振り切った原田龍二(振り切り画像アリ)愛する妻、息子、娘のヒーローになれるか!?

俳優原田龍二さんは、ここ数年で本来の二枚目路線からマックスに振り切ってバラエティーで新境地を開拓、新しいカテゴリーの俳優としてのポジションを築いた感があります。その奥さんは芸能人?一般人?子供は?気になる原田さんファミリーについて調べてみました!

振り切った原田龍二!新境地開拓で一躍人気者に!

原田龍二さんのプロフィール

  • 生年月日:1970年10月26日
  • 出身地:東京都足立区
  • 身長:178cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優、タレント
  • ジャンル:映画、舞台、TVドラマ

原田龍二さんのイメージは、ハンサムでちょっと孤独を背負ってるような雰囲気があるイケメン俳優という感じでした。しかし、ここ数年でそのキャラクターに、誰しも予想だにしなかった大きい変化が訪れました。

キャラ異変で記憶に新しいのは2017年大晦日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」で、なんと「変態仮面」のスタイルで登場するやその全力な演じ切りようで、爽やかな大爆笑をお茶の間に届けてくれました。

振り切った原田龍二!俳優✛バラエティ✛旅番?

ハンサムで結構真面目そうなのに、あんなことをしてしまう意外性が面白いですね。2016年の大晦日も同番組でアキラ100%さんの丸腰デカの完コピで話題となりました。やっぱりこの振れ幅の大きさ、たまらないです!

当然、俳優さんですからドラマに出演しているのですが、長年シリーズ化されているドラマ「相棒」では陣川公平役で、誰にでも一目惚れしてはフラれてしまう恋多きダメダメ刑事を演じています。でもなぜか憎めないキャラ、愛されキャラのようです。他には「日本の旬を行く!路線バスの旅」などの旅番組で温泉を紹介していますね。

振り切った原田龍二!妻は誰?画像で追跡篇❶

そんな様々な顔を持つ原田龍二さんですが、奥さんはどういう人なのでしょう?初期情報では現在は一般人で、バレーボールが得意で元モデルの経歴がある美女とのことです。ネット上ではこの人が原田龍二さんの奥さんではないかと噂される、二人の名前が上がっています。「畑野ひろ子」さんと「松本朋子」さんという二人の女性です。

畑野ひろ子さんは、ファッション雑誌「JJ」や「CLASSY」のモデルをしていましたし、現在は雑誌「VERY」のモデルをしています。女優としても「サラリーマン金太郎」などに出演し活躍されていましたね。俳優の柏原崇さんと結婚していましたが、2006年に離婚、その後サッカー選手鈴木啓太さんと再婚。現在2人の女の子の母親です。

原田龍二さんと畑野ひろ子さん、このふたりの関係を調べましたが、全く接点はありませんでした。可能性としては、原田龍二さんの奥さん情報について「元モデルでバレーボールが得意な美女」というキーワードから、プロのモデルでありバレーボールもする畑野ひろ子さんの名前があがったのだと考えられます。畑野ひろ子説、ガセネタでした。

振り切った原田龍二!妻は誰?画像で追跡篇❷

次に松本朋子さんについてですが、その前に、原田龍二さんには俳優で強面の役をよく演じている本宮泰風さんという弟がいます。この原田兄弟がとても良く似ていて双子と間違われることもあるようです。違うところは、本宮さんの凄みのある眼光です。直視できない怖さがあります。

本宮泰風さんはケンカが滅法強いことで芸能界では有名ということも聞かれます。そして、何を隠そう本宮泰風さんの嫁が、あの元アイドルでバラエティでブレイクしたタレント松本明子さん(朋子ではありません)なのです。松本明子さんは元祖グラドルとして、名前の通り明るいキャラクターですね。

一方、松本朋子さんという名前の芸能人らしき人は、ラジオのパーソナリティーでありフリーアナウンサーとしても活動している「松本ともこ」さんしかいませんが、特に原田龍二さんとの関係は何もありませんので松本明子さんを松本朋子さんと名前が間違って伝わっただけではないかと考えられます。

原田龍二さんと松本明子さんは親戚であるということは事実ですので、原田龍二さんからすれば、松本明子さんは義理の妹ということです。しかし、原田龍二さんより松本明子さんのほうが歳上ということもあり、明子さんを「姉さん」と呼んでいるのだそうです。松本朋子説、ガセネタでした。

振り切った原田龍二!妻は誰?画像で追跡篇❸

事実は、原田龍二さんの奥さんは「愛」さんという名前で現在は一般の人です。バレーボールが得意な、とても綺麗な女性です。それもそのはずで「鎌江愛(かまえあい)」という名前でモデルだけなく、女優としても活動していたんです。デビュー当時は中高生が見るグラビア雑誌にも登場してる、八重歯が特徴的な可愛いひとです。

鎌江愛さんは1988年放送のSMAP主演ドラマ「あぶない少年Ⅲ」でSMAPの同級生役を演じています。当時のSMAPファンのひとには、八重歯のかわいい女子として記憶に残っているかも知れませんね。また、バブル絶好調の1989年の月9ドラマ「愛し合ってるかい!」にも出演。トレンディドラマ時代に活躍していたのですね。

振り切った原田龍二!妻との馴れ初めは?

