西城秀樹の姉は山口組宅見の愛人!?そして妹分は今何をしている? 男性アイドル

西城秀樹の姉は山口組宅見の愛人!?そして妹分は今何をしている?

西城秀樹さんと言えば、ヒデキという愛称で新御三家として人気になり、先日惜しまれながら亡くなったスーパースターですが、西城秀樹さんのお姉さんや家族について気になる話題があがっています。本記事ではそんな西城秀樹さんのご家族について紹介していきます。

西城秀樹さんの姉に衝撃の事実が!?

今現在、西城秀樹さんのお姉さんに関する噂が話題になっています。噂によると山口組の宅見の愛人であったということなのですが、実際のところはどうなのでしょうか。また西城秀樹さんのご家族とはどのような方たちなのでしょうか。

西城秀樹の家族構成は?

まず西城秀樹さんの家族構成は、両親に姉、兄がいるようです。父親は事業家で、趣味がジャズギターだったようでその影響で西城秀樹さんも幼少期から洋楽に馴染んでいたようで、ジャズスクールに通いドラムを勉強したようです。

母親についてはあまり情報が公開されておらず、お姉さんについては様々な情報がでてきています。また、西城秀樹さんと今の奥様はお姉さんの紹介で出会ったと言われています。お姉さんがいなければ西城秀樹さんに新しい家族はできなかったと言っても過言ではありません。

西城秀樹の姉は山口組宅見の愛人だったのか!?

西城秀樹さんのお姉さんは絵理子さんと言うのですが、絵里子さんは山口組の若頭である宅見勝さんの愛人だったのではないかと噂されています。一体それは本当なのでしょうか。また、山口組の若頭とどんなとこで出会うのでしょうか。

西城秀樹の姉と愛人である山口組宅見の馴れ初めは?

西城秀樹さんの姉と山口組の宅見さんとの出会いは、大阪市のクラブだそうです。クラブであれば確かに出会うチャンスはあるかもしれません。その後二人はどうなったのでしょうか。愛人関係にあったのですが、子供とかはどうなのでしょうか。

西城秀樹の姉と愛人である山口組宅見の間に子供がいる!?

実は西城秀樹さんの姉と宅見さんの間には子供がいます。1979年に2人の間には男の子が産まれており、また、お姉さんには4歳になる女の子がいたようです。そして1982年には宅見さんは自分の父方の伯母と養子縁組をさせ、絵里子さんに宅見という苗字を名乗らせています。

宅見という姓を名乗らせていることからもわかるように、絵里子さんはきっと宅見さんに大切にされていたのではないかと考えられます。それだけ二人が想っていたなら愛人であっても、なくても幸せに過ごせていたのではないでしょうか。

実はあの事件とも関係がある?

皆さんは押尾学さんの事件のことを覚えているでしょうか。押尾学さんが保釈された際の保釈金がどこから出ているのかということが最近話題になっています。その保釈金を出したのが押尾学さんのバンドのドラマーだというのです。これだけではどうゆうことかわかりません。

なんと、そのドラマーの母親というのが西城秀樹さんの姉である、絵里子さんだというのです。そして父親が宅見勝さんなのです。まさかこんなところで押尾学さんの事件に関係があるとは驚きの事実でした。

山口組の宅見勝とはどういった人物?

西城秀樹さんの姉の愛人であった宅見勝さんとは一体どのような人物なのでしょうか。宅見さんは兵庫県の出身で、山口組の若頭で宅見組の組長でもあります。山口組は兵庫県神戸に本部を置き広島と沖縄以外の45都道府県に系列組織を置く巨大組織です。

その中の幹部で若頭ということは組織のトップ2であった宅見勝さんですが、やはり命を狙われる存在であったことも確かで「宅見若頭射殺事件」で射殺されています。この事件は1997年8月に神戸で起きた暴力団抗争のひとつです。

西城秀樹の姉は今なにをやっている?

