遠野なぎこは病気⁈若い頃の離婚も病気のせい⁈強迫性障害や摂食障害って? 女優

遠野なぎこは病気⁈若い頃の離婚も病気のせい⁈強迫性障害や摂食障害って?

バラエティー番組でも活躍中の女優・遠野なぎこさん。過去も、そして今現在も病気らしい遠野なぎこさん。一体どんな病状なのでしょうか⁈そして原因は⁈どうも生い立ちに関係するらしいのですが…一体何が彼女に起こっていたのでしょうか?調べてみました!!

遠野なぎこは病気⁈若い頃から摂食障害⁈生い立ちが関係⁈①

遠野なぎこさんが摂食障害と診断されたのは15歳の時だったと言います。思春期で体重が増え始めた彼女に母親が「食べたら吐く」という行為を教えた事がきっかけだったそうです。遠野なぎこさんは、幼いころから、母親からの虐待を心身に受けて育ったのだとか…

彼女が小学生の時に両親が離婚。遠野なぎこさんの母親が4人の子供を引き取りますが、自分では育てなかったそうです。いわゆる育児放棄をして男遊びを繰り返えす毎日だったとか。そのため3人の弟妹の面倒を遠野なぎこさんが見ていたそうです。

遠野なぎこは病気⁈若い頃から摂食障害⁈生い立ちが関係⁈②

遠野なぎこさんに対する母親の差別は激しいもので「弟と妹はかわいいけど、それに比べてあなたの醜い」と繰り返し言われていたとか…母親のセリフとは思えませんよね。彼女は小学校に入学する頃に「私はダメなんだ…」と自己否定をすることが当たり前になっていたそうです。

遠野なぎこさんが芸能界入りするきっかけにもなるのですが、弟と妹が歩けるようになるとすぐに母親の意向で児童劇団に入ることになりました。しかしその劇団に幼い弟と妹を連れていくのも遠野なぎこさんの役目だったとか。

遠野なぎこは病気⁈若い頃から摂食障害⁈生い立ちが関係⁈③

そこで遠野なぎこさんが芸能関係者の目にとまりスカウトされたそそうです。しかしそれすらも母親はよく思わなかったとか。デビューを果たした遠野なぎこさんは1995年のドラマ「未成年」の収録中、思春期ということもあり少し太ってしまったらしいのです。

そのことを母親に相談すると「やせたいのなら、吐けばいい」と言われたんだとか。遠野なぎこさんは素直にこの言葉を受け入れて「未成年」の収録期間中に食べては吐くを繰り返していたと言います。どんどんと悪循環に陥ってしまった彼女。

遠野なぎこは病気⁈若い頃から摂食障害⁈生い立ちが関係⁈④

この悪循環は撮影終了後もクセになってしまい自分でもこれはおかしい!!と気がついたらしいのです。やがて遠野なぎこさんは今でも続く「摂食障害」へと陥ってしまいます。最近でも、過食嘔吐による激やせ、激太りの体重増減は続いているそうです。

30㎏近くの激やせ、激太りを繰り返している遠野なぎこさんは番組企画の人間ドックで「余命7年」と警告されたこともあったとか!!現在遠野なぎこは、虐待をうけた母親とは絶縁状態にあるといいます。しかし壮絶な過去は、遠野なぎこさんの中に今もなお深い爪痕を残しているのですね…

遠野なぎこ 離婚も摂食障害のせい⁈強迫性障害も⁈①

母親から虐待を受けて育ってきた影響で精神を病んでしまった遠野なぎこさん。2013年12月には精神科に通い続けていたことを告白しています。さらには過去に男性と7股交際も告白をしていましたダメだとわかっていても精神の闇から抜け出せずに苦しんでいたと言います。

遠野なぎこ曰く「バラエティー番組に出始める直前は本当に地獄でした。摂食障害などに悩み本当に死ぬことしか考えられなくなって首をくくろうとしたこともありました」と、かなり精神的に追い詰められていたことがわかります。

