長嶋一茂の妻は元NO.1ホステスだった?!性格は怖いとの噂に迫ります!

長嶋一茂さんが結婚されたお嫁さんの仁子さん。一般人の方なので、そんなに情報はないのですが、元NO.1ホステスだっとそうです。そして、性格は怖いと噂されています。そんな長嶋一茂さんの嫁・仁子さんや子供の情報を総まとめしました。

長嶋一茂の妻は元NO.1ホステスで怖い性格だった?!

長嶋一茂さん宅のガレージに落書きされるという騒動がありました。原因は、長嶋一茂さんの妻のいじめの復讐といわれています。元ホステスと言われている長嶋一茂さんの妻はいったいどういう人なのでしょう。落書きにいたるまでの真相や長嶋一茂さんの妻のことをまとめてみました。

長嶋一茂のプロフィール

  • 生年月日:1966年1月26日
  • 出身地:東京都大田区
  • 身長:181cm
  • 体重:90kg
  • 出身校:立教高等学校
  • 出身大学:立教大学
  • 所属:ヤクルトスワローズ 、読売ジャイアンツ

ドラフト1位でヤクルトに入団した長嶋さんでしたが、あまり野球選手として目立つことが少なかったようです。当時のヤクルト監督、野村監督とはそりが合わなかったようで、「ヤクルトのお荷物」とまで言われていました。

野村監督とそりが合わないこともあってか、その後トレードで巨人へ移籍されました。しかしそれでもなお野村監督は「長嶋さんにトレードしてくれと言われたら断れない。」など皮肉をおっしゃっていたそうです。野球選手引退後は、コメンテータなどとして活躍されています。

長嶋一茂の妻が元NO.1ホステスってホント?

1999年、一般人女性の仁子(ひとこ)さんという女性とご結婚しました。パワースポットとしても人気の高い九頭龍神社で挙式をされた長嶋さんご夫婦。こちらは商売繁盛や、恋愛成就などのご利益が高いとして、特に女性に人気の神社です。こんな素敵な場所で挙式されたなんて、縁起が良さそうですね。

銀座の中でも、高級クラブとして人気の高い「ドルフィン」。仁子さんはここでナンバーワンホステスだったそうです。多くの著名人も利用しているという老舗クラブですから、すごい知り合いの方もいらっしゃるんでしょうね。

長嶋一茂はホステス時代の妻に一目ぼれした?

長嶋一茂さんの妻は銀座のホステスでした。それも銀座の老舗の高級クラブ「ドルフィン」のホステスです。鹿児島県出身の仁子さんは、高校卒業と同時に上京し銀座でクラブ勤めをしていたそうなんです。ナンバー1だったホステス時代もありかなり頭の切れる女性だったことがわかりますね!

お客さんのあしらい方も上手だったようで人気ホステスにのし上がれたことも納得できますね。夫である長嶋一茂さんと出会ったのも「ドルフィン」でのホステス時代だったようで試合終わりに野球仲間と、客として訪れたこの店で一茂さんが恋に落ちたようで、交際に発展したらしいです。

長嶋一茂の妻・長嶋仁子は韓国人だった?!

長嶋一茂さんの妻の仁子さんが韓国人なのでは?という噂が立っています。調べてみると、長嶋一茂さんの妻の旧姓が「猪名野」というちょっと変わった姓だったから、韓国人なのでは?との噂がたったそうです。

しかし、長嶋一茂さんの妻の仁子さんは鹿児島県ご出身で、れっきとした日本人で間違いないようです。変わった旧姓で、名前も仁子さんという読みにくい名前なせいというだけで韓国人という噂がたってしまうのも、かわいそうな気がします。

長嶋一茂の妻が怖い性格となった真相とは?ママ友トラブル?