原田龍二さんと鎌江愛さんの出会いは、俳優と女優らしくドラマでの共演なのです。1992年放送の学園ドラマ「キライじゃないぜ」で共演したふたりは3ヶ月に渡る撮影で仲良くなって、そのまま交際に発展したそうです。共演時の画像を2017年6月放送の「一周回って知らない話」で公開しています。

その後、二人は原田龍二さんが30歳のときに結婚します。交際歴は10年とかなり長かったのですが、ついにケジメをつけたのですね。原田龍二さんは2001年に結婚して2018年現在で17年経ちますが、離婚の噂も全く上がってきていません。

さぞ円満な夫婦生活を送っているのでしょう。それでもモテ男の原田龍二、愛さんとの交際期間10年の間で、浮気めいたこともしたことがあるそうです。愛さんにガチに怒られ、バレーボールのアタックを顔面に受けたという話もあります。怖っ!

振り切った原田龍二!愛する子供たち、息子と娘篇❶

原田龍二さんには子供が二人います。2002年に長男の一徹くんが誕生しました。2006年4月に長女のさくらちゃんが誕生し、現在一男一女のお父さんです。ちなみに子供たちの正確な誕生日は公表されておりません。

長男の一徹くんとは2011年4月放送「遠くへ行きたい」で一緒に瀬戸内を旅しました。ふたりにとって、とても素敵な想い出になったようです。常には息子さんと一緒に居れないことを、ずっと気に掛けていた原田龍二さんが、旅の相手として一徹くんを指名したのだそうです。ほのぼのとする子煩悩ぶりですね!

また、一徹くんはサッカーをやっています。サッカー選手を目指しているということもあって、浦和レッズのホームである浦和に住んでいるそうです。子どもの夢を応援して住む場所も決め、応援してあげるとは優しいお父さんですね。

振り切った原田龍二!愛する子供たち、息子と娘篇❷

娘のさくらちゃんは、所謂揺れ動く思春期というのでしょうか。反抗こそするそうですが、バラエティー番組に出ている原田龍二さんを見つけては、手をたたいて大喜びだとか。本当に仲良しな家族です。

原田龍二さんの子供たちですが、浦和に住んでいるということもあり、浦和の学校に通っていると考えられます。2017年7月放送の「メレンゲの気持ち」で原田龍二さんは、子供たちの学校は自宅から10分の距離で、参観日も顔を出すことを明かしています。

どこの学校かまでは公表されていませんでしたが、一徹くんがサッカーでプロを目指しているということから考えて、浦和で自宅からも通えるサッカー強豪校となると「さいたま市立浦和高等学校」や日本代表の川島永嗣さんの母校である「浦和東高等学校」である可能性が高いと考えられます。

振り切った原田龍二は愛妻、息子、娘を護る熱いヒーローか!?

原田龍二さんは昔のやんちゃしていた時期、兄弟でケンカが強いと有名だったそうです。渋谷のチーマーと絡んでいたという話もあります。また、原田龍二さんのInstagram投稿が、とても熱い男を物語っています。ポエムのような投稿もあれば、ぶっ飛び画像もよく投稿しています。

自然の画像も多く、木の写真や猫の画像が比較的多いですが、原田龍二さんの内面の熱いものに触れられると思います。また、旅番組で温泉に入るときは、徹底して腰にタオルを巻かない主義で、近くに落ちてる葉っぱで隠すこともあるようです。その理由は「温泉に失礼だから」とのこと。

振り切った原田龍二!松岡修造をも超える熱いヒーローに!!

個性的というか野性的というか、まことに原田龍二さんらしいやり方ですね。そんな風に自分主義を貫くところも熱くて、しかし憎めないキャラですね。また、ハンサムだと面白いことをやっても、ちょっと嫌味で白けるということもありますが、原田龍二さんはとっても面白いのです!

それは原田龍二さんが、今までの築き上げた自分のクールなイメージを惜しげもなく捨て去って、あの裸芸、お盆芸をやったからだと思います。あれから、お茶の間も完全に見る目が変わりましたからね!変態仮面の時は、そんじょそこらの芸に荷は負けないほどのその貫禄たるや、実に堂々たるものでした。

意外なマルチな才能を世間に認めさせたと言っても過言ではありません。また、包み隠さず自分をさらけ出すところも好感が持てます。きっと旅番組の感想も、心から正直に言っているのだろうと感じます。また、熱い温泉に入る熱い男の厚い胸板、鍛えてますね、ストイックな原田龍二さん!どこか松岡修造さんに通ずる熱さを感じます。