オダギリジョーと香椎由宇の子供が急死!?死因となった病気絞扼性イレウスとは? エンタメ

オダギリジョーと香椎由宇の子供が急死!?死因となった病気絞扼性イレウスとは?

俳優オダギリジョーさんと妻の香椎由宇さんの1歳になる次男が急死するという悲しいニュースが飛び込んできました。突然の出来事で母の香椎さんは現在でも悲しみと自責の念に囚われているそうです。オダギリジョー夫妻を襲った悲しい出来事についてまとめていきたいと思います。

オダギリジョー夫妻の子供が病気で急死!その悲しい別れとは?

過去には不仲説や離婚危機など様々な憶測が飛んだオダギリジョーさんと香椎由宇さん夫妻でしたが、2014年に2人目のお子さんが誕生してからは、夫婦は協力し合って子育てをする理想的な家族として見られてきました。しかし2015年、そんな幸せな家族に突然の不幸が襲いました。

当時1歳になったばかりの次男が絞扼性イレウスという病気に見舞われ、緊急手術が施されましたが残念ながら亡くなってしまいました。オダギリジョーさんは手術後しばらく息子さんに付き添っていたそうですが、撮影のために一時付き添いを離れたそうです。しかし不運な事にその間に容態が急変、息子さんが息を引き取ってしまったのだそうです。

「オダギリさんは、入院当初は香椎さんと一緒にAちゃんに付き添っていたんですが、19日からはドラマのロケ撮影のため、山形県に行っていたんです。容体が急変したという知らせを受けて、急遽東京に戻ってきたものの、病室に着いた時には、もう息子さんの体は冷たくなっていて…。ベッドの脇で、最期を看取った香椎さんは抜け殻のようになっていたそうです」(前出・香椎の知人)

(引用:女性セブン)

 

オダギリジョーのプロフィール

  • 本名:小田切 譲
  • 生年月日:1976年2月16日
  • 出生地:岡山県津山市
  • 身長:176cm
  • 血液型:O型

オダギリジョーさんは母子家庭の生まれで、幼い頃映画館に預けられ育ちその影響で映画監督を目指していたそうです。映画監督について学ぶべくハリウッドのあるカリフォルニアの大学に留学、しかし英語が得意でなかったオダギリジョーさんは入学願書を書き間違えてしまい、俳優養成コースへと進学してしまったそうです。

しかし結果的にそれが俳優を目指すきっかけとなり、1999年に舞台俳優としてデビューすると翌年には「仮面ライダークウガ」の主演に抜擢され一躍有名に、瞬く間に人気を博し映画やドラマを中心に活躍の場を広げ人気俳優の1人となりました。

2008年に10歳以上年下の女優香椎由宇さんと映画での共演をきっかけに結婚、現在までに3人の子宝に恵まれます。2015年次男を病気で亡くす不幸に見舞われながらも現在も俳優として一線で活躍されています。

オダギリジョーの妻香椎由宇について

オダギリジョーさんの妻で女優の香椎由宇さんは、1987年生まれでオダギリジョーさんとは10歳近く年齢差があり、結婚当時は驚きをもって報道されました。結婚当初は香椎由宇さんの自由奔放な振る舞いにオダギリジョーさんが苦労しているという噂も立ちましたが、2011年の第一子出産以降は良き母として家族を支えている様です。

オダギリジョーの子供の死因となった病気の絞扼性イレウスとは?

2015年オダギリジョーさんの1歳になる息子さんが急死したとのショッキングなニュースが流れました。死因とされたのは絞扼性イレウスと呼ばれる腸の病気で、発見が遅れると死に至る可能性が高い危険な病気だそうです。

 香椎が次男の異変に気づいたのは、1才の誕生日の翌日となる、4月12日の早朝のことだった。

「その日、Aちゃんは朝から苦しそうで、便の様子もおかしかったので、香椎さんが病院に連れて行ったところ、絞扼性イレウスと診断されたんです。すぐに入院して、14日に緊急手術が行われました」(香椎の知人)

絞扼性イレウスとは、腸がねじれて締まった状態になり、血流が止まってしまう腸閉塞の一種。放置すれば腸が壊死して死に至るため、治療には外科手術が必要だ。

(引用:女性セブン)

オダギリジョーの子供の死因で母香椎由宇が自分を責めている?

