カメレオン俳優安田顕の愛娘、慶應中学で芦田愛菜の同級生に! 俳優

カメレオン俳優安田顕の愛娘、慶應中学で芦田愛菜の同級生に!

芦田愛菜ちゃんが入学したことで話題になった慶應義塾中等部の入学式には、俳優安田顕さんも姿を見せていました。彼は人気上昇中の「カメレオン俳優」と呼ばれる実力派です。安田さんにって「可愛い」くて仕方ない娘さんが「可愛い」と評判です!

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

愛娘が慶應中学で芦田愛菜と同級生、安田顕ってどんな人?

安田顕さんのプロフィール

  • 本名: 安田顕(やすだけん)
  •  生年月日:1973年12月8日
  •  出身地 :北海道室蘭市
  • 身長:174cm
  • 足のサイズ:26.5cm
  •  血液型: A型
  •  愛称: ヤスケン
  • 趣味:睡眠
  • 特技:牛乳早飲み
  • 最終学歴:北海学園大学
  • 職業:俳優(演劇ユニットTEAM NACSメンバー)
  •  所属事務所:CREATIVE OFFICE CUE (業務提携先アミューズ)

安田顕さんは、芸能界入りする前は劇団OOPARTSに所属していました。その後、1993年にタレントとして活動をスタートします。演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとして、舞台、映画、ドラマなどを中心に全国的に活動を展開しています。

ヤスケン「カメレオン」は単に役柄が多彩なだけではなかった!

安田顕さんは2015年に放送されたTBSドラマ「下町ロケット」で一躍知名度が上がり、大ブレイクとなりました。それ以降、映画、ドラマへの出演オファーは絶えないと言います。TBSドラマ「小さな巨人」にも味のある所轄の叩き上げの刑事役で出演しています。

また、安田さんは音楽にも非常に造詣が深く、北海道では音楽に関する番組のスタート時から15年間ずっと、ナレーションを担当しており、雑誌でもアーティストとの対談の連載ページを持っているほどだから、生半可な音楽好きではありません。

実父とのやりとりを綴った「北海道室蘭市本町一丁目四十六番地」も発刊し、自らの思いの丈を独特の温かくも柔らかい文章で表現しています。近年は映画、ドラマ、舞台等で数々の話題作に出演、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じています。

名脇役・カメレオン俳優・安田顕

北海道では大泉洋さんを全国区に広めたローカル番組「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)の準レギュラーとして、安田顕さんも数々の伝説を生みだしました。とりわけ、同局のマスコット「onちゃん」として、着ぐるみをかぶりつつのパフォーマンスには熱狂的ファンがたくさんいます。

そして、安田顕さんといえば名バイプレイヤー、名脇役として、数々のドラマや映画で見かけます。安田顕さんは一見クールに見えますが、実際は意外にも、かなり自由奔放な人だそうです。そのギャップというか振れ幅が大きいからこそ、カメレオン俳優と呼ばれるほど多彩な演技表現に優れているのでしょうね。

カメレオン俳優・安田顕の伝説

そんな安田顕さんには数々の、彼ならではの伝説が色々あるようです。例えば、もともと酒豪の安田さんが、番組の企画で飲酒し飲みすぎて、同席していた事務所の社長に面と向かって「実際問題、この社長んとこじゃ食っていけない」と発言してしまいました。更にビールを飲みすぎて、寝てしまうという豪放ぶりです。

安田顕さんは自らの性格を「陰・鬱・暗」と分析しています。また、人前ですぐに脱ぎたがる癖があります。さらには、おならが自由自在に出る!テレビで牛乳の早飲みを披露した時は、牛乳瓶1本を2秒で飲み干しましたが、口を開けた瞬間に鼻から牛乳を吹き出してしまいました。

慶應中学入学式には、安田顕と嫁の姿が!

