YouTuberの収入源や仕組みについて!年収ランキングTOP10 エンタメ

YouTuberの収入源や仕組みについて!年収ランキングTOP10

なりたい職業ランキングtop10にも入っているYouTuber!!YouTuberという職業はどのようにして収入を得ているのか、その仕組みや計算法に迫っていきます。また、現在のトップYouTuberの驚きの年収をランキング方式にまとめました。是非ご覧ください!

目次

[表示]

YouTuberの収入源の仕組みや計算法について

今では小学生の将来の夢ランキング第3位にランクインするほど有名となった職業YouTuber!「好きなことで、生きていく」のキャッチフレーズは知る人も多いかと思います。そのYouTuberとは果たしてどのように稼いでいるのでしょうか?自分の好きなことをしながらお金を稼ぐカラクリを紹介します。

YouTuberってどんな職業なの?

YouTuberとは、YouTube上に自分が作った動画を投稿し、動画の再生によって得られる広告収入を主な収入源として働く人を指します。 YouTuberには様々なジャンルがあり、商品・ガジェット紹介系や〇〇やってみた系、大食い・料理系、美容系、ゲーム実況系など多岐に渡ります。子供がメインのキッズ系などもあります。

YouTuberってどうやって稼いでいるの?

主に広告収入で稼いでいます!公表されてはいませんが、1再生あたり0.1〜1円と言われています。最近では、再生回数だけでなく、動画の視聴時間も考慮して報酬が支払われるサブスクリプション収入というシステムが導入されているみたいです。他にも、企業タイアップやイベント出演、テレビ出演・CM出演などで収入が得られます。

YouTuberの収入源である広告収入の仕組みや計算法

YouTuberの主な収入源は広告収入です!しかし、YouTubeで収入を得るには「YouTube パートナー プログラム(YPP)」に参加する必要があります。このプログラムに参加すると、Googleが提供する広告で収入を得られる「Googleアドセンス広告」の権利を入手出来ます。また、広告は3種類存在します。

YouTube パートナー プログラム(YPP)って何?

クリエイターが動画を収益化し、表示される広告やYouTube利用者による視聴から収益を受け取れるシステムです。これに参加するには資格要件があり、チャンネルの過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間、チャンネル登録者が1,000人に到達する必要があります。両方の要件を同時に満たすと申請することができ、審査が行われます。

Googleアドセンス広告とは?

YouTubeの動画を再生する時に出てくる広告のことです。YouTubeはCMなどの広告主から広告掲載料をもらい、YouTuberはユーザーが動画を見る、つまり広告を見ることにより宣伝料としてYouTubeから報酬を得られる仕組みです。広告主は、ユーザーに商品をPRでき、売上アップに繋がるという関係性が成り立ちます。

YouTuberの広告収入 ①インストリーム広告

3種類ある広告のうちの1つがインストリーム広告です。YouTubeで動画が再生される前や途中にCMやアンケートなどが表示されることはありませんか?それがインストリーム広告です。この広告は数秒〜数十秒で、スキップ可能や不可能など様々な種類があります。ユーザーに強制的にCMを見せることができるので宣伝効果は高いです。

YouTuberの広告収入 ②オーバーレイ広告

3種類のうちの2つ目はオーバーレイ広告と呼ばれるものです。YouTubeで動画を視聴している時に、動画下部に現れる広告に見覚えがある人も多いんじゃないでしょうか。これはそのまま動画を視聴することはできますが、動画のテロップなどが見えなくなって少し邪魔な広告です。こちらもユーザーの目に入りやすいので宣伝効果は高いです。

YouTuberの広告収入 ③サイドバー広告

3種類のうちの最後の1つはサイドバー広告です。パソコンでは画面の右上部分のサイドバーに表示され、スマートフォンでは次の動画一覧の上部などに現れます。これはフルスクリーンで動画を視聴している場合は見えないので、他の2つに比べればクリック率が低く、大きな収入にはならないようです。

YouTuberの収入源である企業タイアップの仕組みや計算法

YouTuberは広告収入以外に企業とのタイアップにより収入を得ることがあります。しかし、これには人気YouTuberである場合がほとんどです。なぜなら、企業側も再生回数が多かったり、チャンネル登録者数が多い人気YouTuberの方が宣伝力や影響力が大きいからです。

企業タイアップによる収入はなんと!?

