中澤裕子と旦那との子供に障害がある!?現在の状況はいかに? 歌手・アーティスト

中澤裕子と旦那との子供に障害がある!?現在の状況はいかに?

中澤裕子さんは、モーニング娘。のリーダーとして活躍し、その後今の旦那さんである新井勝男さんと出会い結婚し、翌年には女の子を出産しました。そんな中澤裕子さんの旦那さんや子供についてのことを中心に本記事では紹介していきます。

中澤裕子と旦那との子供には障害がある!?

中澤裕子さんは、2012年に結婚しさらにその際に自身のブログで妊娠をしていることも併せて発表しました。そんな旦那さんはカリスマ経営者として有名で、福岡に拠点を置いているようです。そして、お子さんについては障害があるという噂が流れていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

さらに2015年には2人目のお子さんを出産をしており、中澤裕子さんは現在社長夫人として幸せな勝ち組生活を送っているように見えます。しかし実際のところはどうなのでしょうか。旦那さんについても様々な噂が出てきています。

中澤裕子の子供は何人?

中澤裕子さんは、2012年11月に第1子である女の子を出産しました。その出産は30時間に及ぶ難産で、最終的には普通分娩から帝王切開に切り替えての出産だったようです。そして、第2子である男の子を2015年5月に出産しています。

初産が難産だったために第二子の妊娠を知った時には、かなり迷いがあったようですが、旦那さんとの相談の結果、旦那さんの希望もあり高齢出産とはなりましたが無事出産しました。お子さんに関して名前などは一切公表しておらず、一般の方と同じように子育てをしています。

中澤裕子の子供は障害を持っている!?現在は?

中澤裕子さんのお子さんが障害を持っているのではないかという噂ですが、中澤裕子さんの長女が1歳半の時にテレビ出演をした際に一人歩きやタッチが出来ずに、ハイハイや座っている姿がおぼつかないという理由で障害を持っているのではないかと噂されていました。

そして、2人目の子供に対して1歳半にも関わらず、伝い歩きしかできないので発達障害ではないかというふうに言われているのですが、これは心配した周りの人達の声が独り歩きしたものではないかと言われています。

旦那の新井勝男は家庭を顧みない?

以前テレビ番組に出演していた中澤裕子さんが旦那さんについて「家庭を顧みない」と告白していたことがありました。顧みないにも様々ありそうですが、旦那さんはIT企業の社長ですので、仕事が忙しいということも考えられます。

中澤裕子の旦那はなにをしている人?

中澤裕子さんの旦那さんは、IT関連企業「スペースワーナー」という会社の社長さんのようで、事業内容はケーブルテレビ関係のコンピュータソフトを作っているそうで、旦那さんが経営しているスペースワーナーという会社は年収が数千万ほどあるようで、他にも事業をしているようで年収は数億ほどあるのではないかと言われています。

本社は福岡で今では移住

スペースワーナーという会社の本社所在地は本社が東京ではなく福岡にあるようで、中澤裕子さんも2014年には旦那さんの会社のある福岡県に住民票を移し、福岡県民になったようです。九州には他にも某有名ゲームメーカーも本拠地としてかまえています。

中澤裕子と旦那との馴れ初めは?

中澤裕子さんと旦那さんは2011年の夏ごろに知り合ったようで、8月には交際を始め10月には熱愛が発覚し報道されました。そして11月にはプロポーズをし約8か月という交際期間でスピード婚をしたことになります。

中澤裕子の性格は結婚をして変わった?

中澤裕子さんといえば、モーニング娘。時代に絶対服従の存在として当時のメンバーやマネージャー、スタッフまでもが中澤さんの機嫌を損なわないように気を遣っていたと言われていますが、そんな中澤さんも結婚をしてから変わったと当時のメンバーである安田圭さんが語っています。

当時は人ではなかった!?

中澤裕子さん自身も当時は心がギスギスしており人ではなかったと、自らを省みる発言をしていました。やはり中澤裕子さんが丸くなったのは、旦那の新井勝男さんや二人のお子さんの存在があったからではないかと考えられます。

中澤裕子は後悔している!?

中澤裕子さんは自身のブログでも家族についてたびたび触れていますが、後悔している事があると語っていました。それは「娘を抱っこ紐から卒業させるのが早かった」ことだそうです。それを思ったのは2歳10か月になる下の子を抱っこしながら、上の子が同じくらいの年齢だった時のことを思い出して出してのことです。

下の子が産まれたことで上の子に手をかけてあげる時間が少なくなったためそのように感じたのではないでしょうか。歳の近いお子さんを産むとどんな親御さんでも同じようなことになるとはいえ、中澤裕子さんは過去の行いを悔やんでいたようです。

他の親御さんに励まされて・・・

そんな中澤裕子さんのブログには、ブログ読者でもなるほかの親御さんたちから励ましのコメントを貰い感謝の思いを綴っていました。そんなコメントの中には、「抱っこの代わりにハグを」というアドバイスもあり、中澤裕子さんはその日上の子からハグをしてもらったことを報告していました。

後悔をしているというブログのように感じるのは中澤裕子さんがお子さんのことを本当に愛しているからであり、お子さんにもその思いはちゃんと伝わっているようです。過去の絶対的リーダーだったころの中澤裕子さんから想像もできません。

中澤裕子は福岡で再ブレイク?

中澤裕子さんは2014年に旦那さんの仕事の関係で福岡に移住をしましたが、福岡では情報番組を4本、ラジオが2本となんとレギュラー番組を6本持っているようで、情報番組では主婦目線のコメントを、ロケ番組ではモー娘。時代に培ったキレのあるツッコミや一般人への見事な対応を見せています。

中澤裕子がデビューから現在に至るまで

中澤裕子さんは1997年にテレビ東京系列で放送されていた「ASAYAN」の企画に応募し、グランプリと獲る事はできなかったがつんくさんに見いだされ、24歳で初代「モーニング娘。」のメンバーとしてデビューを果たしました。

モーニング娘。としてメジャーデビューを果たした後には、演歌歌手としてもデビューしておりその後は皆さんご存知の通り、トップアイドルグループのリーダーとして活躍し卒業後もソロとして歌手として女優として活躍をしていました。

最年長で元OL

中澤裕子さんは、他のメンバーが全員10代の中で一人20代を超えており、高校卒業後からデビューまではOLをしており、モーニング娘。の初代メンバーの中で最年長です。さらに現役・卒業メンバー全てを合わせても実は最年長なのです。

初期メンバーが明かす当時の不満

中澤裕子さんを含む初期メンバーは当時5人でやっていくか5人で解散するかと思っていたようで、メンバー追加を言われた時は相当な不快感があったようです。メンバー募集をステージ上で伝えられた中澤さんと石黒さんは露骨に嫌な顔をしていたと言います。

また、それに対して2期メンバーである矢口さんは嫌がられることはわかっていたと言い、覚悟の上で加入したがその予想を遥かに超すほどの拒否反応だったと語っていました。しかしそんな苦難を乗り越えたからこそ現在のモーニング娘。も存在しているわけです。

地方でも成功を収めた中澤裕子の現在とこれから

かつてはトップアイドルとして活躍していた中澤裕子さんも今では主婦として母親としてそしてタレントとして成功を収め、今なお活躍しておられます。活躍の舞台は福岡に映りましたが、それでも人気は変わらず彼女らしいさを存分に発揮していることでしょう。そんな彼女と彼女の家族の幸せをこれからも祈り続けたいと思います。