雅/MIYAVIがブリーチ実写版で朽木白哉に!そのクオリティに絶賛の声! 歌手・アーティスト

雅/MIYAVIがブリーチ実写版で朽木白哉に!そのクオリティに絶賛の声!

2018年7月20日に全国ロードショー公開されました映画「BLEACH」。同名の人気漫画を佐藤信介監督が実写化した作品です。主人公以上にビジュアルのクオリティが半端ない!と話題になっている朽木白哉を演じるMIYAVIさんとは、一体どんなひとでしょうか!?

ブリーチ実写版、朽木白哉を演じる雅/MIYAVIって何者!?

MIYAVI-さんのプロフィール

  • 本名:石原貴雅(いしはらたかまさ)
  • 生年月日:1981年9月14日
  • 出身地:大阪府大阪市此花区
  • 身長:185cm
  • 血液型:AB型
  • 職業:ギタリスト、歌手、コンポーザー、実業家、俳優
  • ジャンル:ミクスチャーロック、オルタナティヴロック
  • デビュー:2002年
  • 所属事務所:J-glam Inc.

アーティストMIYAVIさんの活動の場は日本国内だけでありません。世界規模で、過去に北米、南米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど約30か国、実に300公演以上のライブを行い、6度のワールドツアーを成功させているのです。その風貌や実績などから「サムライギタリスト」の異名で呼ばれています。

MIYAVIさんは実業家でもある?

2002年に「雅-miyavi-」名義でソロ活動を開始したMIYAVIさんは、2004年にシングル「ロックの逆襲‐スーパースターの条件‐/21世紀型行進曲」でユニバーサルミュージックからメジャーデビューを果たします。

既に解散してしまいましたが、SMAPのシングル「Top Of The World」の作曲も手掛けました。2016年には第65回NHK紅白歌合戦に初出場を果たしています。2009年に独立して個人事務所を設立し、その代表取締役を務めています。

MIYAVIが朽木白哉演じるブリーチ実写版とは?

「BLEACH」は久保帯人さんが原作で、「週刊少年ジャンプ」にて2001年から連載を開始した漫画です。全74巻でシリーズ累計発行部数は9,000万部を記録する人気漫画なのです。霊が見える高校生、黒崎一護(くろさきいちご)が、ある日突然に現れた死神、朽木(くちき)ルキアから死神の力を与えられます。

そして黒崎一護が家族や仲間たちのため、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦う物語です。同作の初の実写版、映画「BLEACH」では主人公・黒崎一護を福士蒼汰、朽木ルキアを杉咲花が演じます。メガホンをとるのは「GANTZ」や「アイアムアヒーロー」の佐藤信介監督です。

ブリーチ実写版で雅-MIYAVI-が演じる朽木白哉とは?

映画の中で、アーティストMIYAVIさんが演じる朽木白哉が、他のキャラクターに比べてブッチギリで雰囲気も容姿もハマっているとの評判です。白哉は「朽木家」の現当主及び6番隊隊長です。朽木ルキアの義理の兄であり、誇り高く、常に冷戦沈着で、感情を表に出すことはあまりありません。しかし、朽木ルキアの身を常に案じています。

肩まで伸びた長い髪でやや中性的なルックスをしており、見事にMIYAVIさんの朽木白哉のヴィジュアルは原作のキャラクターのイメージを再現しています。ストーリーの中で、ルキアを取り返すために恋次とともに、一護と戦うシーンが注目を集めているようです。

ブリーチ実写版で雅/MIYAVI以外のヴィジュアルは?

主人公、黒崎一護を演じるのは数々のヒット作に主演し「無限の住人」では見事な身のこなしで激しい殺陣をこなし、新境地を開拓した福士蒼汰さんです。朽木ルキアを数々の映画賞を獲りまくっている女優杉咲花さんが演じます。

「銀魂」で沖田総悟役を演じて注目を集め、今年は「リバーズ・エッジ」「ママレード・ボーイ」など色々な作品に連続で出演し、漫画実写映画に欠かせない感がある吉沢亮さん。彼が今回「BLEACH」で演じるのは石田雨竜(いしだうりゅう)です。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

石田雨竜は、黒崎一護のクラスメイトであり、成績優秀な生徒なのですが、実は死神を嫌ってるという設定です。黒崎一護を含む死神に対抗する 「滅却師」(クインシー)という種族の生き残りなのです。

ブリーチ実写版で朽木白哉を演じるMIYAVIの少年時代は?

MIYAVIさんは1981年、大阪府大阪市にて、韓国籍から帰化した父親と日本人の母親の間に生まれました。小学校2年の時にサッカーを始め、プロサッカーチームのJリーグ・セレッソ大阪のユースチームに所属します。

大阪府の代表選手にも選ばれたこともあり、プロサッカー選手になることを夢見ていましたが、15歳の時に足を負傷、それをきっかけにチームを離脱しサッカーそのものを断念しました。その後、人生の目標を失ってMIYAVIさんはグレていきます。

ブリーチ実写版で朽木白哉を演じるMIYAVI、音楽への道?

