本田圭佑さんの目がおかしい?病気になっていた?病名が判明!?

本田圭佑さんといえば日本代表するサッカー選手ですよね。そんな本田圭佑さんに「目が怖い」「目がおかしい」「眼球が出ている」といううわさが流れています。確かに、目が妙におかしいような気もしますが、うわさは本当なのか調べてみました。

本田圭佑さんのプロフィール

本名:本田圭佑 生年月日:1986年6月13日 出身地:大阪府摂津市 身長:182センチ 高校:星陵高校 卒業後のサーカーチーム:名古屋グランパス 海外:VVVフェンロ・ CSKAモスクワ・ACミランパチューカ・CFパチューカ

子供の頃からサッカークラブに所籍して、中学校ではガンバ大阪ジュニアユースにも所籍していました。高校に入ると、全日本ユース選手権で準優勝準優勝。高校三年生では、キャプテンになりチームを全国高等学校サッカー選手権大会でベスト4の功績を残しました。その後プロとして、今では、知らない人はいないほどの功績を残し続けています。

本田圭佑さんの目がおかしい?

本田圭佑選手がテレビに出てくると、鋭い目でサッカーボールを追いかける姿やPKでは、ゴールを決めるためにゴールキーパー側を見ながら、選手同士で話す姿に厳しい表情や鋭い眼差しが印象的な本田選手です。しかし、以前からすると少し目がおかしいのでは?と思う人が多いようです。

本田圭佑さんの周りの変化から推測?!

周囲では目がおかしいという噂や情報は拡大していないようです。練習も今まで通りで支障なくこなされています。奥さんと本田圭佑さんの間には2012年に第一子の長男、2014年には長女を授かっています。W杯予選でも常に選手として頑張っています。

子供が生まれたという情報も後になって伝わってくるぐらいなので、目についても、もしかしたら隠れて治療していたのかもという推測にもなりますが、大事なW杯に出場できるくらいなので、大丈夫なのではないでしょうか。

本田圭佑さんのサッカー選手としては大丈夫?

サーカー選手としての本田圭佑さんは大丈夫なのでしょうか。W杯が2018年6月14日から7月15日開催されます。そんな中、主力選手として本田圭佑さんは選ばれています。うわさは出ていますがサッカー選手としては、問題なくプレーをしているようです。本田圭佑さんはW杯にはなくてはならないFWです。

本田圭佑さんの目がおかしい、病気という噂は本当?

「本田圭佑さんの目がおかしい。」「目つきが変だ」「病気なんじゃないか。」と噂が流れています。確かに昔の画像と噂が立つようになってからの写真では全然違います。しかし、ここ数年は、眼球が飛び出してるかのような時もありましたが、そこまで酷い状態ではなさそうです。

では一体どうして目がおかしいといううわさがたってしまったのでしょうか。きつい目つきの本田圭佑さんの印象の方が最近は定着してしまい、本来の顔の雰囲気を忘れてしましました。しかし、以前の画像を確認してみるとうわさは本当のような気がします。

本田圭佑さんは痩せただけ?病気なの?目の病気なの?

本田圭佑さんに何が起こったというのでしょうか。もしも仮に病気ならなぜ隠す必要があるのでしょうか。病気なら治療はしているのでようか。疑問が残るばかりですが、1つ1つ解決していき真相を追究したいと思います。

本田圭佑さんは、痩せてシヤープになったから目が異様におかしく見えるのでしょうか。色が黒くてたまに髪の毛を金髪に染めていると余計に目が強調されてしまいます。鋭い眼差しでサッカーをプレイしてる姿を見てると、体に異変があるようには見えません。

本人談で目の病気の真相を話す?!

目が悪かったので、レーシック手術を受けたことを本人が話しをしています。病院は「新宿近視クリニック」です。ここでレーシック手術をして同時にこのクリニックの広告キャラクターに起用されました。目が悪かった本田選手は、0.4の視力から2.0の視力まで上がったとされています。

レーシック手術をすることにより、コンタクトを装着しないで良いのは画期的です。やはりコンタクトでは、目に異物を入れていることになりますので、裸眼よりも負担があります。本田圭佑さんもレーシック手術を受けたことで、リスクが減ったのではないでしょうか。

レーシック手術とは?

レーシック手術とは、角膜に照射して、近視や遠視、乱視が起こる屈折を調整することで、今まで悩んできた目の視力が治る手術です。矯正するので、一切メガネやコンタクトをつけなくても良いという利点がある一方、失明してしまった、視力が回復しなかったという噂も流れています。副作用もありますので、十分に医師と相談して行ってください。

視力が良くなると目が大きくなるの?

レーシック手術をしたことにより、本田圭佑さんの目は大きくなったのでしょうか?目が大きくなったというよりも、鋭く怖い目つきに見えます。色々調べてみても情報はありません。どちらかというと目が悪い人の方が、目の眼球が大きい人が多いように思います。ですが、眼科の先生によると目が良くなろうとも悪くてもさほど違いはないようです。

目のレーシック手術で失敗のうわさ!

