柴田恭兵さん、20歳の年齢で息子さんが死亡していた!現在の柴田さんは? 俳優

柴田恭兵さん、20歳の年齢で息子さんが死亡していた!現在の柴田さんは?

ドラマ『あぶない刑事』などに主演されていた柴田恭兵さん。現在66歳の柴田恭兵さんですが、ネットで柴田恭兵さんを探すとなぜか「死亡」の文字がヒットされてしまいます。それは若くして亡くなった柴田恭兵さんの息子さんに関係しているようです。

ドラマ「あぶない刑事」の柴田恭兵さんは現在68歳

ドラマや映画で80本以上の作品のある柴田恭兵さん。代表作はやはり舘ひろしさんと共演した「あぶない刑事」シリーズで、日本一刑事役の似合う俳優さんです。俳優だけではなく、歌手としても活躍されている柴田恭兵さん。

そんな柴田恭兵さんですが、最近はドラマや映画への露出も少ない様子。ネットで柴田恭兵さんを検索すると、「死亡」がヒットしてしまうのが不思議な現象ですが、実は柴田恭兵さんの息子さんが2004年に死亡されいる記事が多く記載されています。

柴田恭兵さんの息子さん、20歳という若い年齢で死亡!

実は柴田恭兵さんの息子さんは、2004年に他界されているんです。亡くなられたのは柴田恭兵さんの次男・鮎さんです。2004年当時で息子の鮎さんの年齢は20歳だったそうです。九州芸術工科大学に在学中で1人暮しをしていたそうです。

息子さんの鮎さんがマンションの部屋で発見された時はもう死亡されていたそうです。死因は心臓発作とのことです。20歳という年齢で心臓発作で死亡するのは少し若すぎるようですが、もともと息子さんは気管支喘息の持病があったそうです。

柴田恭兵さんの奥様は元モデル、名前や年齢は?

一般人なので名前などが公表されていない奥さん

柴田恭兵さんの奥さんは、元モデルさん。シングルマザーの時、柴田恭兵さんに紹介されて、飲み屋さんで知り合いました。奥さんに関しては、おふたりが結婚された時点で奥さんの方が一般人になっていたので、写真や名前は公開されていません。ただ、噂として、奥さんの名前は加奈さん。愛媛県出身の方だという情報が挙がっています。

二人とも、お酒が好きで、とても仲が良いのだそうです。柴田恭兵さんと奥さんは、付き合い始めてすぐに、喧嘩をしてしまったそうです。しかし、それが、お互いの心をさらけ出した、ということだったのでしょうか?それ以来、とても仲良くなったそうです。

死亡した息子さんは、柴田恭兵さんのたった一人の実の息子?

柴田恭兵さんの奥さんに関しては、結婚されたときは既に一般人として生活していたため、名前などの本人関するプロフィールは明らかになっていません。奥さんの方は、離婚歴があるようで、柴田恭兵さんと結婚されたとき既に、息子(長男)を連れていました。

また、柴田恭兵さんと奥さんの間に男児(次男)と女児(長女)が誕生しており、柴田恭兵さんは奥さんの連れ子を合わせると3人のお子さんがおりました。2004年に死亡された息子さんはこの次男で、たったひとり血のつながった息子さんのようです。

息子さん死亡後、ガンで自宅療養していた柴田恭兵さん

息子さんを亡くした2年後の2006年の7月、柴田恭兵さんご自身が初期の肺がんと診断され摘出手術を受けたそうです。幸い早期発見で摘出したため8月中旬には退院し自宅療養の後、柴田恭兵さん同年12月にはドラマ「ハゲタカ」の撮影で復帰したそうです。

しかし、癌の摘出手術の後も、2年間抗がん剤の治療を続けたそうです。ご本人の柴田恭兵さん自身も治療はとってもつらかったといっておられるそうです。もともとやせ型の柴田恭兵さんですが、一層痩せた感じにも見えますよね。

