面白い!?野沢雅子のものまねが激似の芸人アイデンティティ!!

野沢雅子と言えばドラゴンボールの声優と誰が聞いても知っている方ですね。そんな声優野沢雅子のものまねが激似と話題の芸人がいます。それがアイデンティティです。今回は、野沢雅子の情報と一緒にアイデンティティが、どれだけ似ているのかを紹介していきます。

野沢雅子のものまねが激似と話題のアイデンティティ!

アイデンティティって誰って思う方もいるかもしれませんが、最近、野沢雅子のものまねでテレビ出演が多くなってきている芸人です。このアイデンティティが野沢雅子のものまねが激似と話題になっています。

まずは野沢雅子ご本人のプロフィール

  • 本名 塚田雅子(つかだ まさこ)
  • 旧姓 野沢雅子(のざわ まさこ)
  • 生年月日 1936年10月25日
  • 出身地 東京都(8歳から18歳までは群馬県)
  • 血液型 O型
  • 身長 157センチ
  • 職業 声優、ナレーター、女優
  • 所属事務所 青二プロダクション

野沢雅子のものまねが激似のアイデンティティのプロフィール

田島直也

  • 名前 田島直弥(たじま なおや)写真左
  • 生年月日 1984年5月11日
  • 出身地 神奈川県
  • 血液型 O型
  • 身長 177センチ
  • 特技 サッカー、絵画
  • 職業 お笑芸人(ボケ担当)
  • 所属事務所 太田プロダクション

見浦彰彦

  • 名前 三浦彰彦(みうら あきひこ)写真右
  • 生年月日 1984年9月20日
  • 血液型 O型
  • 身長 163センチ
  • 出身地 広島県
  • 特技 空手(初段)、ボイスパーカッション
  • 職業 お笑芸人(ツッコミ担当)
  • 所属事務所 太田プロダクション

野沢雅子のものまねが激似!!

野沢雅子のものまねが激似と話題のアイデンティティですが、どれだけ似ているかと思って動画を見てみました。動画を見た感想としてはクオリティが高いと感じました。野沢雅子のものまねで売っているだけあってスゴイです。話題に上がるのも分かりますね。

野沢雅子に許可は得ているの?

野沢雅子のものまねをしているアイデンティティはご本人の野沢雅子に許可を得ているのでしょうか。調べた結果「無許可だから、やらなくなったら察してくれよな!」っと言っていたようです。悪意のあるものまねをしているように思えないので、大丈夫だと思います。

アイデンティティがブレイクしたきっかけ!

アイデンティティは12年間くらい、正統派の漫才をやっていたみたいです。鳴かず飛ばずの状態の中、たまたま居酒屋で野沢雅子を見かけて相方の三浦が田島に話をしてら「声マネやるから、ネタに入れようか」と言ったのが、このネタの始まりです。

初めは声だけマネをしていたみたいで、格好は普通だったとの事です。それでも、お客様の反応は良かったみたいですが、見た目もマネしだしたら、それまで声のかからなかった所から声をかけてもらえたり、オーディションに受かるようになったみたいです。

野沢雅子のものまね以外も激似!?

野沢雅子のモノマネ以外もできるようです。調べた所、同じドラゴンボールのトランクス(幼少期)のものまねが似ていると言われていました。YouTubeで見た所、本当に似ていました。色々出来るなんてスゴイと思います。

動画内でトランクス(幼少期)の声マネを録音して、その声に悟天の声マネを被せてゴテンクスのマネをしていました。一人で二役できると、こんな事も出来るのかと感心しますね。ぜひ、一度見てもらいたいです。

結果アイデンティティは面白いの?

ここまで、ものまねの凄さを伝えてきましたが、実際にネタは面白いのかと思った時に、ドラゴンボールを知っている人も知らない人も楽しく見ることができるネタだと思います。子供から大人まで分かるネタですね。

野沢雅子の過去の出演作品

野沢雅子の出演作品はドラゴンボールが一番有名ですね。他の出演作品は、ゲゲゲの鬼太郎(鬼太郎)、いなかっぺ大将(風大左衛門)、ど根性カエル(ひろし)、ガンバの冒険(ガンバ)、怪物くん(怪物太郎)、ONE PIECE(Dr.クレハ)などなど!

