原口元気の出身中学、高校がやばい!?素行の悪いエピソードが目立つ!? スポーツ

原口元気の出身中学、高校がやばい!?素行の悪いエピソードが目立つ!?

ワールドカップでの活躍からさらに注目を集めるプロサッカー選手の原口元気さん。そんな原口さんですが出身高校がヤバいという噂があります。今回はそんな原口元気さんの出身高校、中学について、その素行の悪さを物語るエピソードなどとともにまとめていこうと思います!

原口元気の出身中学、高校がやばい!?まずは出身中学から!

原口元気さんは1991年の5月9日に3人兄弟の次男として生まれました。原口さんは子供時代からサッカーをしていたようで、小学校時代から江南南サッカー少年団に所属し、主力選手として活躍するほどの選手だったそうです!流石はサッカー選手として活躍する原口さん、小学校時代からすごい活躍ぶりですね!

そんな原口元気さんの出身中学校についてまずはまとめていこうかと思います。原口さんはどうやら熊谷市立別府小学校から熊谷市立別府中学校に通っていたようです。中学進学と同時に原口さんは浦和レッズのジュニアユースに所属し、その後なんと飛び級でユースへと昇格をしていました!すごいですね!

原口元気さんの出身中学、高校学歴、高校は西武台高校?

原口元気さんの出身中学校について別府中学校に入学しているといったことをまとめていきましたが、次に原口さんの出身高校についてまとめていこうかと思います!原口さんは中学校で浦和レッズのユースチームになんと飛び級で昇格を果たした後、西武台高校へ入学をしていることが分かりました。

高校時代の原口さんはユースチームに昇格した1年目からサテライトの試合に出場しており、その後どのチームが獲得するか多くの憶測が飛び交う中、日本サッカー協会の第2チームに所属しながら、Jリーグへの公式戦へ出場を認められ、名古屋グランパスとの試合にて原口さんは高校生の時点で出場を果たしました。

原口元気さんの出身高校、高校はその後ウィザス高校に?

そんな中学、高校時代から凄い活躍をされている原口元気さんですが、原口さんは確かに西武台高校に入学をしているのですが、どうやら西武台高校から現在は第一学院高校へ名称が変更となったウィザス高校へと編入していることが分かりました。どうやら原口さんは転校をしていたようですね!

原口元気さんの通っていたウィザス高校ですが、どうやらほとんどの授業をインターネットを利用した教育システムによって行い、スクーリングの時のみ通学をするといった形式の学校だったようです。恐らくはサッカーで学業に専念することが難しかったために、通信制の高校に編入したのだと思います。

原口元気さんは出身中学、高校では天狗だった?

原口さんは確かにすごい素質を持ったサッカープレイヤーなのですが、素行の方に問題があるようなのです。このころの原口さんを自身で振り返ってみて、天狗だったと語っていることからも、自覚はあったようです。小さいころからサッカー中心の生活をしていていたことから、少し天狗気味になってしまったのかもしれません。

原口さんの天狗ぶりについて、プレーに自信を持っていた原口さんは端役トップに上げてくれと周囲によく漏らしていたようです。そのころは非常にプレーに自信を持っていたことから、プロの選手を見て自分の方がうまいと思っていたようです。これが本当なら結構な天狗だったことが分かりますね!

原口元気さん、子供時代はやんちゃで不良だった?

原口元気さんは子供のころやんちゃだったと噂されています。負ったおどんな子供時代を過ごしていたのでしょうか、気になりますね!どうやら原口少年は通信簿に暴れん坊やすぐに手を出すといった事を書かれており、忘れ物が多かったりとサッカー以外ではいわゆる不良少年だったようです。

原口さんのご両親はかなり頭を悩ませて子育てに励んでいたことが想像できるかと思います。しかし、原口さんの短所である部分を長所としてしっかりと伸ばすといった育て方をしたことによって、日本代表に選出されるまでに育ったのだと思います!やんちゃな部分があった方こそ、現在の姿になったのだと思います!

原口元気さんの素行は悪い?練習中に選手と一触即発?

原口さんの素行の悪さを印象付けるエピソードに、練習中に起こった出来事があります。エジミウソンという選手が原口元気さんに対してファールを故意にではないもののとってしまい、その際に謝れ!と激怒して詰め寄ったといったエピソードがあります。一触即発の雰囲気だったようで騒然としていました。

故意ではなかったものの、エジミウソン選手も原口元気さんに対してキレてしまい、その後二人はつかみ合いの件かにまで発展してしまったそうなのです。チームメイトが仲裁に入ったことで喧嘩は中止となり、なんとかその場は収まったものの、これに関しては中々強烈なエピソードのような気がしますね!

原口元気さんの素行は悪い?途中退場で監督に詰め寄った?

このエピソードについては2012年に行われた浦和レッズ対柏レイソル戦で起こりました。原口元気さんはこの試合スタメン出場を果たしていたのですが、前半27分に交代となってしまいます。納得のいかない原口さんはなんと監督に抗議しようと詰め寄る事態となってしまったそうなのです。

この時もチームメイトが制止したことによって何とか大事には至りませんでしたが、しかしながら原口さんはベンチに戻った後も納得がいかずにそのまま試合が終了した後にサポーターに挨拶をせずに帰宅をしてしまいました。このエピソードもかなり強烈なエピソードのように思えますね!監督に詰めよるというのは相当なものですね!

原口元気さんの素行は悪い?再び監督に詰め寄る!?

そんな原口元気さんですが、またもや監督に詰め寄る事態となったようなのです。この時はマルシオ・リシャルデス選手と途中交代を支持されたそうなのです。途中交代の指示に納得のいかない原口元気さんは監督に詰め寄り、チームメイトが制止しようとするものの、ピッチの外に出ていくまでに発展したそうです。

怒りの収まらない原口選手はピッチの外にあったクーラーボックスを蹴り上げる事態になったそうです。その際チームの柏木陽介さんがいい加減にしろと注意に来たのですが、このことから原口さんが激高する事態となってしまいました。その後、チームメイトの仲裁によってその場は収まりましたが、これまたものすごいエピソードですね!

原口元気はやんちゃな模様!?本来の性格はどうなのか?

そんな素行の悪いといった印象を受ける原口元気さんですが、本来の性格はどうなのでしょうか?調べていったところ、どうやら原口さんの素行の悪さは、海外のクラブチームに移籍した際に海外の洗礼を受けて少々ですが丸くなったのだそうです。かなり衝撃的な洗礼だったのだそうです。世界の壁は厚いということなのでしょうか。

海外では原口さんが本来理想とするプレーと、監督からの指示によるプレートのギャップや、海外の実力者たちを見ていろいろと思うところがあり、今までのプレーでは通用しないと落ち込んだ時期があったようです。そんな原口さんは生意気さがなくなっていき、周囲は丸くなったということが多くなったのだそうです。

まとめ

原口元気さんの出身中学、高校についてまとめていきましたが、学生時代からサッカー中心の生活をしていたことが分かりました。また、少年時代からのやんちゃな不良少年ぶりは選手となった後も残っており、中々強烈なエピソードを残していました。そんな原口さんの今後のプレーについて、より注目していきたいですね!