遠野なぎこ 離婚も摂食障害のせい⁈強迫性障害も⁈②

遠野なぎこは2009年5月に交際半年で年下の会社員と結婚をするもわずか72日間で離婚をしました。この時は過食嘔吐を1日5回ぐらい繰り返しており、最初から結婚生活は無理だったと後から語っています。常に複数の男性と付き合ってきたことをバラエティー番組で打ち明け、

「7股女優」とか呼ばれたかった。今までとってもさみしい思いばかりだった。自傷行為でもあったと思う。自分の母親に『あんたの分身が汚れているぞ!!』と見せつけてやりたかったから、そんな行動ばかりしていたとも告白しています。

遠野なぎこ 離婚も摂食障害のせい⁈強迫性障害も⁈③

2014年5月には5歳年上のバー経営者で元プロボクサーと交際わずか2ヶ月でスピード婚をしました。ですがわずか55日間でのスピード離婚をしています。離婚の理由については「日々の積み重ねはもちろんあるんですけど、私の自尊心の低さが一番の原因」と説明していました。

さらに「自分に自信がないのと、愛し方にも彼から愛をもらうことにも自信がなかった」ともインタビューに答えてていた遠野なぎこさん。「家族が欲しくて、でも幸せのなり方がわからないのだと思います。幸せになりたかっただけなんですけれど」とも話していました。

遠野なぎこ 離婚も摂食障害のせい⁈強迫性障害も⁈④

2回目の離婚会見の時は、左手の薬指にはまだ結婚指輪がされていた、遠野なぎこさん。「恋人に戻っただけなんです」と発言されていました。現在も食事を食べに行ったりデートをしたりしているとか…結婚しているときより仲良しなんだそうです。不思議な関係ですよね。

2度目の離婚後は新しく戸籍を取得したとかで元夫の姓を名乗っている遠野なぎこさん。元夫とは「交際中」であり事実婚(戸籍名は既に元夫の名前なので夫婦別姓ではない)になるために「任意後見契約」を結ぼうとしているとしているらしいですよ。さらに今現在は強迫性障害にも苦しんでいるらしいです。

遠野なぎこが苦しむ強迫性障害とは⁈①

「ドアに鍵をかけたかな?」「鍋を火にかけたままかも」と、不安になって家に戻ったという経験は多くの人がしていることでしょう。また、ラッキーナンバーなどの縁起にこだわることもよくあることです。

その不安やこだわりが度を超しているなと感じることはありませんか?戸締まりや火の元を何度も何度もしつこく確認しても安心できなかったり、特定の数字にこだわるあまり生活が不便になったりしている場合は「強迫性障害」かもしれません。
強迫性障害は不安障害の一種です。たとえば「手が細菌で汚染された」という強い不安にかきたてられて何時間も手を洗い続けたり、肌荒れするほどアルコール消毒をくりかえすなど、明らかに「やりすぎ」な行為をともないます。(引用:厚生労働省)

遠野なぎこが苦しむ強迫性障害とは⁈②

遠野なぎこさんが1番強く強迫性障害の症状として現れると語っている点が“確認行為”というものだそうです。もっとも怖いのが「戸締り」と「火事」だと告白しています。飼っている猫が窓から飛び出してしまう映像が出掛けに頭に浮かんでしまって、何十回も窓の鍵を確認してしまったり…

後はIHコンロとコンセントとドライヤーがとにかくダメなんだとか。この3点セットに毎日死ぬ程、恐怖心を抱いてしまうとも話していました。一番酷かった時期は、出発の3時間位前から確認行為を始めていたんだそうです。ご自分でも疲れてしまってしんどいとか…

遠野なぎこ これから

  • 生年月日 1979年11月22日
  • 出身 神奈川県川崎市
  • 血液型 O型
  • 所属事務所 ワイルドビジョン

壮絶な半生といっても過言ではない遠野なぎこさん。今は茶色いメインクーンの悠くんと、黒いノルウェージャン・フォレストキャットの蓮くんが最愛の家族だとか!!2匹は毎回、遠野さんのブログ写真で登場しています。

猫たちと一緒に写っている写真だけは自分を醜いとは思わなくいいとも語っている遠野なぎこさん。心の救いになっているようですよ。これからの活躍を期待していきたいですね!!また新しい情報が入り次第記事にしていきます。お楽しみに!!