8.6秒バズーカーの現在、消えた理由は反日?ラッスンゴレライの意味とは? エンタメ

8.6秒バズーカーの現在、消えた理由は反日?ラッスンゴレライの意味とは?

2014年にコンビ結成し、その年の年末から2015年にかけてリズムネタ「ラッスンゴレライ」で大ブレイクした8.6秒バズーカー。2015年後半には失速していつの間にか消えていましたが、彼らが消えたのにはただの一発屋とは違う理由がありました。

8.6秒バズーカーはどんなコンビ?現在の活動は?

8.6秒バズーカーは大阪NSCの36期生で、2014年の4月にコンビ結成、デビューをしました。2人は吹田市立第二中学校の時の同級生で、中学生時代はもう一人を加えた3人で芸人を目指そうとしていましたが、就職することを選んだ一人が抜け、残った2人で芸人を目指すことになりました。

「ラッスンゴレライ」8.6秒バズーカーのメンバーは?

8.6秒バズーカーのメンバーは2人で、身長170cm、体重80kgのボケ担当はまやねんと、身長173cm、体重57kgのツッコミ担当田中シングルです。ネタ作りは田中シングルがしているみたいです。2人とも結婚していてお子さんもいます。

「ラッスンゴレライ」8.6秒バズーカー現在何をしている?

彼らは、現在何をしているのでしょうか。2016年に大阪から東京に活動拠点を移していました。その理由は東京でもう一度、一からチャレンジしていきたいと思ったからだそうです。そしてライブに出演し、新ネタを披露。終盤には、田中シングルがDJに挑戦。DJスタイルを取り入れて新しいスタイルのお笑いを披露しているそうです。

「ラッスンゴレライ」8.6秒バズーカーのコンビ名の由来は?

NSCに入学したその夜に卒業した中学のグラウンドに忍び込んで50m競争をし、そこではまやねんが8.6秒という記録を出したことから「8.6秒」、これにインパクトがありそうな言葉だからと「バズーカー」を足してコンビ名を付けました。

8.6秒バズーカーの十八番「ラッスンゴレライ」

彼らがブレイクした時のネタは「ラッスンゴレライ」という意味不明なフレーズをはまやねんがリズムの中で言い、田中シングルがそれに戸惑いながら同じくリズムに乗って「ラッスンゴレライって何ですのん」「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さーん」などと応じる展開の、リズムネタです。

元々は普通に漫才をしていた二人でしたが、はまやねんが口下手で、ネタを言うタイミングがうまく行かなかったことから「リズムに乗せればネタもタイミング良く言える」という発想でリズムネタを行うこととなりました。

「ラッスンゴレライ」というフレーズは、ネタ作りに困った田中がはまやねんを笑わそうとした時に生まれたといいます。「ラッスンゴレライ」と言い出してから1時間でネタを完成させたとのこと。日本テレビの「ぐるナイおもしろ荘」への出演で中高生を中心に人気が急上昇しました。

消えた「8.6秒バズーカー」に反日疑惑

ここまでは8.6秒バズーカーの説明を淡々としてきましたが、ここからは8.6秒バズーカーの裏話をお話ししていきたいと思います。彼らのネタ「ラッスンゴレライ」は信じられな意図が盛り込まれていました。これを知ったらあのネタにもう笑えなくなります。

「8.6秒バズーカー」というコンビ名に反日疑惑

「8.6」あなたはこの数字を聞いて何を思い浮かべるでしょうか。そう、日本人としてこの数字を見るならそれは「広島に原爆が落ちた日」。そして「バズーカー」ロケット弾を発射する兵器の名前。偶然にしてもたちが悪いです。

消えた「8.6秒バズーカー」2人のポーズにも批判が殺到

彼らのこのポーズどこかで見覚えがあるという方が調べたのでしょう「原爆ドームのすぐ近く、平和記念公園にある原爆の子の像のポーズじゃないか」と言われています。画像を調べてみると本当にそっくりです。