オダギリジョーさんの次男が掛かった絞扼性イレウスという病気は、早期に発見処置すれば助かる可能性が高い病気であり、次男の様子がおかしくなった時に一緒にいた母香椎由宇さんは、自分がもっと早く気づいていればと自分を責める様な状態になってしまったそうです。

この様な病気に自分の子供が直面しその時自分が側にいたのだとしたら、自身を責めてしまうのは非常によくわかります。想像するだけでも悲しい気持ちになります。香椎さんはとても愛情が深い母親だったとの話もあり、その苦しみを周りが完全に理解するのは難しいのかもしれません。

「それからの日々は壮絶でした。下の子は生まれつき体が弱かったんですけど、香椎さんは“妊娠中に仕事をしていたせいで、悪い影響があったのかもしれない”って、自分を責めるような言葉を吐露することもありました」

(引用:女性セブン)

オダギリジョーの子供の死因となった病気は誰にでも起こりうる!

この絞扼性イレウスという病気ですが、誰でもなりうる病気なのだそうです。その上幼い子供が罹りやすい病気らしく、発見や対処が遅れると取り返しのつかない事になるとの事です。オダギリジョーさんのお子さんの様な悲しい結果を増やさないためにも、もっと広く周知されるべき病気かも知れませんね。

「小児の絞扼性イレウスの主な原因である腸重積は、男の子のほうが、女の子の4倍なりやすく、元気な子が風邪をきっかけに突然なったりします。どんな子どもでもなる可能性があるので、嘔吐、突然激しく泣く、血便などの兆候を見逃さずに一刻も早く発見して、治療をすることが大切です」

(引用:週刊女性)

オダギリジョーと香椎由宇の長男が弟の死を受け見せた行動とは?

オダギリジョーさんには当時上にもう1人4歳になるお子さんがいました。幼くして弟の死という辛い経験に見舞われしまったわけですが、その時に何とも切ない行動を取ったのだそうです。4歳と言えば段々と心が育ってきて人の気持ちに共感し始める頃です。きっと幼いながらも弟を失った悲しさと向き合っていたのでしょう。

「どこまで弟の死を理解していたのかはわかりません。でも、この日の夜、Aちゃんと一緒に過ごしていた子供部屋で、兄弟揃って大好きだったアニメを静かに繰り返し見続けていたそうです。そんな長男の姿を見て、香椎さんは涙が止まらなかったそうです」(前出・香椎の知人)

(引用:女性セブン)

オダギリジョーは息子の病気での死を乗り越え現在も活躍!

そんな悲しい経験を乗り越えて、現在もオダギリジョーさんは俳優として第一線で活躍されています。俳優としてレベルの高い演技を見せてくれます。辛い経験を超えて家族を支えるために俳優として仕事に向き合う姿は観る者にも力を与えてくれます。

オダギリジョー夫妻が離婚危機との噂も!?

また、妻の香椎由宇さんも次男との悲しい別れから以前にもまして、お子さんに愛情を注ぐ様になっているそうです。次男の死で別居中で離婚危機という報道が目につきますが、実際はお子さんのための別居だそうで、オダギリジョーさんとは現在結婚当初より強い結びつきがある様に見受けられます。

オダギリジョーと妻香椎由宇のこれから

オダギリジョーさんと香椎由宇さんの夫妻を襲った、悲しい事件について書いてきました。子を失うという事はこの世の中で最も悲しい事なのではないかと思います。しかし次男が亡くなった翌年、香椎由宇さんは三男を出産。現在は前へと進み始めている様です。

オダギリジョーさんも俳優業へと取り組む姿勢が変わったと、周囲から賞賛されており家族を守っていくという強い意志が感じられます。今後オダギリジョーさんの俳優としてのさらなる活躍を期待したいと思います。