レーシック手術をしたことにより、目がおかしくなったのではという噂も聞こえてきます。レーシック手術が失敗したのでは?との噂もされています。目を見てみると、左瞼が下がっているよに見えますが、これが「眼瞼下垂」という症状のようです。

これがレーシック手術のせいなのか、他に原因があるのかはわかりませんが、極端に目が良くなると、レーシック手術で「過矯正」の可能性があるのです。メガネなどの度が合わなくて、体調不良や頭が痛くなる症状がでる時と同じ仕組みです。

本田選手が激怒する理由

レーシック手術で失敗では?という噂が出ると、本田圭佑さんが激怒していると聞きました。自分で広告キャラクターを務めているところの批判、信頼性を失う可能性もあるので、激怒するのは当たり前のことです。

しかも、もしも失敗して失明してしまっては、サッカー選手としての選手生命まで失ってしまう恐れもあるのですから、失敗するわけにはいきません。本田圭佑さんは責任感ある人ですから、そこは手術を受けるときにしっかりとした病院を選んだのでしょうから、激怒したのでしょう。

本田圭佑さん目の病気の真相は!病名は?

本田圭佑さんの目のレーシック手術によって目がおかしくなったのでなければ、あと考えられることは何のなのでしょうか?後考えられるのは、病気ではないのではないでしょうか。では何らかの病気を患っているのではないでしょうか。

目が異様におかしく見える病気として考えられるのは、先ほど出てきた「眼瞼下垂」なのですが、数年前には、目が飛び出ているように見えたり、眼球自体がおかしいような気がします。画像などを確認すると、バセドウ病ではないかと推測されます。

バセドウ病とは何か?

バセドウ病とは、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて、甲状腺機能亢進症を起こすことです。どんな症状が起こるかと言いますと、甲状腺がまずは大きく腫れます。その後、個人差ではありますが、様々な症状が現れます。自己免疫疾患ですので、大量の汗をかいたり、脈拍が早かったり、微熱が続いたりします。疲れやすい症状、いらいらしたりします。

目つきが悪くなったり、眼球が飛び出たような眼球突出になある方もいます。食欲不振、逆に大量に食事をとりたがり体重増加する人もいるので、同じバセドウ病の方でも人それぞれです。バセドウ病の症状に本田圭佑さんの症状は当てはまりそうです。

本田圭佑さんは病気でさらに手術していた?!

本田圭佑さんは、ここ1、2年の目つきに変化があります。以前のような眼球が出ている感じが落ち着いてるようです。調べてみると、ACミランにいく前に病名は明かさずに手術を受けていました。病名は明かさずに頚部の手術をおこなっていました。

ACミランにいく前の体調は、悪化していたようです。薬の服用だけでは抑えきれないほど数値が悪くなっていたようです。体がきつく、運動することもできないような状態までいってしまったようです。

国内でバセドウ病の手術!

1ヶ月間国内で治療して、念願のACミランに移籍しました。その後ユニフォームから甲状腺あたりに横に傷跡が見られる画像がありました。甲状腺のバセドウ病で間違いはないようです。なぜ病名を明かさなかったのでしょうか。それは、今から海外でプレーするにあたって、マイナス部分を見せないようにしたのではないでしょうか。

本田圭佑さん自身も目についてのコメントは一切していません。もし病名が公になれば、選手として使うチームは不安になるでしょう。本田圭佑さん自身のサーカー選手としても選手生命も脅かしてしまう恐れがあったからでしょう。

本田圭佑さんの選手としての影響はないのか?

手術をしたからといって、完治するわけではありません。自分の甲状腺を異物と思ってしまう、やっかいな病気です。自己免疫疾患は、とても大変です。自分の体調と合わせながら、薬などを使えば治ったりしますが、やはり運動選手には、過酷ではないでしょうか。

しかし、未だに病気と闘いながらも、海外でも日本代表選手としても一線で戦い続ける姿には、頭が下がります。手術をしたことによって、目の雰囲気も良くなり、良い状態を維持できていることが伺えます。

今後の本田圭佑さんはどうなるのか?

本田圭佑さんは、日本代表としてW杯が始まります。まずは、この戦いで優勝を掲げているでしょうから応援して、日本代表選手として見守り、応援しましょう。本田圭佑さん自身、ストイックな性格ですのでサーカー選手として現役でいる限りは、公に病気のことは発表することはなさそうですが、やはりとても大変な病気です。

本人の心の強さ、サッカー選手としての自分の人生をかけているのですから、このバセドウ病とも戦い続けるのでしょう。現役引退した時に、病気の真実を聞けるかもしれません。どんな時でも、どんな状態でも日本代表のサッカー選手として、マウンドに立つ本田圭佑さんは偉大でした。

関連する記事

本田圭佑さんの目がおかしい?病気になっていた?病名が判明!?