東方神起は実は反日?日本人差別の猿真似はホント?反日エピソードまとめ! 男性アイドル

東方神起は実は反日?日本人差別の猿真似はホント?反日エピソードまとめ!

韓国のミュージシャンを応援するときに気になるのが、もしかしたら反日なんじゃないかということ。日本では笑顔を振りまいていても、実は反日感情を抱いていたということは決して珍しくありません。じゃあ東方神起はどうなのか?早速見ていきましょう。

東方神起は反日って本当?猿真似をしたのか

東方神起は日本でも大人気ですよね。日本人のファンは非常に多いです。もしそんな東方神起が日本を侮蔑するような言動をしたら、そうとう肩を落とす人がいるはずです。しかし東方神起は日本での活動も長いですし人気も根強いので、反日の可能性は低いのではないでしょうか。

しかしその一方で、反日が疑われるような言動もたびたびあります。ほとんどは本人たちに悪気はなくなんとなくそう見えてしまっただけかもしれませんが、今回の猿真似の一件もそうです。本当に反日感情がないのか、白黒つけたいところですよね。

東方神起ユノのプロフィール

では本格的に話題に入る前に、東方神起の二人のプロフィールを見てみましょう。まずはリーダーのユノさんです。以前は5人いましたが、関係が悪化して現在では2人になってしまいましたね。ユノさんはユンホとも呼ばれ、親しまれています。

  • 名前:ユノ・ユンホ
  • 生年月日:1986年2月6日
  • 出身:韓国 ソウル

東方神起チャンミンのプロフィール

続いて、東方神起チャンミンさんのプロフィールを見てみましょう。中学生の時にスカウトされたようですね。その後はダンスなどのレッスンに明け暮れたようです。しばらく徴兵ということで姿を見せていませんでしたが、2017年8月に除隊しました。

  • 名前:チェガン・チャンミン
  • 生年月日:1988年2月18日
  • 出身:韓国 ソウル

東方神起が猿真似をした?本当に反日?

2018年6月のこと。横浜の日産スタジアムでコンサートがありました。そこで東方神起のユノさんが日本人を侮辱する猿真似をしたとして話題になっています。ユノさんは突然猿真似のような変顔ポーズを披露したのです。

そもそも反日の猿真似って何?どうして日本差別になるの?

ここで一度、猿真似について確認しておきましょう。もともとアジア系の人はイエローモンキーといわれ、差別されてきました。しかしそれについては日本も韓国も同じです。そもそも海外の人から見たら日本人も韓国人も顔の区別はできないといいます。

ではなぜ日本の侮蔑に猿真似が使われるのかというと、いろいろ理由はあるようです。日本人の顔つきがサルに似ているからだとか、日本人の小柄な体格がサルを連想させるとか。そういった理由で反日感情を持つ人は日本人をサルに例えるようですね。

東方神起のユノの猿真似は本当に反日?

このようなわけで猿真似というと日本人差別という意味があるようなのですが、ユノさんの猿真似は本当に日本に対する侮蔑の意味があったのでしょうか。これについては、実はものすごく意見が割れています。東方神起の本人たちが何も言わないので真相は闇の中、ファンたちの間で悶々とした空気が漂っています。

東方神起の猿真似を擁護する意見

ファンの人の多くは擁護する立場に回っているようです。ユノさんはその場の思い付きでファンを楽しませようとする性格だから、あのサルのモノマネも深い意味はないのだという見方ですね。しかし韓国人が日本人差別をすること自体は、東方神起の二人だってよく知っているはず。なのにわざわざそんなパフォーマンスをするなんておかしいですね。

また、仮に反日感情があったとしてもたった3日間のコンサートの間くらいおとなしくするのではないかという考え方もあります。確かに、日本人から金を吸い上げてやろうと考えているのであれば、反日感情を押し殺して笑顔を振りまいていた方が、彼らにとっては得なはずです。わざわざ反感を買う行為をするなんて本末転倒ですね。