人気YouTuberの広告収入は動画あたり100万回再生されたとしても約10万円程度ですが、企業タイアップにより商品やアプリなどを紹介して動画にするだけで広告収入+企業タイアップによる報酬数十万〜数百万も受け取ることが出来ます。つまり、いつもの動画の数倍〜数十倍の収入を得ることができるのです。

どうやって企業とタイアップするの?

企業タイアップを依頼されるには、個人で活動しているよりも事務所に所属している方が依頼件数は桁違いとなります。大手事務所などに所属している人気YouTuberは広告収入よりも企業タイアップによる収入の方が多い人もいるんだとか。もちろん、YouTuberのイメージによって依頼される商品などは変わってきます。

YouTuberの収入源であるイベント出演の仕組みや計算法

普段からYouTuberの動画を見ている視聴者にとってイベントは、好きなYouTuberに直接会える絶好の機会となります。YouTuber側にとってもチケット代やグッズ販売による売り上げで収入を得るチャンスです。広告収入以外でのイベント出演による収入は大きな収入源となっています。イベントには大きく分けて2つあります。

YouTubeによる公式イベント

YouTubeを運営するGoogle社による公式イベントで、「YouTube FanFest」や「YouTube ハッピーアワー」などがあります。「YouTube FanFest」では国内の人気YouTuberだけでなく、海外からも有名YouTuberが招待され、最大級のイベントとしてファン達に人気があります。

事務所によるイベント

国内最大手のYouTuber事務所であるUUUMが主催する「U-FES」では、ヒカキンやはじめしゃちょーなど日本のトップYouTuberが参加しており、毎年10,000人以上の動員数を誇ります。他にもライブハウスを貸し切り、YouTuberのバンドがコンサートを開いたりなど様々なイベントがあります。

YouTuberの収入源であるテレビ出演等の仕組みや計算法

日本のトップYouTuberのヒカキンは兄セイキンとYouTuber初となるミュージックステーション出演を果たしました。さらに、ヒカキンは日本のトップ芸人であるダウンタウンと共演したり、有名番組逃走中に出演したりと大忙しとなってきています。これからさらにテレビでYouTuberを見る機会が増えていきそうですね。

YouTuberの最新年収ランキングTOP10!!

YouTubeが日本で流行り始めて5、6年が経ちましたが、そんな日本のYouTube界を引っ張っているヒカキンやはじめしゃちょーなどの気になる年収について、他のYouTuber達と共にランキング方式で紹介していきましょう!!

年収ランキング1位 はじめしゃちょー(hajime)

第1位はなんと年収1億越え!!はじめしゃちょー(hajime)!! 推定年収:1億473万円 登録者数:6,359,149人 生年月日:1993年2月14日(25歳) 所属事務所:UUUM

はじめしゃちょーは3つのチャンネルを持っている!?

はじめしゃちょーは現在、メインチャンネルの他に2つのチャンネルがあります。サブチャンネルのはじめしゃちょー2は登録者数2,106,807人おり、推定年収1401万円となっております。また、最近になりはじめしゃちょーとその仲間たちによるはじめしゃちょーの畑というチャンネルも開始しました。

はじめしゃちょーっていくら稼いでいるの?

3つのチャンネルを持つはじめしゃちょー。そのトータル年収はなんと1億3636万円!!平均月収は1136万円にも上ります。一般的によく稼いでいるサラリーマンの年収をはじめしゃちょーはひと月で稼いでしまうのですから夢のある仕事に間違いないですね。

年収ランキング2位 Fisher’s-フィッシャーズ-

第2位はグループYouTuber!!Fisher’s-フィッシャーズ-!! 推定年収:9715万円 登録者数:4,544,110人 メンバー:シルクロード(リーダー)、モトキ、ンダホ、マサイ、ぺけたん、ダーマ、ザカオの7人組 所属事務所:UUUM

日本一のグループYouTuberの収入は?