ご自宅で手術後療養された柴田恭兵さんですが、肺がんが発見された際には報道陣がご自宅に詰めかけたり、一部記事でご自宅の写真や住所が掲載されたようです。柴田恭兵さんは有名な俳優とはいえ、大変なことになってしまったようですね。もっとも、カッコよくてファンの多い柴田恭兵さんを心配してのことだと思いますが。

肺がん発見後、現在も禁煙中の柴田恭兵さん

柴田恭兵さんは初期の肺がんと診断された後、7月下旬に右の肺の上葉部を切除する摘出手術を受けています。その後、同年の8月中旬に柴田恭平さんは無事に退院し、前述の通り、同年12月のドラマ「ハゲタカ」の撮影より無事に復帰を果たしています。

肺がんの発見後、禁煙

柴田恭平さんは、相当なヘビースモーカーだったようですが、病気以降は煙草を完全にやめたそうです。ただ、食事やアルコールに関しては特に制限等はしていないようです。柴田恭平さんは「以前よりも健康ですし、アクションもできますし、大好きな草野球も年明けには再開したい」と完全復活をアピールされています。

肺がんを患った柴田恭兵さん。現在の再発の恐れは?

2006年に仕事復帰された柴田恭兵さんでしたが、数年後には顔色が悪く辛そうな姿を見かけられています。そのため、ガンが再発したのでは!?との噂が流れました。実は柴田恭兵さんが患った肺ガン非常に再発の可能性が高いガンで再発の可能性は最高で60パーセントほどあると言われている厄介な病気なんです!克服は簡単ではありません。

2018年現在、年齢が68歳になる柴田恭兵さん

週刊女性さんがガンの再発について柴田さんの個人事務所に聞いてみたところ、 「元気ですよ。いったい、どこからそのような噂が流れてきたんですか」 と一笑に付されてしまったそうです。実際には今のところ、柴田恭兵さんの肺がんの再発はただの噂だけのようですね。

柴田恭兵さんの現在までの活躍

1975年、柴田恭兵さんはサラリーマンを経て、東京キッドブラザースへ入団しました。その後、『十月は黄昏の国』の出演がきっかけとなります。舞台での活躍が増えました。1977年に放送された『大都会 PARTII』の第15話と第36話に出演しています。

この作品は柴田恭兵さんの初テレビ出演となり、翌年にはドラマ『大追跡』に出演しました。柴田恭兵さんは、滝本刑事役で出演しています。1979年にはドラマ『赤い嵐』で大野真役を演じました。柴田恭兵さんはこの作品が初の連続ドラマ出演です。

柴田恭兵さんの超ヒットドラマ「あぶない刑事」

柴田恭兵さんが大注目を浴びるようになったのが大人気刑事ドラマ『あぶない刑事』。1986年10月から放送されたあぶない刑事では、主演の大下勇次刑事役を演じています。も言う一人の酒宴である舘ひろしさんとの息の合った演技でブレイクした柴田恭兵さん。2人がかなり大きなサングラスをマネするhともいましたね。

「あぶない刑事」の劇中では、舘ひろしさん演じる「タカ」のバイクアクションシーンが有名で、反対に、柴田さん演じるユージはバイクには乗らずとにかく走る!走る!走る!あぶない刑事が放送された当時、ユージの走り方を真似している人が多かったですよね。

2016年公開予定の「さらばあぶない刑事」の柴田恭兵さん

2015年2月、東映ラインナップ発表会にて劇場映画第7作『さらばあぶない刑事』の製作発表とともに、本作を最後としたシリーズの完結が宣言されました。公開日は2016年1月30です。いまだに新作が作られるという、人気の映画ですね。

柴田恭兵さんは現在還暦すぎの年齢ですが、体調のほうはどうなのでしょうか?1990年代の「あぶない刑事」で、大下勇次刑事役を演じる柴田恭兵さんの走りっぷりが印象に残っていますが、この完結編の映画でも、変わらぬ走りっぷりを見せてほしいと思います。日本一刑事役の似合う柴田恭兵さんの変わらぬ演技を見せてほしいですね!