ちなみに今回、横浜でのコンサートで猿真似をしたことが話題になりましたが、実は前から常習的に猿真似をしていたという声も。だとしたらずっと反日感情を抱いていたのか、それとも持ちネタのジョークなのか……。

東方神起の猿真似を反日だとする声

もちろん、この明らかな猿真似を侮辱行為だととらえる声も多くあります。そもそも、仮に反日感情が無かったとしても差別行為だとみられるような言動はするべきではありません。その気がなくても、やってはいけないことのはずです。

東方神起の二人をよく知る人からすれば「あの二人はそんなことをする人ではない」という見方もありますが、東方神起をよく知らない人がこの事態を知れば、日本人差別以外の意味で解釈することの方が難しいでしょう。

ちなみに韓国の2chでは、猿真似をしたユノさんは英雄扱いされているようです。ユノさんの真意は分かりませんが、本当に日本人のことを軽蔑しているか、あるいは壊滅的にジョークのセンスがないかのどちらかでしょうね。ジョークのつもりなら他のパフォーマンスにしてほしいものです。

東方神起の二人が変わってしまったという声も

擁護する声と非難する声が多いですが、古参のファンは第3の可能性を見出しています。それは、二人が以前から変わってしまったというもの。兵役から帰ってきた二人は、以前ほど穏やかな印象ではない、笑顔が変わってしまったというのです。

確かに、その可能性は十分に考えられます。兵役ともなれば、周囲には反日感情を抱いた人も多くいたことでしょう。もともと親日家であったとしても、そのような環境にしばらく身を置いて、まったく影響を受けないというのは難しいことだと思います。

もちろん猿真似はいけないことですが、ユノさんが特別悪い人間であるかというと、そういうことではないはずです。本人にその意思がなくても、母国にいる間や兵役中に、周囲の人々の濃厚な反日感情にさらされていれば、どんな人間だって気持ちに変化が現れることでしょう。少し寂しい気がしますが、仕方がないのかもしれませんね。

東方神起の反日が疑われる件は他にも!地図から日本消失

東方神起が反日感情を抱いているということが疑われることは、他にもあります。新曲『Love Line』に登場する地図から、日本が抜け落ちていたのです。地図から日本が抜けるといえば、平昌オリンピックの時もそうでしたね。

その時も気になりましたが、一体どうやったら世界地図から日本だけ抜けるのでしょうか。日本だけがない世界地図がもともとあるのか、それとも韓国の世界地図はそれぞれの国を切絵みたいに貼り付けてつくり、その時に日本だけ忘れてしまったのか……そんなはずないですね。完成した世界地図から意図的に日本だけ外しているのでしょう。

MVから日本が抜け落ちていることに対するネットの声

このことについては、二人だってMVを確認したはずだという声があります。もし確認したのに気づいていなかったら、それは日本のことなんて気に留めてないということですね。気づいていたのなら、確信犯です。どちらにしても悲しいことですね。

一方、二人は関係ないという声も。MVを作ったのは事務所で、反日感情を抱いているのは事務所。二人を巻き込むな、という声。さらに他の意見として、MVは外注して作っているのだから、事務所も東方神起の二人も関係ないという声も。

結局、誰の悪意だったのかわからないですし、そもそも本当に単なるうっかりミスだったのかもしれません。しかしやはり、悪意が無くてもやってはいけないことです。またこれほど国をまたいで繰り広げられるナイーブな話題なのですから、もっと気を付けるべきなのは間違いないでしょうね。

東方神起の反日行動・発言・猿真似についてまとめ!

以上、東方神起の反日行動や猿真似、地図から日本が消えていた問題などについて紹介しました。ファンとアーティストの国が違うだけでこんな大きな問題になること自体、悲しいことですね。国の対立なんて関係なく、ファンとアーティストがつながれれば良いのですが……