最近ではゲゲゲの鬼太郎の目玉のおやじをやっています。鬼太郎の役もやっていた為、野沢雅子は「親子をできるなんて最高に幸せ。背伸びせず気張らず私なりの父親を演じていこうと思っています」と言っていたそうです。

野沢雅子のお気に入りのキャラクターとシーンは!

野沢雅子がドラゴンボールでお気に入りのシーンはアニメの一作目で悟空がスノの家でトイレに行った時にレッドリボン軍に銃で撃たれ「いててて」と出てくるシーンが好きとの事です。悟空の好きな時期はしっぽがある時だそうです。悟空のしっぽがなくなって転ぶシーンが可愛いからと言っています。

嫌いなキャラクターはピッコロ大魔王、セルだそうです。本当に腹を立てた事もあるらしくベジータが悟飯(幼少期)を痛めつけたシーンで「子供になんてひどい事をするんだ」と思ったみたいです。

野沢雅子のギャラは?

全盛期の野沢雅子は、年収4000万円はあったのではないかと噂されています。ギャラは毎回交渉で決めるみたいです。やりたい役なら「タダ」でもいいと言っています。野沢雅子がそれをやってしまうと他の人が困るのでやらないそうです。

声優のギャラは?

駆け出しでも30分のアニメで1万5000円だそうです。再放送等の料金を入れて1万5000円×1.8で通常2万7000円はもらえるみたいです。新人でも稼げるみたいです。ただ声優が多いので仕事量が安定しにくく、新人の頃は声優だけの収入では生活するのが厳しいみたいです。

野沢雅子の声優エピソード!

野沢雅子の家がもらい火で火事になってしまっても、仕事に穴を空ける訳にはいかないと隣の家から服を借りて仕事に出た事があるそうです。現場のスタッフ、共演者はこの事を知らなかったようです。体調が悪くても、弱音を吐く事なく仕事を続けていたと言います。

あらいぐまラスカル

ラスカルの声を演じた野沢雅子ですが、この役をやりたかった為、自らオーデションに参加したみたいです。この役が決まってから、アライグマを理解するために10日間くらい動物園に通ったそうです。動物園では鳴き声を聞く事が出来なかったみたいですが、偶然テレビでアライグマの鳴き声を聞き、それを参考にしたみたいです。

野沢雅子新人時代

野沢雅子が新人だった時は、今ほど機材がそろっていなくNGを出すと最初から取り直しだったそうです。そのため、NGを出すのが怖かったと言っています。また、簡単にNGをだす若手声優に対して「緊張感が足りない」と言っています。

野沢雅子が苦労した事!役が抜けない!!

矢部が「特に、風大左衛門の役が抜けなかったそうですね」と聞くと、野沢は「やってるときはね。電車で切符を買うときも『高田馬場だす』って言ったり。子どもが小学生だったときにPTAに出たことがあるんですけど、違う世界だからすごい緊張しちゃって。お母さん方と話しているときに、つい『そうだす』って言っちゃったんです」と話し出演者たちを笑わす。加えて「途中まではうまくいってたんですけど、そう言っちゃったもんだから、私の中で頭がぐるぐる回って、『そうだ。少しずつ混ぜて地方出身だと思わせよう』って思って。もうね。いろいろ考えるの」と重ねてのエピソードに笑いが絶えなかった。

(引用:excite.ニュース)

最後に

ここまで読んで頂き有難うございました。長々と書き読みにく所も多々あったと思います。少しずつ改善しながら、分かりやすく読みやすくしていきます。今後、新しい情報が入りしだい、記事を更新、新しく書いていこうと思いますの。今後とも宜しくお願いします。