とあるネットなどの書き込みの中には、長嶋一茂さんの嫁、仁子さんは恐いや性格が悪いといった噂があるようです。なぜこのような噂が流れるようになってしまったのでしょうか!?そこにはママ友トラブルがあったと言われています。

まず、その前に長嶋一茂さんの子供さんのことについて見ていきましょう。長嶋さんのお子さんは、実は二卵性の双子さんのようで、娘さんがいらっしゃるそうです。お受験も頑張られたようで、多くの著名人のお子さんも通っていらっしゃる、青山学院小学校に通われていると思われます。

「バカ息子事件」

長嶋一茂さんのご自宅に、「バカ息子」という落書きがされていた事件が起こりました。この事件を引き起こした犯人は、なんと江角マキコさんのマネージャーだったのです!!一体何が起こったのでしょうか!?江角マキコさんのマネージャーということで、指示をしたのは江角マキコさんではないかと疑念の声が上がりました。

長嶋一茂の妻はママ友いじめの主犯格だった?!本性が明らかに!

実は江角マキコさんと、仁子さんの子供さんは同い年だったそうで、しかも同じ青山学院幼稚園に通わせていたんだそうです。その当時、ママ友同士でもあったという二人。この落書き事件の一件を機に、娘の幼稚園でママ友からイジメを受けていたことを告白した江角マキコさん。

↓↓↓↓↓青山学院幼稚園に通っている芸能人の子どもについてはこちら↓↓↓↓↓

自身のブログでも、当時の生々しい内容を告白しました。当時の自分の赤裸々な気持ちを綴られているように見えますね。とっても悩まれていたのだとか思います。その他にも、ママ友同士のいじめが明るみになったことをきっかけに、イジメの実態もメディアで取り上げられるようになりました。

主犯格だった妻の仁子!

大人になってもこんなに残酷なことをするんですね。そしてそんな江角マキコさんをいじめた主犯格のママが、なんと長嶋一茂さんの嫁である仁子さんだというのです。そのことがきっかけで、江角さんに忠実なマネージャーが、江角さんのためを思ってか、長嶋一茂さんのご自宅に落書きをしてしまったようですね。

長嶋一茂の妻は義妹・三奈とも対立?!

実はこのママ友だけではなく、長嶋一茂さんの妹さんや義理父の茂雄さんとも対立しているというのです。どうやら長嶋茂雄さんの遺産について対立されていたようです。嫁である仁子さんは、「ナガシマ企画」のマネージャーとなり一茂さんのことを公私共に支えてきました。現在は「ナガシマ企画」の社長さんとなっています。

この長嶋一茂さん夫婦が経営する「ナガシマ企画」と一茂さんの妹、長嶋三奈さんが経営する「オフィスエヌ」との間に、裁判沙汰になるほどの問題が起きたのです。有名な長嶋茂雄さんを父親に持つ、この兄妹。「長嶋茂雄」という名前の商標登録をめぐり争う事となったようなのです。

長嶋一茂は現在商標権争いで家族と対立している

元々、先に商標登録をしていたのは三奈さん側の「オフィスエヌ」でした。その登録の更新期限が近付いてきた頃に父親のサインを持って新たに商標登録を試みたのが仁子さん側の「ナガシマ企画」でした。これに対して当の本人、長嶋茂雄さんは、「少年野球教室のことで協力してほしいからサインをしてほしい」といわれてサインをした。

「騙しうちにあった」として無効を主張しているらしいんです。年老いた父親を騙すような行為ですよね。お互い弁護士を通しての話し合いの末、商標権は元の三奈さん側に戻されることになったようです。現在では、長男の一茂家族VS妹の三奈さん率いる長嶋家のように最悪な兄弟関係、家族関係にまで発展しているのだそうです。

長嶋一茂の妻のホステス時代から性格についてのまとめ

今回は長嶋一茂さんの嫁、仁子さんにまつわる噂について検証してみましたがいかがでしたでしょうか?あくまで全て噂されている情報をまとめただけで、実際にお会いしたわけではないので、本来の仁子さんがどのような方なのかはもちろんわかりません。

本当に周りが言うほど怖いのだとしたらお子さんたちのことも心配ですが、家族仲良くやられているようなので、今後も陰ながらそっと見守っていきたいものです!長嶋家の対立も気になるところですが、家族仲良く暮らして欲しいですね。