ミュージシャンに憧れたという感じではなく、悪さをするのと同じ感覚で、バンドでもやってみようかなどと考え、音楽と出会いギターを始めます。たった3つのコードでも作曲ができることを知り、そのまま学校に行かずにギターを弾きまくる生活をに入りました。

高校は最終的に自主退学しました。17歳のとき恩人である先輩の死にショックを受け、そのまま上京、ライブハウスでヴィジュアル系のロックバンド・Dué le quartz(デュール クォーツ)のメンバーと出会います。MIYAVIさんはそのまま彼らと一泊し、一晩で作曲を終えたことがきっかけとなって、そのバンドに加入しました。。

メンバー最年少ながらも作詞・作曲・編曲のほぼ全てを手掛けるようになります。その後、ギタリスト、コンポーザーを経て、2002年10月31日に「雅-miyavi-」名義でアルバム「雅楽-gagaku」を発表し、ソロ活動を開始しました。

アーティスト雅/MIYAVIが世界を睨む

MIYAVIさんは2006年に単身ロサンゼルスで3カ月間の留学生活を送ります。その後帰国し、活動を再開し、セッションバンド「KAVKI BOIZ」を新たに結成し、ラップ、タップ、和太鼓やボディペイントなど様々なジャンルのパフォーマーと共演し、またX JAPANのYOSHIKIさんから、新ユニットに誘われ、加入します。

2009年に日系アメリカ人の元歌手Melodyと入籍しましたが、当時すでに彼女の懐妊が分かっていました。7月に長女が誕生、翌年10月に次女も誕生します。2010年に、EMIミュージック・ジャパンに移籍することを発表します。

2011年10月からトータルプロデューサーに大物、亀田誠治さんを迎えて、ジャンルが異なるアーティストたちとのセッションプロジェクト「SAMURAI SESSIONS」を開始します。様々なアーティストとコラボレーションしたアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.1』をリリースします。

アーティスト雅/MIYAVIが世界に羽ばたく

2013年、ジャネット・ジャクソンらを手掛けたディーン・ギラードさんをプロデューサーに迎え、世界進出を見据えたアムバム「MIYAVI」をリリースし、アーティスト表記も「MIYAVI」に統一します。2014年2月、第65回NHK紅白歌合戦に出場したSMAPのメドレーにギター演奏で参加しました。

2016年8月にリリースしたアルバム「Fire Bird」のリードトラック「Fire Bird」は手塚治虫作品「火の鳥」とコラボレーションした楽曲。手塚プロダクションが手掛けたMVが制作されました。その後「Fire Bird」はHONDA「FIT」のCMソングに起用されます。

雅/MIYAVIがすでに2本のハリウッド映画に出演?

実はMIYAVIさん、過去に二度もハリウッド映画出演を果たしていました。ハリウッド大女優アンジェリーナ・ジョリー監督の「不屈の男  アンブロークン」にワタベ伍長役で出演しました。また「キングコング  髑髏島の巨神」にも、第2次世界大戦中の日本人パイロット、グンペイ・イカリ役としてカメオ出演を果たしています。

アンジェリーナさんがMIYAVIさんの大ファンだったことも手伝い、映画出演へと発展したのでしょう。また、アンジェリーナ・ジョリーさんとの交流がきっかけで、アンジェリーナさんが特別大使として務めている国連難民高等弁務官事務所(通称:UNHCR)にも参加し、2017年にはなんと、日本人初となる親善大使に任命されました。

ギタリスト雅/MIYAVIの演奏方法は?

MIYAVIさんは独特の双方でギターを奏でます。とても激しくパーカッシヴなタッチのプレイスタイルを持ち味とし、ピックは使わずに指引きで、所謂スラップ奏法で演奏します。このスタイルはベースのスラップ奏法や三味線の弾き方に影響を受けています。

ヴィジュアル系シンガーとしてデビューし、日本語主体のポップな曲を手がけていたましたが、ロサンゼルス留学を機に次第に洋楽に傾倒し、歌詞も英語が中心になります。2010年からはヴィジュアル系からはちょっと距離を置いて、サポートドラマーBOBOと組み、ギターとドラムスというシンプルなフォーマットでライブ活動を展開しています。

MIYAVIが人生のランウェイを闊歩するのはこれからだ!

2018年1月18日にフランス・パリで開催されたヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)「2018-19年秋冬メンズコレクション」のランウェイに颯爽と登場し、衆目を驚かせました。パリコレデビューの快挙です。

以下MIYAVIさんのコメントです。「ヨージヤマモトという、40年近く世界と闘い続けてきた日本男児のブランドを、パリで纏えたという事、非常に光栄に思います。本番前、ヨージさんに着付けをされている時、その手のひらから何か魂みたいなものを授かったような感覚がしました」今後もモデルとしても活躍しそうですね!

アーティスト、ギタリスト、俳優として国内外のクリエイター達から引っ張りダコで人気絶頂のMIYAVIさん。一見突っ張ってそうに見えますが(もちろん音楽面ではストイックに突っ張ってるでしょうが)とても謙虚な好青年ですね。どうかギターを武器に、音楽で平和の砦を築いてください!