芦田愛菜さんが入学したことで大変話題になった慶應義塾中等部ですが、同校の入学式には安田顕さんも保護者として、姿を見せていました。同校のある保護者が、入学式では安田さんが、奥さんと一緒に保護者席にいたと伝えています。

安田さんは2002年、学生時代から交際していた一般女性と結婚しました。2004年に長女が誕生しました。ずっと北海道で暮らしてきましたが、東京での仕事が忙しくなってしまい、数年前から「 単身赴任」にような生活を送っています。安田顕さんは普段、仕事上がりに独りで、馴染みの店に寄り、静かに飲むこともあるそうです。

安田顕の愛娘依存症

安田顕さんは、とにかく娘さんがもう可愛くて可愛くて仕方がないそうです。携帯の待ち受け画面は、当然娘さんの写真です。「疲れた時には、奥さんと娘さんから来たメールを何度も読み返すと元気に」なるというほどの家族愛に溢れた人なのです。

芸能関係者の話によりますと、娘さんが北海道の学校ではなく東京の中学を受験するのも、安田さんが多忙のために北海道へ帰る機会が少なくなってしまので、娘さんに会えないのが理由の一つのようです。

安田顕、慶應中学の愛娘と将来、酒を酌み交わす日は訪れるのか!

安田顕さんは、テレビのトーク番組で「奥さんにしても娘にしても頭が上がらないです。感謝しかありません」と話し、娘さんへの想いをこう語っていました。「(娘さんが)私が20歳になったら一緒にお酒飲もうねって言ってくれました。それだけはすごく覚えているんですよね。それまでは絶対に元気でいようと思っています」と。

さらに先ほどの芸能関係者の談によると、安田さんの娘さんは、奥さんの躾(しつけ)がよくて、とてもしっかりしたお子さんだそうです。受験勉強の時も1年間しっかり塾に通い、夏休みなどは上京して夏期講習を受けたりと、相当な頑張り屋さんとのこと。

安田さんも、これで娘さんとずっと一緒にいられる、と嬉しそうだったとのことです。お酒が好きな安田顕さんにしてみれば、可愛い娘さんが成人して、一緒にお酒を酌み交わす日が待ち遠しいに違いないですね!

安田顕の嫁は「女優」で名前は「ともよ」!?

ところでネット上では、安田顕さんの奥さんの名前が「ともよ」であり、職業が「女優」だということになっています。しかし、これは安田さんが出演したドラマの嫁役の名前が「ともよ」で、そこからの情報交錯です。「女優」も同様のガセネタです。前述の通り、安田顕さんが学生時代から交際していた一般女性です。

嫁と愛娘が大好き安田顕、飾らない姿

安田顕さんをはじめNACSの皆さんは全く飾らず、昔と変わらない「北海道のお兄ちゃん」といった気さくさがあります。どんなに売れてきても、根本は変わっていないようですね。北海道民、そして昔からのファンは、安田顕さんがどんなに活躍されていても、距離を遠くに感じさせず、飾らない姿を愛しています。

しかし俳優としてはすでに、日曜劇場の常連ともなりそうな勢いの円熟ベテランぶりで、下手すると主役を食ってしまう程の存在感のあるヤスケンさんです。これからもどんどん新境地を開拓し、カメレオン俳優として、視聴者を唸らせるような大活躍をぜひ見せて欲しいですね!

安田顕の愛娘はヤスケン似?

安田顕さんの知人の弁によれば、安田さんの携帯電話の待ち受け画面を一度見せてもらったことがあるそうです。その画像が、やはり娘さんの写真であり、もう目元の辺りが父親である安田顕さんにそっくりだったとのことです!

都内の自宅から出てきた安田顕さんを直撃取材した記者が、北海道にも進学校はいくつものに愛娘を越境進学させた理由を訊くと、返ってきた答えはこうだったようです。家族を守るべき立場なので、やっぱりそれを貫き通したいんです。うーん、ヤスケンさん、揺るぎない家族愛です!その愛を燃料に、これからも良い仕事を観せて、魅せてくださいね!