一人が脚をそろえて立って、両手を上で開き、その左側のもう一人は身体を右に傾け、左手をやや上に向けた角度でまっすぐに伸ばし、右手は顔の近くで曲げています。腕と身体の角度が一致。右の像みたいな角度だと実際には立ってられないので、脚を自然に開いたとするとかなり似ています。

「8.6秒バズーカー」はまやねんが学生時代に反日発言

はまやねんがデビュー前である学生時代に「もう日本オワタ。中国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ」というツイートをしていたことが発覚し、出演している番組のスポンサーにクレームが殺到しました。このことによりオファーが決まっていた仕事もキャンセルが続出。

この件については、はまねやん非を認めており、謝罪もしています。当時、はまねやんは2ちゃんねるに入り浸っており、政治的な発言をすることがかっこいいと思い込んでいたようで、2ちゃんねるで見たレスをコピペのようにTwitterに投稿していたそうです。

「8.6秒バズーカー」の衣装についても疑問が

ドイツのクラウトワークという音楽ユニットの衣装が8.6秒バズーカーのものと似ているとネットで話題になりました。それだけならまだよかったのですが、彼らは「放射能」というアルバムも出しています。偶然にしてはつながりすぎているように思われますね。

「ラッスンゴレライ」のネタ中の言葉にも意味が?

「ラッスンゴレライ」の終盤で使われる、「キャビア、フォアグラ、トリュフ、スパイダー・フラッシュ・ローリングサンダー」この言葉にもひとつひとつ意味があったのではないかと言われています。

キャビアはチョウザメの卵でこれはリトルボーイ(広島に落とされた原爆の名前)、フォアグラは太らせたアヒルの肝臓でこれはファットマン(長崎の原爆の名前)トリュフはきのこ、スパイダーは蜘蛛で雲のこと、フラッシュは閃光でピカ、ローリングサンダーは轟く雷雨でドン。

お気づきでしょうか。当時の日本では原爆のことをピカドンと呼んでいました。これを偶然で片付けるのは無理があるでしょう。彼らは広島の原爆ドーム前でピースをして写真を撮っていたり、何かと問題行動が目立つようになってしまいました。

「ラッスンゴレライ」の振り付け動画でも意味深発言

動画の中で彼らは「あれはダンスとして見てもらいたくないんすよ」「ただ動きをマネしたらいいっていうもんじゃないんすよね」「ちゃんとイメージを自分の中に取り込んでボクら動いてるんで」と言っています。

さらに、「イメージとしては火が……火があるんすよ、ぶわって前に」「それがやっぱ顔にくるんで避けながら」また「スパイダーフラッシュローリングサンダーって言われて」「もうそんなん嫌や、そんなん嫌やて」との発言も。これは割と確信をついているのではないでしょうか。

「ラッスンゴレライ」が「落寸号令雷」という説も

8.6秒バズーカーの不評の発端ともなった「落寸号令雷」。これは信憑性が低いです。事実、これはデマだと発覚しています。しかし、なぜここまで大事になってしまったのでしょう。彼らはいったい何者なのでしょう。

「8.6秒バズーカー」が消えた理由と現在の活動

下積み経験のない芸人が、これほどブレイクしたのは異例でしたが、その人気の寿命は、「史上最速で消えた芸人」ということも言われました。そのことにより、一発屋でもなく”一瞬屋”と言われるぐらいの速さで、消えてしまった8.6秒バズーカーですが、消えた理由は一体何なのでしょうか?

その一、ネタがつまらない・トーク力のないという事が挙げられます。トーク力や漫才など、本来の芸人としての能力を持つ人は再び浮上してきますが、それらがない8.6秒バズーカーには、リズムネタのその後の展開が難しい状況にあったことが言えそうです。現在はライブハウスなどを中心に回っているみたいです。

8.6秒バズーカーの現在まとめ

ブレイク当時は毎日のようにテレビに出ていた8.6秒バズーカーですが、一瞬屋で終わってしまいました、その理由はさまざまありますが、ネタやトーク力がないこと、リズムネタが限界なこと、そもそもの常識がなく態度が悪いこと、そして反日が疑われることがありそうです。