西城秀樹さんのお姉さんは現在なにをしているのでしょか。現在は山口組となにか関りがあるのでしょうか。山口組との関わりに関して明確な情報はありませんが、噂では大阪でステーキハウスを経営しているのではないかと言われています。

西城秀樹の妹分とは

1979年に西城秀樹さんの所属事務所である「芸映プロ」が主催する「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」というものが行われ、このオーディションで優勝した人が「西城秀樹の妹」として歌手デビューをするというものがありました。そしてこのオーディションから西城秀樹さんの妹分が二人誕生しています。

西城秀樹の妹分河合奈保子とは

西城秀樹さんの妹分である河合奈保子さんとは一体どのような方なのでしょうか。河合奈保子さんは「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」で審査を勝ち抜き見事決勝大会で優勝をし、「西城秀樹の妹」としてデビューを果たしました。

河合奈保子さんは、アイドルとしてデビューをし芸能活動を行っていましたが、アイドルだけでなく声優や作曲なども手掛けており、芸能全般に関する才能に長けていたようです。1996年に担当されていたヘアメイクアーティストの金原宜保さんと結婚をし、出産をしてから芸能活動はほとんどされていません。

河合奈保子の現在は?

河合奈保子さんの娘は、「kaho」という名前で14歳の時にドラマ「ミス・パイロット」の主題歌を歌っており、作詞作曲全てを自分一人でやったということです。作詞作曲に関してもそうですが、その若さにも驚きです。

もう一人の妹分とは?

西城秀樹さんには妹分が二人いたと先ほど述べたように、もう一人の妹分の方がいます。その方が現在タレントや司会で活躍されている薬丸裕英さんの奥さんである薬丸秀美さんです。当時は石丸秀美さんという名前です。

1981年の「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」で選ばれ、小泉今日子さんや中森明菜さんらと同世代で活躍されていました。1989年に薬丸裕英さんと結婚をし現在でいう授かり婚で、妊娠・出産を機に芸能活動を休止しています。

薬丸秀美の現在は?

1989年に薬丸裕英さんと結婚し、お子さんを授かったようなのですが、実は今現在お子さんは5人いらっしゃるようです。そして、そのおこさんは長男がSHOこと薬丸翔さんで俳優をやっており、次男はサッカー選手、3人目の息子さんは海外留学をしているようです。

西城秀樹の妹分コンテストの選出基準は?

ところで気になるのが西城秀樹の妹分コンテストの選出基準ですが、石川さんの時はなんと応募総数が55460名もいたそうで、河合さんの時もそれくらいいたのではないかと予想されます。なんと言っても人気絶頂の西城秀樹の妹分になれるのですから、なりたい女性の方は多かったと考えられます。

オーディションはまず地方で予選を行い、最終選考に進み最後の一人が決まるということでしたが、このオーディションではイレギュラーなことも起こり、しかもそのことで人生が変わる人がでてくるという展開でした。

妹分お二人の意外なエピソード

河合奈保子さんは、大阪の予選で最終審査に実は残らなかったそうなのです。定数が1名のところ特別にもう1人の枠として選ばれ、さらにはその後の決勝で優勝を勝ち取ったというのです。そしてそんな意外な結末は河合さんだけではありませんでした。

石川秀美さんに関しても、選考の時に他の審査員は森下恵理さんを推したが、西城秀樹さんが石川秀美さんを強く推したため、石川秀美さんに決定したというのです。やはり西城秀樹の妹分ということなので西城秀樹さんの意向に沿ってというのも意外ではありますが、筋が通っているような気がします。

西城秀樹の仰天な姉と本当の家族のような妹分

西城秀樹さんのお姉さんについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。一般人でありながら、様々な情報がありなかなか驚きが隠せませんでした。そして本当の家族のような妹分のお二人のことも紹介させていただきました。先日の西城秀樹さんの訃報の際にもお悔やみの言葉を涙ながらに語っていました。