高倉健の養女、小田貴が遺産40億円とともに行方不明!?その素顔は? エンタメ

高倉健の養女、小田貴が遺産40億円とともに行方不明!?その素顔は?

2014年11月10日に亡くなられた高倉健さん。そんな高倉健さんの遺産は40億円ほどとも言われ、とてつもない金額であることが分かります。今回はその遺産について、高倉健さんの没後突如現れた養女、小田貴さんの素顔や謎の行動について迫っていこうかと思います!

高倉健の養女小田貴と遺産40億円、死因は悪性リンパ腫だった!

2014年の11月10日に亡くなられた高倉健さん。死因となった病名は悪性リンパ腫という病気だったそうです。血液のがんともいわれるこの病気ですが、そんな大病を患いながらも最後の最後まで高倉健を演じきり、世間に大きな影響を与え続け、その人柄は世界で称賛されるほどでした。

ちなみに高倉健さんの本名は小田剛一というらしく、この名前の本当の読み方を知る人は少ないらしいです。しかし、近親者は名前をタケイチと呼んでいたそうです。そして高倉健さんの没後に突然現れた養女と名乗る女性、小田貴さん。次からこの謎の養女について迫っていこうと思います。

高倉健の養女、小田貴と遺産40億円、没後現れた養女の謎

そんな突然現れた養女と名乗る女性、小田貴さんですが、この際の入籍申請書には高倉健さんの本名のふりがな欄にタケイチではなく、ゴウイチと書かれ、親族ならば知っているであろうフリガナが間違っていることに違和感を覚え、それが親族に不信感を抱かせているようです。突然現れたというところが非常に気になりますね!

そんな莫大な遺産の相続人として現れた養女と名乗る親族でさえも知らない女性、小田貴さん。約40億円、実際は相続税などで差し引かれて約21億円ほどをこの小田貴さんが相続したということは間違いないようです。このようなことからも遺産目当てで養子となったのではないかという疑惑は今のところはぬぐえないかと思います。

高倉健の養女、小田貴、葬式を取り仕切り不信を買っていた?

小田貴さんは事実上の養子として高倉健さんと同居していたそうで、小田貴さんは自身のことについて親戚にも知らせず、火葬場で密葬を取り仕切って親族から不信感を買うこととなります。高倉健さんの妹や近親者でさえだれも彼女の素性を知らず、その後会ってもいないとのことでした。

そして高倉健さんの遺産をすべて相続した小田貴さんは、その後高倉健さんの著作権を管理する高倉プロモーションのなんと社長になっていることが分かりました!その後自身でも様々なイベントを企画していましたが、自身は表舞台には立たず、高倉健さんの没後時間がたった今なお存在自体が謎に包まれているのです。

高倉健はいつ小田貴を養子にしたのか?そこから見る二人の性格

さて高倉健さんですが非常に仁義を大切にされる素晴らしい人間性のある方だということは皆さん分かっているかと思います。そしてお歳暮やお中元はきちんと毎年贈っているらしく、しかしそれを忙しい俳優業の中で一人だけで行うのは中々難しいかと思います。これは小田貴さんがしっかりとサポートをしていたのではないかと思います。

高倉健さんが小田貴さんを養女にしたのは60代の頃らしく、親子ほどの年齢差があります。そして18年間ずっとそばにいて支えていたそうです。この事を考えると遺産をすべて独り占めしたという悪女のイメージというよりも、18年間も支えてくれた小田貴さんに仁義として高倉健さんは遺産を渡したのではないかと思います。

高倉健の養女、小田貴の素顔、高倉良子の芸名で活動していた?

そんな小田貴さんについてですが、二人の出会いから暮らしぶり、遺言内容に至るまで謎はまだまだ残っています。ですが小田貴さんの素顔として高倉良子という芸名で女優やテレビレポーターとして活動をしていた時期があったようなので、その後ホテルジャーナリストに転身したそうです。

高倉健さんとはホテルジャーナリストの頃に知り合ったという情報がありますが、二人を引き合わせた人物については実態は分かりませんでした。そんな二人の出会いについてはやはり漠然とした情報しかなく、チーム高倉のめんメンバーですら二人の出会いを知らないのだそうです。謎は深まるばかりですね!

高倉健の養女、小田貴と遺産40億円、養子縁組の謎

そんな高倉健さんの死後明らかとなった養女、小田貴さん。彼女についてこれまで沈黙を続けていた親族や関係者が口を開いたそうです。それによると高倉健さんの性格からして世話になった人にお金を残すということは分かるのですが、やはり書類の名前を間違えているということはおかしいと感じているようでした。

書類には高倉健さんの字で小田剛一と署名したように見えるサインもあるようでしたが、住所などの欄は小田貴さん自身が描いたというそうで、なぜわざわざ小田貴さんがその部分だけ高倉健さん書かせなかったのか、その点も不思議に思っていたそうです。確かに本名を間違えたという点で違和感が残るというのは分かるような気がしますね。

高倉健の養女、小田貴、高倉健の愛車処分など謎の行動?

小田貴さんの謎の行動についてですが、なんと小田貴さんは世田谷にある高倉健さんの豪邸を取り壊し、横浜、大黒悼頭に係留していたクルーザーやポルシェなどの愛車を処分してしまったそうなのです。さらには高倉健さんが生前に購入し、江利チエミさんとの水子の墓があった鎌倉霊園の墓地までも更地にしてしまったそうなのです。

ここまでくるとまるで故人の生きてきた痕跡、思い出を消し去ってしまいたいとさえ思える行動だと思います。このことから、これらの行動は生前に何かしらあった高倉健さんへの小田貴さんの復習なのかもしれません。この謎の行動の数々からも、親族の小田貴さんの疑念の目が日に日に高まっているようです。

高倉健の養女、小田貴と遺産40億円、高倉健の兄弟との確執?

そんな高倉健さんの遺品ともいえる愛車やお墓までも処分してしまった小田貴さん。当然親族の不信感は相当なものになっており、特に高倉健さんの兄弟の中でも今でもご存命の妹は小田貴さんに対して激怒しているのだそうです。その原因としては形見も分けてくれなかったことにあるのだそうです。

妹さんはせめて形見として兄、高倉健さんの遺品を分けてほしいと東京の事務所を通して小田貴さんに申し込んだそうなのですが、返答すらなかったそうなのです。妹さんからすれば顔も見たことのない養女と名乗る女性が勝手に遺品を処分してしまったということに、激怒するのは当たり前のように思えます。疑念は深まるばかりですね!

高倉健の遺産騒動を見たネットでの反応は?

高倉健さんの遺産を巡るいざこざについて、報道を聞いたネットの声には、好きな俳優だった高倉健さんに亡くなった後こういういざこざが出てくるのは残念といった声や、親族からすればこの養女の存在がなければ遺産を相続できたはず。憎しみが起こるのも人間なら当然だといった様々な意見が寄せられていました。

このようなネットでの意見から、ファンの方々はこのような没後にお金の面でトラブルが起きてしまったということに本当に残念に思う声や、遺産目当てで登場した養女に対して様々な考えを張り巡らせるといった意見、そして何よりも人間の金に対する汚さといった事を言及する声が非常に多く感じ、残念にも感じました。

まとめ

高倉健さんの養女とされる女性、小田貴さんについてと、その謎の行動の数々や兄弟との確執についてまとめていきました。大スターの没後にこのようないざこざが起きてしまうのは本当に残念に思うとともに、お金と言う物の魔力のようなものも感じました。事態が一刻も早く収束してくれることを切に願っています。