうかと思います。フェルナンドトーレス選手は移籍後すぐに初先発を飾りましたが、この時にはノーゴールで引き分けという形でデビュー戦を終わる形となりました。

これに関しては、フェルナンドトーレス選手は欧州リーグ時代にもその繊細で緊張しやすいという性格からか遺跡直後にはあまり自分自身の実力を発揮しきれないといった事があるからだと思います。それでもここ一番で結果を出してくれるのもフェルナンドトーレス選手です。ここからに期待していきたいですね!

フェルナンドトーレス選手のサガン鳥栖移籍、jリーグの印象は?

フェルナンドトーレス選手から見たJリーグの印象についてですが、非常に高いと感じているようでした。その中でも試合が始まってすぐに非常に高いリズムで試合が進んでいき、試合終了間際にはスペースが生まれて非常にオープンな展開になるといった点を非常に評価してくれているようでした。

また、フェルナンドトーレス選手の考えるJリーグサッカーの面白みについてですが、試合の展開についてもそうなのですが、どうやらとりわけ終盤の攻防にあるのだそうです。その一方で、リズムの違う日本のサッカーのスタイルにやや難しさも感じているようでした。次からはその点についてまとめていこうかと思います!

フェルナンドトーレス選手の、欧州リーグとのリズムの違い?

フェルナンドトーレス選手の活躍には、日本サッカーへの順応が必要なのかと思います。これまでアトレティコ・マドリー、リバプール、チェルシー、ミランと有名クラブチームで実績を積み上げてきたフェルナンドトーレス選手ですが、ヨーロッパ以外でプレイするのは初めてということもあるかと思います。

このことから、いくら世界の第一線で活躍されてきた一流サッカー選手といえども、日本Jリーグというサッカーに対して順応するのに時間がかかるのは致し方ないと思います。とはいえ、少しづつ間隔もつかみだしてきているということですし、持ち味を発揮する場面も増えてきています。スーパープレイがみられる日も近いかと思います!

フェルナンドトーレス選手、移籍後のデビュー戦で初先発!

そんなフェルナンドトーレス選手ですが、18節のジュビロ磐田戦にて移籍後に初先発を飾りました。試合開始24分にダブルダッチとルーレットという高度なテクニックを見せつけ、55分には惜しく求められてしまうものの、ループシュートを披露し、大いに会場を沸かせる試合となりました!

フェルナンドトーレス選手はJリーグベガルタ仙台戦に続いて磐田戦でもノーゴールに終わってしまったフェルナンドトーレス選手ですが、徐々にコンデションが上がってきていることは間違いないかと思います。このまま欧州リーグでも見せてくれたスーパープレイを見せてくれることを期待していきたいですね!

フェルナンドトーレス選手のサガン鳥栖移籍、師匠呼びの意味は?

フェルナンドトーレス選手は一部の方々から師匠と呼ばれているようです。これについてはフェルナンドトーレス選手の決定力不足についてのニックネームのようなものだったそうです。確かに試合ではここぞというところで決定機を外してしまうのです。確かにこの点は非常に惜しいですね。

これはあまりにも決定機を外してしまうことからネット上ではゴールを決められないFWをノーゴール師匠、略して師匠と呼ぶそうで、このことから師匠とネット上で呼ばれることになったようです。ですがここ一番ではきっちりと結果を出してくれることでも知られています。日本での活躍で払拭してくれることに期待しましょう!

フェルナンドトーレス選手の嫁は元美人プロスケーター!?

では次に、フェルナンドトーレス選手の気になるプライベート、奥さんやその家族についてまとめていこうかと思います。奥さんの名前は調べてみたところオラーラ・ドミンゲスさんと言うらしく、なんとじつは元プロスケーターだったそうです!アイススケートではなく、どうやらローラースケート選手だったようです。

また、フェルナンドトーレス選手の奥さんは質素な美人であるらしく、派手好きなタイプといった事ではないそうです。おとなしい性格であるフェルナンドトーレス選手が選んだ女性ということもあり、夜遊びが好きだったり、派手なファッションに身を包むといったタイプの女性ではないようです!

フェルナンドトーレス選手の子供は何人いるのか?

フェルナンドトーレス選手の子供は3人いるらしく、お名前はそれぞれ長女のノラちゃん、長男のレオ君、そして次女のエルサちゃんというそうです!次女のエルサちゃんについてはあまり情報がないのでその顔といった部分は不明なのですが、ノラちゃんとレオ君は非常にかわいらしい顔だと感じました!さすがトーレス選手のお子さんですね!

そんなお子さんと奥さんですが、フェルナンドトーレス選手がサガン鳥栖に移籍し、数年プレーするということで、恐らく奥さんであるオラーラさんやお子さんたちも一緒に来日しているのだと思います。とても家族を大切にされるトーレス選手なので、日本で家族そろってのプライベートが見れる時が来るのかもしれませんね!

まとめ

フェルナンドトーレス選手のサガン鳥栖への移籍やJリーグでの手ごたえ、またその印象についてまとめていきました。スペインで名プレーの数々を見せてくれたフェルナンドトーレス選手、きっと日本でも素晴らしいプレーを見せてくれることかと思います。フェルナンドトーレス選手の今後のプレーに、注目していきたいですね!