グループYouTuberは給料も分けなければなりません。もちろん動画の出演頻度によるなど、グループにより決まりはあるだろう。フィッシャーズは2つのチャンネルを持っており、サブチャンネルでは推定年収2877万円です。つまり、一人当たりの年収は約1800万円となり、個人の方よりは低くなっています。

年収ランキング3位 キッズライン♡Kids Line

第3位は日本一のキッズYouTuber!!キッズライン♡Kids Line!! 推定年収:8592万円 登録者数:4,315,783人 メンバー:こうくん、ねみちゃん 所属事務所:無所属

キッズYouTuberで最強!?

キッズラインは子供向けのYouTubeチャンネルで主に、おもちゃやお菓子の紹介が多い。子供の日常や成長などを見れるため、お子さんを持つお母さんに人気のチャンネルとなっています。子供なのに年収が8000万円を超えるのがYouTuberのすごいところですね。もちろん、編集や撮影はママが行なっているようです。

年収ランキング4位 HikakinTV(ヒカキン)

第4位は日本のYouTube界のパイオニアであるヒカキンのメインチャンネルHikakinTV!! 推定年収:8382万円 登録者数:6,097,421人 元々はヒューマンビートボクサーで、YouTuber事務所UUUMの設立に携わり、同社の最高顧問に就任しています。

日本一稼ぐYouTuberヒカキン!!

日本でYouTubeが流行ったのはヒカキンからと言っても過言ではありません。そのヒカキンは現在、4つのチャンネルを保有しており、なんと推定総年収は1億6939万円!!4つのチャンネルを運営するとなるとヒカキンは休みなしで働いているのかもしれませんね。

YouTubeだけが稼ぎじゃない!?

なんとヒカキンの稼ぎはYouTuberとしての広告収入だけはありません。ヒカキンはYouTuber事務所UUUMの最高顧問であり、さらにはテレビ出演やCDも出しているので年収は広告収入の数倍はあると推測されます。

年収ランキング5位 HikakinGames

第5位は唯一のサブチャンネルから!!HikakinGames!! 推定年収:8027万円 登録者数:3,543,068人 もはやサブチャンネルの域を超えていますね。ヒカキンが様々なゲームの実況を行なっています。

年収ランキング6位 ヒカル(Hikaru)

第6位はカリスマYouTuber!!ヒカル(Hikaru)!! 推定年収:7499万円 登録者数:2,495,925  所属事務所:VAZ   ヒカルは他にもゲーム実況チャンネルなどを運営しており、推定総年収は9026万円になります。

年収ランキング7位 AAAjoken

第7位はおもちゃ紹介に特化したYouTuber!AAAjoken!! 推定年収:7299万円 登録者数:2,366,379人 所属事務所:UUUM   AAAjokenはセカンドチャンネルでミニチュアの料理動画を上げており、推定総年収は8554万円。さらに、おもちゃ紹介に特化しているので企業案件も多いと予想されます。

年収ランキング8位 Kan&Aki’sCHANNEL

第8位は子供に大人気のKan & Aki’s CHANNEL!! 推定年収:6948万円 登録者数:2,136,082人 所属事務所:sister’s   かんなちゃん・あきらちゃん・あさひちゃん三姉妹が色々なおもちゃやアニメなどについての動画を後悔しています。

年収ランキング9位 ボンボンTV

第9位は面白くて、ためになる情報番組ボンボンTV!! 推定年収:6595万円 登録者数:1,275,873人 所属事務所:UUUM   メンバー:よっち、えっちゃん、りっちゃん、いっちー、なるまる UUUMの人気YouTuberが多数出演する少し変わったチャンネルです。

年収ランキング10位 東海オンエア

第10位は斬新なネタ動画を中心に若者から人気のある東海オンエア!! 推定年収5501万円 登録者数:3,094,831人 所属事務所:GENESIS ONE→UUUM   メンバー:てつや(リーダー)、しばゆー、りょう、としみつ、虫眼鏡、ゆめまる 6人組のグループYouTuber

NEXT:個性豊かで独特なネタが病みつきに!!
1/2